お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

キャッシング付きクレジットカードでお金を借りる!選び方について

クレジットカードを作る時にキャッシング枠0円で申し込む人もいますが、キャッシング枠があると使い勝手良く利用することができます。

キャッシング枠があると、クレジットカードでお金を借りることができるようになりますので、急な出費がある時でも慌てずに対処することができるのです。

急な出費がある時に急いでカードローンに申し込むよりも、普段から使っているクレジットカードでお金を借りることができると安心ですよね。

ここではキャッシング付きのクレジットカードの選び方を紹介していきますよ。

キャッシング付きクレジットカードの選び方!まずは金利をチェック

キャッシング付きクレジットカードを選ぶ時には、キャッシング枠の金利をチェックしましょう。キャッシング枠を利用してお金を借りると、借りた金額に利子をつけて返済していくことになります。

この利子を計算するときに使うのが利率になります。

「借入額×利率÷365日×借入日数」で支払う利子が計算できますので、利率は低ければ低いほど、支払う利子は少なく済みます。

  • 借入額
  • 利率
  • 借入日数

上記の数字を使って利子を計算していきますよ。金利の低いクレジットカードを選ぶと、利子を抑えることができ、返済がラクですね。

クレジットカード 金利
クレジットカードC 上限18.00%
クレジットカードS 12.0~18.0%
クレジットカードE 7.8%~18.0%

クレジットカードのキャッシングの金利にも利息制限法が関係してきますので、上限金利となる年20.0%を超える利率になることはありませんよ。

借入額 上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

上記が利息制限法で決められている上限金利となります。

キャッシング枠は30万円~50万円程度となっていることが多いため、上限金利も年18.0%となっているクレジットカード会社が多いですね。

それでも金利の表示が○%~○%と幅のあるクレジットカード会社を選ぶと、キャッシング枠が増えるごとに利率が低くなる可能性がありますよ。

クレジットカードでお金を借りる!限度額で選ぶ方法

クレジットカードでお金を借りようと思ったら、キャッシング枠の設定が必要となります。必要な金額をすぐに借りるためには、事前にキャッシングが利用できるようにしておく必要がありますよ。

キャッシング枠が設定できると、利用限度額が決まります。

この利用限度額の範囲内で借入を行うことになりますので、限度額が希望額に達していなければお金を借りても不足分を他社から借ことになってしまいます。

そうならないためには、事前に利用限度額をチェックしておくと安心ですよ。

利用限度額をチェック

クレジットカードのキャッシング枠の利用限度額は200万円~300万円となっているところもありますが、30万円~50万円としているところもあります。

そのため、いくらキャッシングをできるようにしておきたいのかを考えておくと良いですね。

例えば、いざという時に備えておきたいなら30万円~50万円の利用限度額がでOKですが、まとまった金額を借りられるようにしておきたいのであれば利用限度額が200万円~300万円のところを選ぶ必要がありますよ。

そして、希望したからと言って希望の利用限度額になるとは限りません。クレジットカードのキャッシング枠は総量規制が適用します。

総量規制とは

総量規制とは年収の1/3を超える借入れはできないとする決まりですね。

つまり、まとまった金額が必要だから利用限度額が200万円~300万円のところに申し込もうと思っても、年収が伴わなければ申し込むことはできません。

例えば利用限度額を200万円にしようと思ったら、年収はその3倍の600万円は必要となりますよ。

すでに他社からお金を借りているという場合は、その借入残高も含めて年収の1/3までが借入額となりますので、他社から借入がある場合はキャッシング枠の利用限度額も低くなってしまいますね。

返済計画がポイント!キャッシングの支払い方法で選ぶ

お金を借りる時には、返済のことまで計画を立ててから借りると、返済がスムーズです。返済計画を立てずにお金を借りていると、借り過ぎに気づかないこともありますので、事前の計画が重要ですよ。

そこで気にしたいのが支払い方法になります。キャッシングの支払方法は「一括払い」と「リボ払い」があります。

  • 一括払い
  • リボ払い

一括払いとは

一括払いでは、支払日に借りたお金と利子の全額を一度に支払う方法になります。

借りる金額にもよりますが、数万円を借入れした場合には一括払いでサクッと返済した方が利子を抑えることができます。返済計画も立てやすく、次の給料で全額返済できるかどうかを考えるだけで済みますね。

