今すぐお金を借りるための情報サイト

学生ローンでも即日融資可能!学生ローンの特徴を紹介

学生でもアルバイト等で安定した収入があれば、お金を借りることができます。特に学生の特権である学生ローンを利用すると、低金利で安心してお金を借りることができますよ。

20歳以上の学生であれば親にも内緒でお金を借りることができますので、親に心配かけるかもしれない…と悩むこともありません。

また即日融資にも対応していますので、急な出費にも安心ですよ。ここでは学生ローンの低金利、周りに内緒で借りられる、即日融資に対応といった特徴について紹介していきます。

学生が借りやすい!学生ローンの3つの特徴

学生ローンと言えば、学生を対象としているローンとなります。

高卒以上の大学生・短期大学生・予備校生・専門学校生等の学生が利用対象となりますよ。

  • 高卒以上の大学生・短期大学生・予備校生・専門学校生等の学生
  • アルバイト等で安定した収入のある方

年齢制限は20歳以上としているところがほとんどですが、中には18歳以上としている所もありますので、18歳以上の学生であれば借りられるところはあるのです。

ただし未成年の場合は単独で借入できるのか、親権者の同意が必要なのか確認しておきましょう。

【関連記事】

未成年がお金を借りる方法。クリアしておきたい必須条件

学生ローンの3つの特徴

繰り返しになりますが学生ローンの3つの特徴と言えば、以下になります。

  • 低金利
  • 周りに内緒で借入OK
  • 即日融資可能

融資額は最大で50万円という少額融資になっているところが多いですが、最大50万円借りるには年収が150万円以上必要になります。

学生のアルバイト収入で年収150万円となると、平均して月に125,000円以上を稼ぐことになります。学生が学業の合間を縫ってアルバイトで稼ぐには厳しい金額となりますね。

そのため学生ローンの最大融資額50万円は、学生が借り入れするには十分な金額だと言えます。

金利は年14.4%~17.0%!学生ローンなら低金利で借入可能

学生ローンの金利は低金利となっています。

学生ローン 金利
学生ローンE 年14.5%~16.5%
学生ローンA 年14.4%~16.8%
学生ローンC 年17.0%
学生ローンM 年15.0%~17.0%

大手消費者金融の最大金利は年18.0%となっているところが多いですね。それに比べて学生ローンでは、最大金利は年17.0%となっています。

そのため学生ローンを利用すると、低金利でお金を借りることができるのです。

借入れ目的が学費の場合や提出書類に学生証と身分証明書の両方を提示することができると、よりよい条件で融資を受けることができるところもありますので、しっかり内容を見てから申し込みましょう。

周りに内緒で利用できる?親や勤務先にバレたくない

学生ローンも他の消費者金融と同じように親や勤務先に内緒で利用することができます。

家族に知られたくない…

学生ローンも家族に申込みや借入を伝えることはありません。家族に内緒で借入したいという方がほとんどなので、その辺の事情も考慮してもらえ、安心して利用することができますよ。

家族と同居している場合は、契約書類等を郵送する時には社名を伏せて送ることもできますので、郵送物でバレる心配もありません。

勤務先にバレたくない…

学生ローンの場合は、勤務先の在籍確認も行わないところが多いです。そのため、在籍確認で勤務先に借入れがバレるという可能性はほぼありません。

学生ローンでは借入額が少額のため、返済リスクが低いことが在籍確認なしへと繋がっていますよ。

もちろん審査のうえで連絡が必要だと感じた場合は、学生ローンでも在籍確認を行います。けれど、その時には事前に申込者本人の了承を得てから行ったり、電話以外で在籍確認を行ったりしています。

周りに内緒で利用可能

学生ローンは親や勤務先に連絡をすることがありませんので、周りに内緒で利用することができます。

電話連絡は本人のみ、郵送物には社名を伏せる、保証人は不要となっていますので、申込む本人の信用だけでお金を借りることができるのです。

学生証を提出しますが、学校に連絡がいくこともありませんので、安心して利用できますよ。

学生ローンでも即日融資OK!最短30分で振込キャッシング

学生ローンでも大手消費者金融と同じように即日融資が可能となっています。

融資までの流れは以下になりますよ。

申し込み

申込確認連絡

身分証の提出

審査

融資

契約書類の返送

上記は一例となっており、身分証の提出のタイミングは各社で異なりますが、審査後に振込で融資が可能になっているため、即日融資となることができるのです。

用意する身分証は?

用意する身分証は以下が該当します。

  • 学生証
  • 運転免許証
  • 健康保険証等

学生証+運転免許証or健康保険証となっているところが多いため、学生証と身分証になる書類を用意しましょう。

その他にもキャッシュカードや公共料金の領収書・請求書が必要な所もありますので、借入先の必要書類に目を通して必要書類を用意しましょう。

即日融資は何時まで?

振込融資の場合は、申し込みの手続きを早く終わらせなければ銀行の営業時間が終わってしまいますね。

ある学生ローンでは14:20までに申し込みの手続きが終了すれば当日の送金が可能となっています。14:30を過ぎると翌営業日の振込となりますので、振込による融資の場合は早めの申し込みがポイントですね。

窓口で借りる場合は、学生ローンの店舗の営業時間が重要になりますよ。

融資方法 即日融資可能な時間
振込 14:20までに手続完了
来店 店舗の営業時間内

振込で即日融資を受ける場合の時間は、各学生ローンによって異なりますので、事前に確認してから申し込みましょう。早いところでは即日融資の締め切り時間は午前中の申し込みとなっているところもありますよ。

店舗で融資を受ける場合は、平日なら10:00~18:00となっているところが多いです。日曜・祝日は定休日となっているところが多く、土曜の営業時間は10:00~14:00/15:00/17:30とバラつきがありますよ。

店舗 営業時間
平日 10:00~18:00
土曜日 10:00~14:00/15:00/17:30
日祝日 定休日

来店で即日融資を選ぶと、銀行営業時間後でも即日融資となる可能性がありますので、確実に急いでお金を借りたい時には来店が便利ですね。

学生ローンでは使いみちが重要

学生ローンと言えば、学費や旅行代等でお金が必要な時にお金を借りることができます。

  • 学費
  • 旅行代
  • 運転免許取得費用
  • 就職活動費
  • 生活費

上記の内容でお金を借りるのであれば、問題なく利用することができますよ。学生ローンも基本的には使いみち自由となっていますので、どんな使いみちでもOKなのですが、以下の借入理由であれば審査に影響します。

  • ギャンブル費
  • 投資目的の費用
  • 留学費用

上記のように返済できるのか不安になるような使いみちでは、審査に時間がかかったり、慎重な審査となってしまったりしますので、即日融資にも不向きとなりますよ。

留学費用は一見、正当な借入理由にも見えますが、そのまま帰国しなかったり、アルバイトを辞めて留学し収入がなくなったりする可能性があることから、借入理由としては不向きとなるのです。

学生ローンは他の消費者金融の商品と同様に、即日融資可能なローンとなっていますので、特徴や内容を把握して収入に見合った金額で申込みしましょう。

閉じる
閉じる