お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

三井住友visaカードならスピード借入!キャッシング枠の設定方法

給料日前の手元に現金がないときや急に現金が必要になったときに備えて、クレジットカードでキャッシングができるようにしておくと便利ですよ。

クレジットカードにキャッシング機能を設定しておけば、ATMなどで簡単に現金を借りて引き出すことができるのです。

そこで、ここではキャッシングについて説明し、キャッシングの利用方法、キャッシングを利用する時の注意点について見ていきます。

三井住友visaカードではスピード審査にも対応していますので、急いでお金が必要な時でも借りられるかどうかの返答がすぐに分かりますよ。

設定しておくと便利!三井住友visaカードのキャッシングとは

まずは三井住友visaカードのキャッシングについて説明していきます。

ほとんどのクレジットカードには、ショッピングする時に利用する「ショッピング利用枠」と、ATMなどから現金を借りる「キャッシング利用枠」があります。

「クレジットカードに申し込む=ショッピング利用枠を設定する」となり、キャッシングを利用する時にキャッシング利用枠の設定が別途必要になります。

もちろんクレジットカードに申し込む時に、同時にキャッシング枠の申込をする事もできますし、クレジットカードを作った後にキャッシング枠を設定することもできますよ。

  • クレジットカード作成時にキャッシングも申し込む
  • クレジットカード作成後にキャッシングに申し込む

キャッシングの利用枠とは

繰り返しになりますが、キャッシングとはクレジットカードに付帯する現金を借りることができる機能になります。いくらまで現金を借りることができるのかと言えば、審査によって利用枠が決まりますよ。

キャッシング申込み(希望額を申請)

審査

キャッシング利用枠の決定

キャッシングにはキャッシングの審査がありますので、クレジットカード作成時に申し込みをしても、クレジットカード作成後に申し込みをしても、審査内容は同じになります。

キャッシングの返済は翌月1回払いやリボ払いから選ぶことができます。ショッピングの1回払いは手数料無料となりますが、キャッシングの場合は利息がかかります。

利息を計算する金利は年15%~18%となっていますので、借りる前に三井住友カード会員サイト(Vpass)で確認すると安心ですね。

【関連記事】

今あるクレカを便利に使う!クレジットカードでお金を借りる方法

どうやって借りるの?三井住友visaカードのキャッシング利用方法

三井住友visaカードのキャッシング利用方法は2通りあります。

  • ATMからキャッシング
  • 振込キャッシング

ATMからキャッシング

三井住友visaカードのキャッシングは、提携金融機関ATMやコンビニATMから利用することができます。

利用する時にはクレジットカードと暗証番号が必要になりますよ。

利用金額に応じてATM手数料がかかりますので、いくら必要かを計算し、まとめて借入れした方が賢いですね。

利用金額 ATM手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

ATMの利用手順は以下になります。

ATM画面上のメニューから「お引き出し」を選択

「クレジットカード」を差込口から投入

「暗証番号」を入力

返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択

「お借り入れ金額」を1万円単位で入力

クレジットカード・利用明細・現金を受け取る

返済方法を選ぶことができるため、返済方法も考えてからATM操作を行うとスムーズですね。

振込キャッシング

振込キャッシングは、三井住友カード会員サイト(Vpass)から申し込みをすると、最短即時にカード利用代金支払い口座に振込みとなります。

電話からも振込キャッシングの申し込みができますが、電話の場合は申し込み受付後、翌営業日の振込となりますよ。

振込キャッシングの申し込み 振込のタイミング
三井住友カード会員サイト 最短即時(平日8:50~14:49)
電話 当日中(0:00~23:59)の受付分を翌営業日に振込

カード利用代金支払い口座をゆうちょ銀行に指定した場合は、4営業日後の振込みとなります。

振込手数料は無料となっていますので、手数料を払いたくない場合は振込キャッシングがおススメですね。

キャッシングを利用する時に知っておきたいこと

三井住友visaカードのキャッシングの利用はATMから直接現金を借りられたり、会員サイトから口座へ振り込んだりできるため、使いみちに合わせてスムーズにお金を借りることができます。

