お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

未成年がお金を借りる方法。クリアしておきたい必須条件

未成年でもお金が必要になることはありますよね。たとえば、ショッピング・習い事・教材費・免許取得等があげられます。

仕送りをしてもらっている場合は、通常の仕送りを多めに送ってもらうなどの手段が考えられますが、既に入学金や授業料等で高額な費用を支払ってもらっている場合は、なかなか頼みにくいですよね。

そこで、気になるのがカードローンとなります。20歳以上であればお金を借りるところは多数ありますが、大学や専門学校に入学したばかりの未成年であるとお金を借りられるのか不安になりますよね。

ここでは、未成年がお金を借りる方法を紹介していきます。学生に限らず、高校卒業後に就職した方の借入先を見ていきますよ。

知っておきたい!未成年でもお金を借りることはできる?

未成年でもお金を借りることはできるのか、気になる人は多いですよね。

消費者金融や銀行カードローンの申込み条件を見ると「満20歳以上」となっているところが多いのが現実です。未成年者は、基本的にはカードローンを利用することができないのです。

未成年者がお金を借りることができない理由としては、利用条件が20歳以上になっているからなのですが、これは民法上で決められているからですね。

民法上の年齢制限

簡単に説明すれば、未成年者は法定代理人の同意なくお金を借りる契約をした場合は、法定代理人が後から取り消すことができるのです。

お金を貸す側からすると、返済義務が無くなってしまう可能性のある未成年にお金を貸すと、貸し倒れのリスクを負うことになってしまいますね。

そのため消費者金融や銀行カードローンでは、申込条件に満20歳以上と明記しているのです。

けれど「未成年者は絶対にお金を借りることができない」というわけではありませんので、未成年でもお金を借りる方法はありますよ。

これで安心!未成年がお金を借りる方法

未成年の場合は民法上契約が難しくなっていますが、未成年でもお金を貸してくれるところはあります。

  • 進学した場合
  • 就職した場合

未成年の場合は、高卒後の進路によって借入先も変わってきますよ。

例えば、進学した場合は学生ローンを利用することができます。けれど就職した場合は、学生ローンの利用ができません。そこで就職した人専用のローン商品を探す必要がありますね。

進学した場合!学生ローンなら即日融資にも対応

大学や専門学校等に進学した場合は、身分は学生となりますので学生ローンを利用することができます。

けれど学生ローンの場合でも20歳以上を対象としているところが多いため、18歳以上からを対象としている学生ローンを探す必要がありますよ。

18歳以上を対象とした学生ローン

18歳以上を対象とした学生ローンの場合は、以下の流れで借入可能となっています。

申込み(インターネット、電話、来店)

審査

融資(振込、来店)
学生ローンの場合は、利用条件に首都圏在住・在勤・在学の方等の地域を限定していることがあります。そのため来店による申込みや融資を希望すると、即日で借入することができますね。

もちろん申込む時間帯によってはインターネットからの申込みで即振込となることもありますので、すぐにお金を必要な場合でも安心です。

ただし融資できるのは年収の10%以内だったり、未成年の場合は親権者の承諾が必要になったりしますので、自分の希望に合っているのか確認してから申し込みましょう。

学生ローン 内容
貸付限度額 1万円~50万円(年収の10%~30%程度)
金利 年15.0%~20.0%
貸付条件 高卒以上の学生で学生証、保険証等の提出ができる方
借入方法 振込、来店
返済方法 来店、銀行振込、現金書留等
担保・保証人 未成年は親権者の保証人が必要な場合もある

ここで紹介した学生ローンは貸金業者となりますが、他にも銀行商品のキャンパスカードローンも18歳以上から対象としているところもありますよ。

銀行のキャンパスカードローン

銀行の中にもキャンパスカードローンを取り扱っているところがあります。

ダブルスクール、運転免許証の取得、就職活動などでお金が必要になった時に利用することができますよ。

銀行キャンパスカードローン 内容
貸付限度額 30万円まで
金利 年8.8%
貸付条件 大学、専門専修学校の学生で営業エリア内に居住
必要書類 本人確認資料、通帳・届印、学生証、親権者の確認資料
返済方法 口座から自動引落し
担保・保証人 未成年は親権者の保証人が必要

銀行の場合は、低金利が魅力的となりますね。ただし、貸付限度額は30万円までとなりますので、貸金業者の学生ローンの方が多く借りられる可能性がありますよ。

銀行のキャンパスカードローンを選んでも、貸金業者の学生ローンを選んでも、未成年の学生がお金を借りる時には、親権者の同意が必要となります。

親権者の確認資料には、親権者の本人確認資料や住民票謄本等申込人との関係が確認できる公的証明書、印鑑証明書が該当しますよ。

銀行の場合はコンビニATMで必要なときに繰り返しお金を借りることができますので、急にお金が必要になった時も安心ですね。

就職した場合!カードローン契約済でいつでもATMから借入可能

高卒後に就職した場合は、学生ローンの利用ができません。学生ローンは学生専用のローンだからですね。そこで、未成年で就職した場合の借入先を探す必要があります。

貸付条件は満18歳以上で年収150万円以上

就職した場合の借入先に、労働組合や生活協同組合のはたらく仲間が、互いに助け合うために資金を出し合ってつくった、協同組織の金融機関が挙げられます。

就職と言っても契約社員やパート社員でも勤続年数と年収の条件をクリアしていれば、申し込むことはできますので、該当するかどうか不安なあれば最寄りの店舗に問い合わせましょう。

協同組織の金融機関では満18歳以上で年収150万円以上、勤続1年以上の方がカードローンの利用対象となっていますよ。

協同組織の金融機関 カードローンの内容
貸付限度額 500万円まで
金利 年3.875%~年8.475%
貸付条件 満18歳以上、1年以上勤務、年収150万円以上
返済方法 口座から自動引落し
担保・保証人 未成年は親権者の保証人が必要

協同組織の金融機関では、組合員であれば好条件で融資を受けることが出来ますが、組合員でない場合でも借入可能となっています。

組合員でない場合は貸付限度額が100万円までとなったり、金利が年5.275%~年8.475%になったりします。

けれどインターネットバンキングやモバイルバンキングの機能を使って、普通預金口座へ入金したり、ローンカードを使ってATMからお金を借りたりできますので、スムーズにお金を用意できますよ。

希望すると自動融資サービスの利用もできますので、公共料金やクレジットカードの自動引落日に普通預金口座の残高が足りない時でも安心ですね。

契約するといつでも借入可能

カードローンでは、一度契約すると繰り返し何度も利用することができるため、必要な時にすぐにお金を借りることができます。

申し込む時間帯や審査時間によって、申込日当日にお金を借りることができない場合もありますが、あらかじめローンカードを作っておくと、いざという時に即時にお金を借りることができますよ。

ローンカードの年会費や入会金は無料となっていますので、未成年でも安心して持っておくことができますね。

閉じる
閉じる