お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

知らないとまずい!即日融資可能な消費者金融の見分け方

「今すぐお金を借りたい!」そんな時に申し込むところと言えば、消費者金融になります。銀行にもカードローン商品がありますが、銀行カードローンでは即日融資には対応していません。

そのため「今すぐお金が必要!」といった状況であれば、選択肢は一つ、消費者金融となりますよ。

ただし、消費者金融であればどこでも即日融資に対応しているという訳でもありません。即日融資可能な消費者金融は限られていますし、即日融資に対応できる時間帯も限られています。

ここでは即日融資のための条件等を見ていきますよ。

来店不要が嬉しい!即日融資可能な消費者金融

大手消費者金融であれば、どの消費者金融を選んでも来店不要での即日融資に対応しています。

Webで申し込み

審査(最短30分)

Webで契約

振込融資

来店不要でお金を借りようと思ったら、パソコン・スマホ・ケータイ等からインターネットで申し込む必要がありますね。

契約もそのままインターネットで行うと、来店する手間も省けます。ただし融資方法が振込みとなりますので銀行の営業時間が関係してきます。

銀行の営業時間は平日15時までとなっていますので、中小消費者金融の場合は平日14時までの手続き完了で即日融資に対応しているところがありますね。

大手消費者金融の場合は、指定する銀行口座がある場合は振込時間の延長があったり、24時間振込に対応していたりするところもありますよ。

消費者金融 振込実施時間
消費者金融A 指定の銀行で初回限定、平日18:00までの受付で当日19:00までに振込
消費者金融P 指定の銀行であれば平日・土日とも24時間受付で最短10秒で振込

来店不要で15時以降に申し込みとなった場合には、指定の銀行口座を持っているかどうかが即日融資のポイントとなりますね。

来店契約で確実に借りる!即日融資可能な消費者金融

振込融資は、申し込む時間帯によって翌営業日の振込となるため不安…という場合は、来店契約でその場で借入またはATMから借入の方が確実にお金を借りることができます。

申し込み(WEB、電話、来店)

審査(最短30分)

契約(来店)

借入(店舗・ATM)

来店契約でお金を借りようと思った場合でも、申込方法はWEB、電話、来店の3つから選ぶことができます。

WEBから申し込みをしておくと、来店後に審査を行う必要がなく審査結果を知ったうえで来店することができるため、スムーズに契約を結ぶことができますよ。

来店後に審査を行い、万一審査に通ることが出来なければ無駄足となってしまいますが、審査に通った後であれば安心して契約・借入れとなります。

対面は苦手…という人には自動契約機がおすすめ

中には「来店してスタッフと面と向かって手続きをする」ということが苦手な人もいますよね。「緊張して来店できない」という人もいることでしょう。

そんな方でも来店契約する方法があります。大手消費者金融で扱っている自動契約機ですね。自動契約機であれば、スタッフと1対1で話すということはありません。

来店契約したいけど誰にも会いたくないという場合は、自動契約機が便利ですね。

来店契約で借入

自動契約機で来店契約した場合は、カードが発行されます。そのためカードを受取った後に、併設のATMから借入が可能となりますよ。

店舗に来店して契約した場合は、その場でカードを受取るパターンとその場で現金を受取るパターンがあります。

来店契約 借入方法
自動契約機 カード発行後ATMで借入
店舗 カード発行後ATMで借入、その場で現金を受け取る

カード発行のない消費者金融であれば、その場で現金を受け取って終了となりますが、カード発行のある消費者金融で窓口で現金を受け取った場合は、後日カードの郵送がありますよ。

いろんなパターンがありますので、借入方法やカードの発行の有無等も調べておくと安心ですね。

知っておきたい!即日融資を受けるための4つのポイント

即日融資を受けるためのポイントと言えば、以下の4つがあります。

  • 来店の必要があるのかチェック
  • 申し込みは平日の午前中が安心
  • 必要書類の準備
  • 在籍確認はできるのか

来店の必要があるのかチェック

即日融資を受けるためには、まずは来店の必要があるのかチェックしましょう。来店不要で即日融資に対応している場合は、即日融資に申し込める時間帯にもチェックが必要となります。

