今すぐお金を借りるための情報サイト

審査が甘い訳ではない!専業主婦向けカードローンについて

主婦がお金を借りようと思ったら、パートやアルバイト等で収入があるかないかによって借入先が違ってきます。

収入のあるパート主婦等であれば、銀行カードローンも消費者金融も申込可能で、借入先の選択肢も広がります。

一方収入のない専業主婦の場合は、消費者金融の申込みには配偶者貸付を利用しなければならなかったり、銀行カードローンも申し込める所と申し込めない所があるため選択肢が限られたりします。

ここでは専業主婦向けのカードローンにスポットを当てて、カードローンの審査や向いているカードローンを紹介していきますよ。

カードローン審査の甘いところはない!申込条件をしっかり見よう

カードローンを利用しようと思ったら、審査が必ずあります。

審査と聞いて、少しでも審査の甘いところに申込みをしようと思っていませんか?実は「カードローン審査が甘い」というところは無いのです。どの金融機関でもカードローン審査はしっかり行われます。

なぜなら審査を適当にすると、金融機関の経営に影響してくるからですね。審査を甘くして貸し倒れリスクを背負うことはしたくないのです。

審査基準は非公開

どの金融機関も審査基準は非公開となっていますので、審査基準を比較することもできません。

そこで審査に通る為にできることとして、申込条件をしっかり見ることがポイントになります。申込条件を見ることで、パート主婦だけに対応している、専業主婦にも対応している等の情報を得る事ができますよ。

  • パート主婦に対応
  • 専業主婦にも対応
  • 年齢制限をチェック

専業主婦であれば、専業主婦の申込みに対応しているところへ申し込む必要があります。

商品概要の利用条件をしっかり読みましょう。

【関連記事】

パート主婦のキャッシング!注意点と安心して借りるポイントとは

専業主婦の申し込み可の見分け方

申込条件を見るのが面倒だと言う人は、申込画面の職種や雇用形態に「専業主婦」の欄があるかどうかで見分けることができます。

また勤務先欄に入力の必要がある、配偶者の勤務先の入力をする等からでも、専業主婦に対応しているか見分けることができますね。

申込書 専業主婦の申込
職種、雇用形態に「専業主婦」の選択肢
勤務先の入力が必要 不可
勤務先欄に配偶者の勤務先の入力が可能

専業主婦のカードローン申し込み!審査で気をつけたいこと

申込条件を満たしていることが分かると、次に気になるのが審査ですね。専業主婦がカードローンに申し込む時に気をつけたいことを見ていきましょう。

  • 申告内容は正確に
  • 借入希望額は低く申告
  • 他社借入件数を減らす
  • 申し込みしすぎない

申告内容は正確に

カードローンでは、申込者を信用してお金を貸します。

そのため申告内容に嘘や間違った情報があると、申込者を信用できないため審査に通ることができません。

他社に借入れがあるのに0件で申告したり、専業主婦で働いていないのに働いていた頃の勤務先を記入したりすることは、審査落ちの原因となりますよ。

借入希望額は低く申告

借入希望額は低く申告しましょう。専業主婦であれば返済に使えるお金も限られているため、高額で申し込みをしていると金融機関側は本当に返済できるのか不安になってしまいます。

専業主婦に対応している銀行カードローンでは、専業主婦の申込みは50万円を上限としています。50万円以下の必要最低限の金額で申し込みましょう。

他社借入件数を減らす

既に他社から借入れしている場合は、他社の借入件数をなるべく減らしましょう。

他社の借入件数は0件が理想ですが、そうはいかない場合は借り換えやおまとめローン等で一社でも件数を減らしてから申し込むと印象が変わってきますよ。

申し込みしすぎない

カードローンに申し込みをすると、信用情報機関に申込情報が残ります。

申込情報は申込日から6ヶ月を超えない期間記載されていますので、この間に複数申し込みをしていると「かなりお金に困っている」といったマイナス判断をされてしまいますよ。

