お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

消費者金融の無利息期間を比較!自分にピッタリな商品を探そう

お金を借りる時には、利息が気になりますよね。なるべく低い金利で借りたいと思うのも当然です。

そこでおススメなのが、無利息期間のある消費者金融の利用です。無利息期間内に全額返済すると、利息を支払う必要がありません。

まとまった金額を借りる場合でも、給料日やボーナスで一括返済する予定なら、低金利のカードローン商品よりもお得に借りられることもあります。

ここでは、どんな無利息期間のある商品を選んだら良いのかを見ていきます。無利息期間と一口にいっても、その内容は様々になっていますよ。

賢く借りるなら知っておきたい!消費者金融の無利息期間とは

まずは無利息期間について確認していきましょう。

無利息とは

そもそも、お金を借りると利息を支払います。利息とは、金融機関に支払う手数料・サービス料のことですね。お金を借りる時に支払うレンタル料とも表現されていますね。

無利息期間とは、その名の通り「金融機関へ支払う手数料を一定期間無しにする」こととなります。

例えば「30日間無利息サービス」と表示があるところでは、30日間利息を請求しないということですね。

もちろん後からこの無利息期間の利息を請求されることもありませんし、無利息期間終了後の利息が高くなることもありません。無利息期間終了後は通常金利となりますよ。

  • 利息は金融機関に支払う手数料
  • 無利息期間とは、利息の請求がない期間
  • 無利息期間終了後は通常金利の適用

無利息期間終了後は通常金利の適用

無利息期間終了後は通常金利の適用となります。消費者金融であれば、金利年18.0%となるケースがほとんどですね。

例えば、借入額30万円、金利年18.0%、月々15,000円ずつ返済、24回払いで考えると、無利息期間なしの場合は359,332円の返済となります。

これが30日間無利息期間があると、無利息期間終了後は金利年18.0%となり返済総額は352,999円となります。6,333円お得に借入れすることができますよ。

無利息期間の有無 借入額 金利 月々の返済額 返済総額
なし 30万円 年18.0% 15,000円 359,332円
あり(30日間) 30万円 年18.0% 15,000円 352,999円

無利息期間が30日間の場合は、31日目から利息がつきます。無利息期間中に返済した額は全額元金の返済となりますので、31日目からの利息は15,000円返済した後の金額である285,000円にかかりますよ。

ちなみに、無利息期間ありの返済総額352,999円を30日間無利息期間がなかったものとして考えると、金利は年16.4%で借りたことになります。

消費者金融の金利は年18.0%がほとんどですが、無利息期間を利用することによって、より低金利で借入することができますよ。

比較してみよう!消費者金融の無利息期間の内容

消費者金融の無利息期間には30日間無利息、7日間無利息、180日間無利息といったように様々な内容があります。

  • 30日間無利息
  • 7日間無利息
  • 180日間無利息

この内容だけを見ると、長期間無利息を受けられる180日間無利息が賢い選択のように思えますが、他にも条件がありますので詳しく見ていきましょう。

30日間無利息期間

無利息期間の中で一番多いのが、この30日間無利息期間ですね。大手消費者金融では、30日間無利息サービスを採用しています。

けれど、その内容は初回借入日の翌日から30日間無利息サービスとなるところと、契約日の翌日から30日間無利息サービスとなるところに分かれます。

  • 初回借入日の翌日から30日間無利息
  • 契約日の翌日から30日間無利息

すぐに借入する予定がある場合は、契約日の翌日から30日間無利息サービスを利用すると、30日間の無利息サービスを受けることができますね。

そしていざという時に備えてカードローンの契約をしておきたい場合は、初回借入日の翌日から30日間無利息サービスを利用すると、無利息期間のメリットを損なうことなく30日間無利息サービスを受けることができます。

無利息期間の内容をしっかり把握してから申し込むことが大切ですよ。

すぐに完済予定!それなら短期間の無利息サービスがおススメ

すぐに完済予定なら、無利息期間は7日間と短期間ですが、繰り返し何度も利用できる商品があります。

先ほど紹介した30日間無利息期間のある商品は、初回特典となっており、はじめて契約した方が対象となっています。そのため、無利息期間終了後には無利息期間となることはありません。

けれどある消費者金融では、完済後何度でも無利息となるサービスを行っているのです。

なんどでも1週間無利息

給料日前の生活費の不足時やちょっとした飲み会で数万円借りたい時など、すぐに返済の見通しがたっている場合には、完済すると翌月以降も1週間無利息となる商品を選ぶとお得ですね。

  • 最初の1週間無利息
  • 全額返済すると翌月以降も1週間無利息

例えば、5万円借りて7日以内に全額返済した場合は、利息0円。更に翌月以降も1週間無利息で借入ができますので、毎月給料日前等に気軽にお金を借りられます。

1週間無利息 内容
メリット 何度でも無利息で借入可能
デメリット 長期間の借入には向かない

少額を何度もこまごま借りて、すぐに返済したいという方にピッタリですね。

少額を長期間で返済したい場合は、180日間無利息期間がおススメになりますよ。

少額を長期間借りたい!それなら180日間無利息がおススメ

少額を長期間借りたいなら、長期間無利息の180日間無利息サービスがおススメになります。

  • 初めて契約する方
  • 5万円まで180日間無利息
  • 無利息期間中は何度利用しても5万円まで無利息

こちらの商品も、180日間無利息を利用するには初めて契約する方に限られていますので、繰り返し何度も適用となることはありません。

5万円まで180日間無利息

180日間といえば、約半年も無利息となります。ただし5万円までとなっていますので、高額を借りたい場合には向かないのです。

もちろん、借入額が5万円を超える場合でも180日間無利息を利用することができますが、無利息が適用となるのは5万円までとなり、5万円を越えた借入額には通常金利がかかりますよ。

借入額(30万円) 利息
5万円 0円(180日間まで)
25万円 3,698円(1回目の利息:年18.0%)

初回の返済額から利息分3,698円を引いた金額が元金の返済額となりますよ。

また逆に2万円を借入れして、無利息期間中に新たに3万円を追加借入れした場合は、5万円まで無利息となりますので追加分も最初に借入れした日から180日目までは無利息となります。

5万円まで180日間無利息の場合も、契約日の翌日から180日間となっていますので、お金が必要な時に契約するのがポイントですよ。

自分にピッタリな商品の選び方

様々な無利息期間の商品を見てきましたが、自分にピッタリな商品の選び方をまとめていきましょう。

無利息期間 ピッタリな人
契約日翌日から30日間無利息サービス いますぐ、まとまったお金を借りたい
初回借入日翌日から30日間無利息サービス いざという時に備えて契約しておきたい
1週間無利息サービス 小額を借入、すぐに返済予定の人
5万円まで180日間無利息サービス 小額を借入、長期間で返済したい

どこも同じように見える無利息サービスですが、消費者金融によって内容は異なります。

自分にピッタリな無利息サービスを探そうと思ったら、まずはいくら借りたいのか、いつごろ借りたいのか、いつ頃返済できるのかといったことを考えておくことがポイントですね。

閉じる
閉じる