お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

「瞬フリ」でピンチを乗り切る!プロミスでお金を借りる方法

プロミスはSMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスのブランド名ですね。テレビCMで見かけることも多く、知名度も高いです。

知名度が高いということは、利用者も多く、様々な状況に対応しているため安心して利用することができます。

「年齢20歳~69歳の本人に安定した収入のある方」であれば、パート・アルバイトの方も申し込むことができますので、申込める人も多いですね。

プロミスには「瞬フリ」という振込サービスがあり、すぐにお金を借りる事もできます。急なピンチも「瞬フリ」で乗り切ることができますよ。

「瞬フリ」でプロミスからお金を借りる方法

プロミスには「瞬フリ」というサービスがあります。瞬フリの利用条件は、申込者の銀行口座が三井住友銀行・ジャパンネット銀行の方となりますよ。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

瞬フリでは、受付完了から10秒程度で振込み実施となりますので、急なピンチも乗り越えることができます。

受付時間 振込実施時間
0:00~24:00 受付完了から10秒程度

土・日・祝日も平日と変わらずに、受付完了から10秒程度で振込みとなりますので助かりますね。

ただし、以下の時間帯はサービス停止となっていますよ。

  • 毎週月曜日0:00~7:00
  • 毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00(三井住友銀行のみ)
  • 元旦は終日サービス停止

パソコン・ケータイ・スマホからプロミス会員サービスにログインし、手続きをするだけで振込みとなりますので、ATMを探す手間もなくスムーズにお金を借りることができますね。

三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座がない場合でも、通常の振込キャッシングでお金を借りることができますよ。

通常の振込キャッシング

繰り返しになりますが三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座がない場合でも、振込キャッシングはできます。ただし振込実施時間が異なりますので、いつでもすぐにお金が借りられるわけではありませんよ。

曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~9:00 当日9:30頃
月~金 9:00~14:50 受付完了から10秒程度
月~金 14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

平日の銀行営業時間内であれば、受付完了から10秒程度で振込みとなりますので瞬フリと同じように利用できますね。

状況に合わせて選べるのも魅力!ATMや窓口でも借入可能

プロミスでは振込み以外にもATMや窓口でも借入れができます。すぐに現金が欲しい場合はATMや窓口を利用した方が早いですね。

  • ATM
  • 窓口

ATMで借入

ATMにはプロミスATMと提携ATMの2種類あります。プロミスATMの場合は、全国のプロミスATMから手数料無料でお金を借りることができます。

提携ATMには、三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行、コンビニATM、一部の地方銀行ATM等多数ありますが、三井住友銀行ATM以外は手数料がかかりますよ。

取引額 借入時手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

少しでも返済時の負担を軽くしようと思ったら、手数料無料のプロミスATMや三井住友銀行ATMを利用すると安心ですね。

窓口で借入

プロミスの窓口と言えば「お客様サービスプラザ」ですね。

お客様サービスプラザでは、借入が不安な方や返済プランに関する質問等、何でも相談に乗ってもらえるため、借入れに悩んでいるなら気軽に相談してみましょう。

借入もお客様サービスプラザで行うことができますので、急いで借りたい時にも便利ですね。

窓口の対応時間は平日10:00~18:00となっていますが、借入れができる時間は各窓口によって異なりますので、事前に電話で確認してから来店すると無駄足を踏まなくて済みますね。

どうやったら借りられるの?プロミスの申込方法

「瞬フリで借りたい時にすぐに借りられるプロミスを利用してみたい」と思ったら、プロミスに申し込む必要があります。プロミスの申込方法は4種類となっています。

  • Web
  • 電話
  • 郵送
  • 来店

Webで申し込み

パソコン・スマホ・ケータイ等のインターネットで申し込むと、契約方法は「Web」か「来店」となります。

申し込み(パソコン/スマホ/ケータイ)

審査

契約(Web/来店)

借入(カードなし/カードあり)

契約方法にWebを選び、Web完結にした場合はカードなしで振込キャッシングの利用となりますよ。Webでは24時間365日申し込みができますので、自分の好きなタイミングで申し込めますね。

【関連記事】

インターネットが便利!消費者金融のお金の借り方を紹介

電話で申し込み

電話で申し込むと、契約方法は「来店」か「郵送」となります。

申し込み(電話)

審査

契約(来店/郵送)

借入

来店契約の場合は、カード発行後すぐに利用可能となります。郵送契約の場合は、契約書類・カードがプロミスから送られてきますので、契約書類と必要書類の返送後プロミスが書類受領後に借入可能となります。

郵送で申し込み

郵送で申し込むと、契約方法は「郵送」となります。誰にも会わずに契約したいけど、インターネットは苦手…という方は郵送で申し込むとストレスなく申し込めますね。

申し込み(郵送)

審査

契約(郵送)

借入(ATM/振込み)

申込書はインターネットまたはプロミスコールから取り寄せる事ができます。お客様サービスプラザにも置いてありますよ。

来店で申し込み

来店で申し込むと、契約もその場で行います。スタッフに相談しながら手続きを行えるため、スムーズに進みますよ。

申し込み(来店)

審査

契約(その場で)

借入(ATM)

自動契約機の場合は、タッチパネルで申し込みできます。審査中はカードの利用方法の説明ビデオが流れますので、借入操作も安心ですね。

プロミスなら最適!周りにバレずにピンチを乗り切る方法

ピンチを乗り切る時には、周りにバレずにさりげなく乗り切りたいものです。

そこでプロミスのWeb完結を選ぶと、郵送物が自宅に届かずに契約でき、振込キャッシングで即日融資も可能となっています。カードレスなのでカードを誰かに見られる心配もなく、紛失の心配もありませんね。

  • Web完結で郵送物なし
  • 振込キャッシングでカードレス
  • カードを見られる心配なし
  • 最短即日融資も可能
  • 契約後は瞬フリで10秒程度で振込可能

ただしWeb完結は利用できる金融機関が決まっており、更に瞬フリは三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座に限られますので、誰でもWeb完結や瞬フリが利用できるわけではありません。

プロミスの瞬フリを利用したいと思ったら、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を開設してから申し込むことも一つの手段となりますね。

閉じる
閉じる