複数社に申し込まないためにも、申込条件をじっくり読んで、利用対象をしっかり確認してから申し込みましょう。

審査が不安…審査の甘いカードローンを探す理由

審査の甘いカードローンを探す理由と言えば、カードローン審査が不安だからですね。できればストレートで審査に通りたいし、審査に落ちるなんて避けたいものです。

  • 専業主婦でも借りられるのか不安
  • 収入が無くても審査に通るのか心配

専業主婦で収入が無いと、審査に通るのか不安になるのも分かりますね。けれど、ここで嘘の情報を申告してはいけません。

専業主婦に対応している銀行カードローンへ申し込みをすると、専業主婦であることはマイナスにはなりませんし、収入が無いことも審査に影響しません。

ただし配偶者に安定した収入があることが必須ですので、配偶者がアルバイトやパートの場合は申し込めないところが多いですよ。

配偶者の同意が必要な場合もある

消費者金融のカードローンや一部の銀行カードローンでは、配偶者の同意が必要な場合もあります。

勤務先欄に配偶者の勤務先を入力する必要がある場合は、配偶者の同意を得てから入力した方が安心です。銀行カードローンの中には、配偶者の勤務先へ在籍確認の電話をするところもありますよ。

いきなり配偶者の勤務先へ連絡があると、配偶者がビックリしますよね。そのため、夫婦円満のためにも同意を得てから配偶者の勤務先を入力しましょう。

専業主婦の申し込み可のところで、勤務先欄の入力が不要なところでは、本人確認の連絡だけの場合が多いため、配偶者に内緒で申し込める可能性が高いですよ。

専業主婦の申し込み 勤務先の入力 配偶者の同意
必要(配偶者の勤務先) 必要
不要 必要
不要 不要

専業主婦の申込みに対応している場合でも、勤務先の入力の有無によって配偶者の同意が必要になったり、勤務先の入力が不要の場合でも配偶者の同意が必要となる場合がありますよ。

知っておくと安心!専業主婦向きのカードローン

カードローンには消費者金融、銀行カードローンがありますが、専業主婦向きのカードローンと言えば、専業主婦対応の銀行カードローンになります。

なぜ専業主婦向きのカードローンが銀行カードローンなのか、理由を見ていきましょう。

消費者金融は専業主婦に向かない?

カードローンと言えば、消費者金融がありますね。消費者金融であればスピード融資が可能ですので、急いでいる時に便利です。

けれど、消費者金融では年収の1/3を超える借入れは出来ないと決められているため、年収のない専業主婦は利用対象外となります。

ただし例外もあり、配偶者の同意を得る事ができれば、配偶者の年収の1/3まで借入可能となるところもあります。

これを配偶者貸付と言いますが、この例外を利用する場合は、配偶者貸付に対応している消費者金融を探す必要があるため手間がかかってしまうのです。

専業主婦に対応していない銀行カードローン

銀行カードローンの中には、専業主婦の申し込みに対応していないところもあります。

繰り返しになりますが、申込条件や利用対象者の条件を熟読し、専業主婦に対応している銀行カードローンに申し込みましょう。

ネット銀行に多い!?専業主婦向きのカードローン

都市銀行の場合は、雇用形態に専業主婦の選択肢は無く、専業主婦の申込みに対応していないことが分かります。

地方銀行の場合は、世帯年収があれば専業主婦も申込可能としているところと、専業主婦の申込みに対応していないところに分かれますので、チェックが必要ですね。

ネット銀行の場合は、地方銀行と同じく専業主婦の申込みに対応しているところと、対応していないところがあります。

そのため、専業主婦でカードローンに申込もうと思ったら、地方銀行やネット銀行が狙い目となりますよ。

専業主婦対応の銀行カードローンへ申し込み

審査

本人確認電話(配偶者の勤務先へ在籍確認)

審査結果の連絡

借入

専業主婦の申し込みでも、審査はバッチリあります。本人確認の電話もしくは配偶者の勤務先へ在籍確認の電話がある場合もありますので、審査の甘いところはありません。

審査に通るのか不安が残る…という場合は、「お借入れ診断」を利用したり、相談窓口で専業主婦の申込みに対応しているのか質問したりすると、安心して申し込むことができますよ。

閉じる
閉じる