お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

お金を借りる前に知っておきたい!学生ローンの金利について

学生がお金を借りようと思ったら、親や友人といった選択肢もありますが、借りた後の事を考えると消費者金融が安心です。

消費者金融の中でも学生を対象とした借入先に学生ローンがあります。学生ローンであれば、学生に対する融資に積極的ですので学生が申し込みやすくなっていますよ。

親からお金を借りると小言が増えたり、叱られたり嫌な思いをすることもありますが、学生ローンであれば対等な立場でお金を借りることができますので嫌な思いをすることがありませんね。

ここでは学生ローンの特徴や利用限度額、借りる時の注意点を見ていきますよ。

学生なら利用できる?学生ローンを利用できる条件とは

学生ローンと聞くと学生なら誰でも利用できるのかと思いますが、利用条件は以下のようになっています。

  • 20歳以上の安定した収入のある方
  • 返済能力のある方

学生ローンであっても20歳以上であることが条件となっていますので、未成年の学生がお金を借りようと思ったら未成年に対応している学生ローンを探す必要があります。

数は少ないですが、未成年の学生に対応している学生ローンもありますので、諦めずに探してみましょう。

そして返済能力があることが条件となっていますので、信用情報機関等に滞納・延滞といったブラック情報があると審査に通ることが難しくなりますよ。

携帯電話料金等の引き落しができていない場合もブラック情報となりますので気をつけましょう。

社会人も利用できる

意外にも学生ローンは社会人でも利用できるのです。

学生ローンと聞くと利用できるのは学生だけだと思う方も多いですが、実際には社会人でも申込可能となっています。

  • 大学生
  • 短大生
  • 専門学校生
  • 大学院生
  • 社会人

学生ローンの中には、利用できるのは「20歳以上40歳以下の安定した収入のある学生・社会人の方が融資の対象」と明記しているところもありますので、利用条件はしっかり読みましょう。

学生ローンでは申込時に学生証のコピーが必要となるところもありますが、社会人の場合は本人確認書類のみとなりますね。

  • 学生証
  • 本人確認書類
  • キャッシュカード(振込融資希望の場合)

金利が低くて借りやすい!学生ローンの特徴

学生ローンは安定した収入がある学生が利用対象なこと、社会人でも利用可能なことが分かりましたね。次に学生ローンの特徴を見ていきましょう。

  • 金利が低い
  • 借入や返済は店頭/銀行振込
  • 親や学校に内緒で借入可能

金利が低い

学生ローンは大手消費者金融や中小消費者金融と比べると、金利が低めに設定されています。

消費者金融 金利
大手消費者金融 年3.0%~18.0%
中小消費者金融 年4.8%~20.0%
学生ローン 年14.4%~16.8%

上記の表をパッと見ると、大手消費者金融の年3.0%が一番金利が低いから、大手消費者金融の金利が低く見えます。

けれど実際には金利は借入額に応じて決められます。

初めての借入れであれば100万円未満となることがほとんどで、学生ローンであれば10万円未満の借入れとなることもありますので、そういった時には表示されている金利の最大金利が適用となります。

つまり、大手消費者金融であれば年18.0%、中小消費者金融であれば年20.0%、学生ローンであれば年16.8%が適用となりますので、学生ローンが低金利となるのです。

借入や返済は店頭/銀行振込

学生ローンでは、借入や返済は店頭で行うか銀行振込となります。中にはATMから借入れできる所もありますが、多くはありませんので店頭か銀行振込だと思っておくと間違いありませんよ。

通える範囲に店舗があれば店頭で借入、店舗が無い場合は銀行振込となります。急いで借りたい時にも振り込みが便利ですね。

返済は銀行振込が多いですので、返済日に気をつけて学生ローンの指定する銀行口座へ振り込みましょう。

親や学校に内緒で借入可能

学生ローンを利用する時に不安になるのが、親の同意ですね。しかし、学生ローンでは20歳以上を対象としていることが多いため、親の同意は不要となっています。

20歳未満で借入を希望する場合は、未成年者は単独で契約を行うことができないため親の同意が必要となりますよ。

消費者金融が勝手に親や学校に申込みや借入れを伝えることはありませんので、安心して利用できますね。

契約書類の郵送がある場合、親と同居している学生はドキドキですよね。そんな時でも郵送物は、業者名を伏せて郵送しますので学生ローンからだとは気付かれませんよ。

上限額は決められている?学生ローンで借りられる限度額とは

学生ローンは消費者金融の一種となりますので、上限額は一人一人収入に応じて決められています。

具体的には年収の1/3を超えない金額となりますよ。例えばアルバイトで月々2~3万円程度の収入があれば、年収は24万円~36万円となります。

この年収の1/3までが借入可能額となりますので、8万円~12万円が借入可能額となりますよ。

商品の利用限度額=借入可能額ではない

つまり、学生ローンの商品にはそれぞれ利用限度額が書いてありますが、実際に借入れできる金額は年収しだいとなります。

そのため、いくら利用限度額が高い商品に申し込みをしても、年収が伴っていなければ高額な借入れはできないのです。

学生ローン 利用限度額 借入可能額(年収30万円の場合)
学生ローンE 80万円まで 10万円まで
学生ローンA 50万円まで 10万円まで

年収30万円の場合は、利用限度額が高い商品に申し込みをしても、借入可能額は10万円までとなりますよ。

金利以外にも知っておきたい!お金を借りる時に気をつけたいこと

学生がお金を借りる時には、金利の低い学生ローンを選ぶことがポイントとなりますが、その他にもお金を借りるうえで気をつけたいことがあります。

  • 延滞をしない
  • 借入額は必要な分だけ

延滞をしない

お金を借りる時には、金利のチェックと返済計画のチェックをしましょう。

いくら金利の低い学生ローンでお金を借りても、返済計画がきちんとできていなければ返済が難しくなります。

延滞をしてしまうと信用情報機関に遅延が登録されてしまい、今後の借入れに悪影響を及ぼします。

また滞納期間が長くなってしまうと督促状が送られてくることもあります。実家に住んでいて家族に内緒でお金を借りている場合は、家族にバレる原因にもなりますので、延滞には気をつけましょう。

借入額は必要な分だけ

学生ローンは使いみちを問わず、必要な時にお金を借りることができるため、ついつい多めに借りてしまうこともあります。

「少し多めに借りた方がいいかな?」と安易に考えてしまいがちですが、多めに借りると利子をつけて返済しなければなりません。

学生ローンは金利が低いと言いましたが、必要以上に借りてしまうと払わなくてもいい利子を払うことになってしまいます。

そのため、お金を借りる時には必要な分だけを借りましょう。

借入額 支払利子 返済回数 返済総額
5万円 4,176円 11回 54,176円
7万円 8,322円 16回 78,322円

必要な金額は5万円だけど少し多めに7万円借りてしまうと、月々の返済額は同じ5,000円に設定しても、4,146円も多くの利子を支払うことになります。

そのため、借りる金額は必要最低限に抑えて借りましょう。

学生ローンの金利について

学生ローンの金利は大手消費者金融に比べると低めに設定されており、学生が申し込みやすいと言ったメリットもあります。

学生が少しでも低い金利でお金を借りようと思ったら、必要な金額だけを学生ローンで借りるという方法がありますよ。

閉じる
閉じる