けれど、キャッシングは借金だということも忘れてはいけません。

キャッシングを利用する前には、返済計画を立てて完済の見通しを立ててから利用しましょう。

  • 返済計画を立てる
  • 総利用枠にも注目する

返済計画を立てる

お金が足りないからキャッシングを利用するのですが、キャッシングを利用する前に月々いくらなら返済できるかを考えてみましょう。

例えば月々5,000円ずつなら返済できるという場合は、利用枠は5万円~10万円までとなります。

利用枠 毎月の支払金額(5千円単位で下記の範囲内で選択)
5万円~10万円 5千円~4万5千円
20万円 1万円~5万円
30万円~50万円 1万5千円~5万5千円
60万円~70万円 2万円~6万円
80万円~90万円 2万5千円~6万5千円
100万円~200万円 3万円~7万円
210万円~300万円 4万円~8万円

キャッシングやカードローンの中には、借入残高に応じて返済額が変わるところもありますが、三井住友visaカードではキャッシングの利用枠に応じて返済額が決まっています。

そのため、月々5千円の返済にしたい場合は、利用枠を5万円~10万円に設定しておく必要がありますよ。

キャッシング利用枠を増やすと、月々の支払額も増えてしまいますので、月々の負担を軽くしようと思ったらキャッシング利用枠を少なくしておきましょう。

総利用枠にも注目する

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があることは既に紹介しましたが、これらの利用枠は別々の枠では無く、キャッシング枠はショッピング枠に含まれています。

例えば、クレジットカードのカード利用枠(カードショッピング)は80万円となっている場合は、この中からキャッシング利用枠は0~50万円と設定されます。

そのため、このクレジットカードで5万円のキャッシングをすると、ショッピング枠は75万円までとなります。逆に、ショッピング枠で30万円の買い物をすると、キャッシング枠は20万円までとなりますよ。

キャッシングを利用する時には、ショッピングの利用分も関係してくるのです。

スピード審査だから急な出費にも安心!キャッシング枠を作る

ここまで見て、三井住友visaカードのキャッシング枠を作ろうと思ったら、最短30分以内のスピード審査で利用枠の設定ができることが分かりましたね。

既に三井住友visaカードを持っている場合は、審査結果の回答後に借入ができますので、申し込みしたその日のうちに利用することができますよ。

三井住友visaカードに入会する場合

まだ三井住友visaカードに入会していない場合は、クレジットカードの発行が必要になります。その場合は、最短3営業日で発行となりますよ。

インターネットで申し込み

各銀行のウェブサイトで引落口座の設定

入会審査(結果連絡は最短当日)

カード発行(最短3営業日)

自宅にカード到着(ここまで約1週間)

上記の流れで、カードが自宅へ届くまでは約1週間かかります。けれど、審査結果は最短当日に分かりますので、審査結果がどうなったのか気になる期間が短くすみますね。

三井住友visaカードでは、スタンダードなものから提携カードまで様々なカードがあります。

そのため商品内容もカードによって異なりますが、キャッシングを利用できるようにしておくと、現金を借りることができるため、いざという時でもお金の心配をしなくて済みますよ。

三井住友visaクラシックカード 商品内容
キャッシング利用枠 0~50万円
金利 年18.0%
申込条件 三井住友visaカード本会員の方で満18歳以上の方
借入方法 ATM・振込み
返済方法 自動引落し
担保・保証人 不要

上記は三井住友visaクラシックカードのキャッシング利用枠の紹介となります。

申し込めるのは満18歳以上の方となりますが、未成年の方は親権者の同意が必要ですよ。また未成年・学生の場合は、申込書での申込みとなります。

ここで紹介したインターネットから申し込むには、満20歳以上の方が対象となります。インターネットから申し込むとスピード審査対応、条件次第で即時振込みも可能となっていますので、頼もしいカードとなりますね。

閉じる
閉じる