来店が必要となる場合は、営業時間内に来店することができるのか、申し込む側の都合も考える必要がありますね。中小消費者金融でも、全国対応、振込融資対応となっているところがあります。

けれど契約方法が郵送だったり、書類が届き次第振込融資となるところもありますので、借入れまでの流れをしっかりチェックしてから申し込みましょう。

申し込みは平日の午前中が安心

即日融資を受けようと思ったら、平日の午前中に申し込みを済ませておくと安心です。

大手消費者金融では平日14:00までとなっているところが多いですが、申し込みが混雑する時期ではすぐに審査してもらえません。

中小消費者金融では午前中の申し込みとなっているところもありますので、確実に即日融資をしてもらおうと思ったら、早めの申し込みがポイントになりますよ。

必要書類の準備

即日融資を狙うのであれば、書類の提出もスムーズに行わなければなりません。必要書類は「本人確認書類」が必須となり、あとは「収入証明書類」「住民票」などが必要になることがあります。

本人確認書類には「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」等があります。一番用意しやすいのが「運転免許証」となりますが、取得していない場合は「パスポート」や「健康保険証」となりますよ。

収入証明書類には「源泉徴収票」「確定申告書」「給与明細書」等があります。収入証明書は50万円以上の借入れを希望する場合や他社の借入れとあわせて100万円以上の借入になる場合に必要となります。

「住民票」などは中小消費者金融に申し込む場合に、必要となるところがあります。申込先を決めたら、必要書類のチェックも忘れずに行いましょう。

在籍確認はできるのか

消費者金融の審査には在籍確認があります。在籍確認は申込書に記入されている勤務先へ電話を行い、本当に勤務しているのかを確認します。

そのため勤務先が休みで誰も電話に出ない状況であれば、在籍確認は成り立ちません。在籍確認ができなければ審査が進みませんので、審査結果が出るのが勤務先が営業している日となります。

即日融資を狙うなら、勤務先が営業している日に申し込むことも大切ですよ。

安心してお金を借りるために!消費者金融と闇金を見分ける

即日融資ばかりに気を取られていると、「誰でもすぐに借りられる」といった甘い言葉にのってしまいそうになります。そこで最後に正規の消費者金融と闇金の見分け方を紹介しておきます。

消費者金融の特徴

消費者金融の特徴と言えば、登録番号の表示があります。「○○財務局長(△)第××号」といった表示になります。「財務局長」のところは「知事」となっている場合もありますが、いずれも正規の登録番号ですね。

そして、金利は年20.0%以下となっています。審査は必ずありますので、審査なしと言ったことは書いてありませんよ。連絡先は固定の電話番号またはフリーダイヤルとなります。

  • 登録番号の表示
  • 金利は年20.0%以下
  • 審査は必ずある
  • 連絡先は固定の電話番号またはフリーダイヤル

闇金の特徴

闇金の特徴と言えば、甘い言葉で借りやすさをアピールしている点ですね。

「誰でもすぐに借りられる」「無職やブラックの方でもOK」「審査なしで即日融資可能」こんな言葉が広告に記載されている場合は、関わらない方が賢明ですよ。

闇金の場合は、正規の消費者金融をまねして正規の消費者金融の商標や登録番号を丸丸写しているところもあります。

こういった時に本物か偽物かを見分けるためには、金融庁のホームページにある「登録貸金業者情報検索入力ページ」を利用することも大切ですよ。

  • 偽物の登録番号の表示
  • 金利の表示がない
  • 「審査なし」など借りやすさをアピール
  • 連絡先が携帯電話

即日融資可能な正規の消費者金融で借りる

即日融資を利用しようと思ったら、まずは大手消費者金融を選ぶと知名度が高いため闇金の心配もなく申し込むことができます。

来店不要で申し込めることも多いため、仕事中でも休憩時間に申し込むことができます。

審査結果が遅くなってしまって契約手続きは来店となった場合でも、自動契約機を利用すると遅い時間でも手続きが可能になります。

「既に他社から借入れがある」「ブラック情報がある」等の大手消費者金融を避けたい理由がない場合は、利用者も多い大手消費者金融に申し込むと借入れまでがスムーズですよ。

閉じる
閉じる