お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

専業主婦のキャッシング。はじめての借入もこれで安心!

「専業主婦でもキャッシングできるのか?」収入が無ければ不安になってしまいますよね。

確かに申し込む本人に収入がない専業主婦は、キャッシングに申し込みをしても断られることもあります。

けれど専業主婦のキャッシングにも対応しているところを選ぶと、家族にも内緒でキャッシングできるところもありますよ。

ここでは、はじめての借入れで悩んでいる専業主婦のために、専業主婦が借り入れできるキャッシング先を見ていきましょう。

どう選ぶ?専業主婦は全てのキャッシングが利用できるわけではない

まずは専業主婦がキャッシングに申し込む前に、知っておきたい基礎知識を紹介していきます。

専業主婦の場合は、申し込む本人に収入がないためキャッシング先が限られてしまいます。大手消費者金融では、すべての専業主婦の申込みはNGとなっていますよ。

けれど、銀行カードローンでは「専業主婦OK」となっているところがあります。そして、夫の同意を得られるのであれば「専業主婦OK」となる中小消費者金融もあります。

金融機関 専業主婦の申込み
大手消費者金融 NG
中小消費者金融 配偶者の同意があればOKのところもある
銀行カードローン OKのところもある

あなたが専業主婦であれば、申込条件や利用規約等で専業主婦OKの金融機関なのかをチェックする必要がありますよ。

はじめてのキャッシングなら審査難易度は気にしなくてOK

専業主婦のキャッシングでは、銀行カードローンか中小消費者金融となります。

銀行カードローンと中小消費者金融のどちらに申し込みをしようか悩んだら、中小消費者金融の方が審査に通りやすそうだと思いますよね。

しかし、はじめてキャッシングに申し込むのであれば審査難易度は気にせずに申し込みをしましょう。

審査難易度を気にしない理由

専業主婦が審査難易度を気にしなくていい理由としては、「専業主婦=フルタイムで働かなくても経済的に困らない家庭」だと判断できるからです。

専業主婦でいられるのは、主婦が外に出て働かなくても生活の基盤が整っているからですね。世帯収入として安定した収入があることが分かります。

もちろん、2社目・3社目のキャッシングの申し込みであれば、審査に通るのは難しくなりますが、キャッシングの申し込みがはじめてであれば、それほど気にせずに申し込めますよ。

キャッシング額は多くても50万円程度

審査の難易度は気にしなくても良いのですが、キャッシングできる金額は多くても50万円程度となります。収入のない専業主婦が100万円以上のお金を借りることは難しくなりますよ。

銀行カードローンでは、利用条件に「専業主婦の申込みは50万円まで」と書いてあるところもありますが、書いていないところでも高額な借入れはできませんね。

金融ブラックなら審査が難しい

既に他社から借入れがあったり、過去に滞納等のブラック情報がある場合は、審査に通ることは難しくなります。

この場合は、キャッシングする上で大切なポイントとなる「金融機関との信用関係」が築きにくいからですね。

金融機関と信用関係を築くためには、「確実に返済できる」ことが条件となります。確実に返済できるかどうかは、過去の利用状況や借入件数で判断しますよ。

  • 過去の利用状況
  • 借入件数

専業主婦がキャッシングするためのポイント

ここまでの内容を整理すると、専業主婦がキャッシングするためのポイントと言えば、返済能力があることと、信用できる人であることですね。

  • 返済能力がある
  • 信用できる人である

上記は専業主婦に限ったことではなく、キャッシングに申し込むのであれば誰でも気を付けることになりますよ。

返済能力がある

返済能力の有無は、世帯収入で判断します。専業主婦の場合は、申込む本人に収入が無いため、世帯収入が判断材料となることは仕方ないですね。

けれど、申込書に配偶者の年収を入力する必要があるところもあれば、配偶者の年収を入力する必要がないところもあります。

配偶者の年収を入力する必要がないところでは、専業主婦でいられること自体が「安定した収入がある」という判断材料になっていますよ。

  • 専業主婦=働かなくても家計が成り立っている
  • 借入額が妥当な金額

先ほど紹介した通り、専業主婦の借入額も妥当な金額であることがポイントですね。必要最小限の金額で申し込みをし、借入額が高くなりすぎないことが重要ですよ。

他社から借入れがある場合は、他社からの借入額も考慮する必要があります。安定した収入があっても、他社からの借入れが多いと返済能力は低いと判断されますよ。

返済計画を立て、返済しやすい金額で申し込みをしている、他社からの借入れがない、もしくは少ないことが重要なのです。

信用できる人である

先ほど紹介した「返済能力がある」ことにも重なる部分がありますが、キャッシングをする人は信用できる人である必要があります。

無計画にお金を使う人やウソをつく人にはお金を貸したくないですよね。キャッシングも同じです。申込書にウソを書いたり、収入に対して借入金額が高くなったりしていると、信用できない人となります。

  • 申込書に嘘がある
  • 収入に対して借入希望額が高額
  • クレジットカード、携帯電話等の支払に遅延がある

クレジットカードやカードローン、携帯電話の支払に遅延があると、キャッシング後の返済に不安が残る為、信用できる人とは判断できず審査に通りにくくなりますよ。

また、専業主婦のキャッシングでも信用情報機関のチェックを行います。信用情報機関では、過去や現在の借入状況を見ることができますので、この情報からでも信用できる人かどうかを判断できますね。

信用情報機関 登録内容
本人を特定する情報 氏名、生年月日、住所、性別、電話番号等
契約内容に関する情報 契約の種類、契約日、貸付日、契約金額等
返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等
取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約等

申し込む本人に遅延や債務整理等のブラック情報がないか、借入件数が3社を超えていないか等がポイントですよ。

銀行カードローンと中小消費者金融の違いは?

ここまで見てきて、専業主婦でも銀行カードローンと中小消費者金融から借入れができることが分かりましたね。選ぶポイントは配偶者の同意の有無や金利となります。

  • 配偶者の同意の有無
  • 金利

配偶者の同意の有無

専業主婦のキャッシングでは、配偶者の同意の有無によって借入先が決まります。

借入先 配偶者の同意
銀行カードローン 不要(必要なところもある)
中小消費者金融 必要

配偶者に内緒で借入しようと思ったら、銀行カードローンですね。

けれど、銀行カードローンの中にも配偶者の同意が必要となるところもありますので、配偶者の同意が不要な銀行カードローンを探す必要がありますよ。

中小消費者金融では、提出書類に配偶者の同意書が必要になります。

そのため、配偶者に相談せずにキャッシングしたいと思ったら、銀行カードローンを選びましょう。

金利

配偶者の同意を得る事が出来るなら、金利の低いところを選びましょう。

借入先 金利
銀行カードローン 年14%台
中小消費者金融 年18.0%~20.0%
専業主婦のキャッシングでは、借入金額が50万円までとなっていますので、金利は最大金利の年14%台が適用となります。

中には年13.8%のところもありますので、納得のいくまで低金利のところを探すとお得にキャッシングができますよ。

中小消費者金融では、利息制限法の最大金利を適用しているところが多いため、年18.0%~20.0%となります。

専業主婦で銀行カードローンも中小消費者金融も選ぶことができるなら、銀行カードローンの金利の低いところを選ぶと賢くキャッシングができますね。

閉じる
閉じる