お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

主婦のキャッシング!安心して借りれるおすすめキャッシングとは

お金が足りない時には、親や友達からお金を借りるよりもキャッシングを利用する方が手軽ですね。

親や友達からお金を借りると、借りた後の関係にヒビが入る可能性もありますし、返済がなかなかできず迷惑をかけてしまうこともあります。

けれど銀行カードローンや消費者金融からお金を借りると、保証人や担保は不要で自分の信用だけでお金を借りるため、周りに迷惑をかける心配がありません。

特に主婦の場合は、夫に迷惑をかけてしまわないか不安になることもありますが、状況によっては夫にも内緒でお金を借りることができますよ。

「キャッシング=借金」の意識が大切!借り過ぎに注意

キャッシングを利用すると、自分の信用だけでお金を借りることができるため、安心して借り過ぎてしまうことがあります。

また、「借金」と「キャッシング・カードローン」では、同じ意味の言葉ですが、印象が異なりますよね。

「借金」と聞くと、重くマイナスなイメージがありますが、「キャッシング・カードローン」と聞くと、軽く借りやすいイメージがあります。

言葉 イメージ
借金 重い、マイナスなイメージ、取り立てが怖い
キャッシング・カードローン 軽い、借りやすいイメージ、安心

今は銀行カードローン・消費者金融ともに貸金業法で取立てについて禁止事項が明記してありますので、厳しい怖い取り立てをされる心配もありませんよ。

ただし取り立てが怖くない、安心して借りられるからといって、借り過ぎてしまうこともありますので、キャッシングも借金だという意識を持って利用することが大切ですね。

キャッシングを利用する時に主婦が望むこととは

ここではキャッシングを利用している主婦が、どんなことをチェックして借入先を選んだのかを紹介します。

  • 金利が低い
  • 融資までの期間が短い
  • 家族にバレない

金利が低い

やはり、主婦と言えばお金をキッチリ管理している方が多く、少しでも金利は低く借りたいという人が多いですね。

例えば同じ1万円を1ヶ月間借りた場合でも、金利年18.0%の消費者金融では支払う利息は約148円、金利年14.5%の銀行では約119円となり、その差は29円となります。

たったの29円と思う人もいますが、借入金額が高くなったり、借入期間が長くなったりした場合は、金利の差がどんどん開きます。

高額を借り入れたい人や長期間で返済していきたい人には重要なポイントとなりますよ。

融資までの期間が短い

キャッシングを利用しようとする人は、急いでお金が必要な人が多いですね。そんな時に融資までの期間が短いと助かります。

銀行カードローンでは、即日融資は不可となっていますので、スピード融資に対応している消費者金融を選びましょう。

収入のあるパート主婦の場合は、スピード融資に対応している大手消費者金融にも問題なく申し込めますので安心ですね。

収入のない専業主婦の場合は、配偶者貸付に対応している中小消費者金融を選びましょう。ただし中小消費者金融の場合は、即日融資に対応しているところが限られますよ。

家族にバレない

収入のあるパート主婦の場合は、申し込む本人に収入があるため、申し込む本人の信用だけで借入れができ、家族にバレずにお金を借りることができます。

キャッシングでは個人情報保護のため、在籍確認は金融機関名を名乗らない、封筒には貸金業者名を書かないといった配慮がありますよ。

銀行カードローンの場合は銀行名の記載はありますが、カードローンの利用だということは封書からは分かりません。

一方、収入のない専業主婦の場合は、申し込む本人に収入がないため、消費者金融では必ず配偶者の同意が必要になります。

同意書の提出も求められるため、家族に相談しなければ申し込むことができないのです。

主婦 金融機関の対応
パート主婦 申し込む本人の収入で申込可能、家族にバレる可能性は低い
専業主婦 消費者金融では配偶者の同意書が必要、銀行では内緒にできることもある

専業主婦の場合は、銀行カードローンを選ぶことで配偶者の同意書なしで利用できるところもありますよ。

主婦が安心して借りれるおすすめキャッシングとは

主婦が安心して借りれるおすすめキャッシングと言えば、低金利の銀行カードローンで必要な金額だけを借入れすることですね。

銀行カードローンでは即日融資はできませんが、普段から利用している銀行でお金を借りることができると安心して利用できます。

都市銀行の中には、ローン契約機のある銀行もありますので、ローン契約機を利用すると土日でもカード発行が可能となっていますよ。

即日融資にこだわるのであれば消費者金融がおすすめとなります。

借入先 おすすめポイント
銀行カードローン 低金利、安心して利用可能
消費者金融 即日融資に対応

主婦がお金を借りる目的

主婦がお金を借りる目的には、生活費の不足分、急な冠婚葬祭、予期していなかった医療費、夏期講習などの予定外の教育費が挙げられます。

  • 生活費の不足分
  • 急な冠婚葬祭
  • 予期していなかった医療費
  • 夏期講習などの教育費

いずれも急な出費に対する借入だと判断できますね。急な出費はいつあるのか分からないため、前もってカードローンを利用できるようにしておくと、いざという時でも慌てずに対処できますよ。

安心してお金を借りるなら計画的な借入れがポイント

銀行カードローンも消費者金融も、Web完結等でインターネットから気軽に申し込み・契約・借入れができるところが増えてきています。

便利な反面、手軽にキャッシングできるため借り過ぎてしまうこともありますね。

そこで、借入までに計画的な返済計画を立てることがポイントになります。

返済計画を立てる

返済計画を立てる時には、いくらなら毎月返済することができるのか、いくらまでなら翌月完済できるのかを見極める必要がありますね。

  • 長期返済なら、月々いくらなら返済できるか計算
  • 翌月完済なら、いくらまでなら返済に充てることができるのか計算

長期返済を考えているなら、毎月いくらなら返済に回すことができるのか、無理のない返済額を計算する必要があります。

翌月完済を考えているなら、いくらまでなら翌月の収入から返済に充てることができるのかを計算する必要があります。

特に初めて借り入れをする時で、無利息サービスを利用するのであれば、翌月完済できると利息0円でお金を借りる事もできますので、どのパターンが自分にピッタリなのかを考えてみましょう。

月々の返済額が少ないと支払う利息が増える

長期返済を考えている場合は、なるべく短期間で返済できるように月々の返済額は無理のない範囲でできるだけ高額にしましょう。

例えば金利年18.0%で10万円を借りた場合、月々の返済額をいくらにするかで、返済総額が変わってきますよ。

月々の返済額 返済回数 支払利息 返済総額
3,000円 47回 39,639円 139,639円
5,000円 24回 19,772円 119,772円
10,000円 11回 9,158円 109,158円

上記を見ると分かるように、月々の返済額が多ければ多いほど支払う利息は少なくなります。

主婦が安心してお金を借りるためには、月々いくらなら返済できるのかを把握してから借りるといいですね。

主婦が使えるお金は限られていますので、借りる時には完済するところまで見通してから利用すると、借り過ぎの心配もありませんよ。

閉じる
閉じる