ATMからお金を借りる時に返済方法を選べる場合もありますので、一括払いをする予定であれば借入時に「一括払い」を選択すると手間も省けますね。

中には返済方法を選ぶことはできず、キャッシングを利用するとリボ払いで返済となっていることもありますので、その場合は支払方法を変更する必要があります。

会員ページへログイン

キャッシングの設定を確認

支払方法を確認

必要があれば「一括払い」に変更

支払日に全額返済

会員ページへのログイン方法が分からない場合やインターネットを利用するよりも電話の方が気楽な方は電話でも確認できるところが多いですよ。

リボ払いとは

リボ払いでは、利用金額や利用件数に関係なく毎月ほぼ同じ金額を支払う方法になります。

利用者が自分で支払う金額を設定することができますので、無理なく返済することが可能です。

その一方で借入金額に対して返済額が少な過ぎたら、いつまでたっても返済が終わりませんので、利子をたくさん支払うことになってしまいますよ。

例えばリボ払いで5,000円のコースに設定しておくと、金利年18.0%で50,000円借入した場合でも月々の返済額は5,000円+利子の支払いとなります。

返済方法 初回 2回目 3回目
1回払い 50,750円
リボ払い 5,750円 5,675円 5,600円

上記のように1回払いでは利子も千円未満で終わりますが、リボ払いにすると毎月数百円ずつ利子を支払っていきますので、完済するまでには4,000円以上の利子を支払うことになりますよ。

リボ払いは月々の負担は軽くなりますので便利な気もしますが、毎月の返済額が少ないと言うことはそれだけ返済期間が長くなってしまいますので、支払う利子は多くなってしまうのです。

クレジットカードのキャッシング機能の中には、返済方法がリボ払いだけに限定されているものもありますので、一括払いとリボ払いが選択できるカードを選ぶと、都合に合わせて返済も柔軟に行うことができますね。

その他のメリットで選ぶ!キャッシング付きクレジットカードの魅力

お金を借りる方法には消費者金融や銀行カードローンもありますが、クレジットカードでキャッシングを選ぶ魅力にはポイントプログラムや無料特典などがあります。

  • ポイントプログラム
  • 無料特典

クレジットカードのポイントプログラム

クレジットカードにはポイントプログラムと呼ばれるサービスがあるところが多いです。例えばショッピングの利用ごとにポイントが貯まったり、公共料金のカード払いでポイントが貯まったりします。

貯まったポイントはアイテムと交換となっていますので、欲しい商品のポイントを貯めていくのも楽しいですね。

キャッシングの支払い分はポイント対象外となっていることが多いですので、キャッシングを利用したからと言ってポイントは貯まりません。

けれど普段から買い物や引き落としでクレジットカードを利用していると、キャッシングも利用しやすくなりますね。

クレジットカードの無料特典

クレジットカードの無料特典には、「海外旅行保険」や「空港ラウンジ利用サービス」があったり、流通系のクレジットカードでは指定日に割引価格で買い物ができたりします。

例えばよく買い物に行くお店のクレジットカードを作ると、ポイント率がアップしたり、指定日には割引価格で買い物ができたりしますよ。

そうすると、ショッピングで便利に使え、お金が足りない時にはキャッシングを使うことができますのでクレジットカード一枚あると安心ですね。

キャッシング付きクレジットカードでお金を借りる

クレジットカードはたくさんの種類がありますが、その中でもキャッシング機能付きのクレジットカードを選ぶことでショッピング以外にも便利に使うことができるようになります。

キャッシング付きクレジットカードを選ぶ時には、金利・利用限度額・支払方法・その他のメリットなど様々なポイントがあります。

どんなクレジットカードが自分に合っているのか、しっかり考えてから決めましょう。既に利用しているクレジットカードがある場合は、そのカードにキャッシング枠の機能を申し込むだけで済みますね。

キャッシングを利用する時には、借り過ぎないように返済計画を立てて、余裕を持った借入・返済を行いましょう。

閉じる
閉じる