今すぐお金を借りるための情報サイト

意外に知らない!?利子なしでお金を借りる3つの方法

お金を借りる時には、一番利子の低いところからお金を借りたいですよね。お金を借りると、借りたお金+利子を支払わないといけないため、なるべくなら利子は少ない方が助かります。

そこで、利子なしでお金を借りる方法を見ていきます。ただし基本的には利子は支払うものなので、ここで紹介する方法に該当する人と該当しない人がいることを知っておいてくださいね。

ここでは、そもそも利子とは何なのか、そして利子なしでお金を借りる方法として公的な貸付、親類や友人から借りる方法、カードローンの無利息期間について説明していきますよ。

どうして支払うの?そもそも利子って何なの?

はじめてお金を借りる時に、借りたお金+利子を支払わないといけないと知って、「利子って何?」と思った人もいますよね。

利子とは、貸借したお金に対して、ある一定利率で支払われる対価となります。対価とは、借りた人に与えた利益に対してお金を貸す側が受け取る報酬のことですね。

つまり、お金を貸した報酬として金融機関が受け取る利益が利子なのです。

利子がなければお金を貸すメリットが無いということですね。

お金の貸借 メリット
お金を借りる側 お金を借りることができる
お金を貸す側 利子で報酬を受け取ることができる

支払う利子を決めるのが利率

お金を借りると、貸した側のメリットとして利子を支払う仕組みを説明しました。そして、その利子がいくらになるかを決めるのは利率になります。

カードローンのサイトを見ると、金利年○%と表示がありますよね。この年○%が一年間に支払う利子となります。

「借りたお金の残高×金利(○%)」が一年間に支払う利息となりますが、カードローンの利子は日割り計算で計算することになっています。

そこで一年間に支払う利息を365日で割って、一日当たりの利子を計算する必要がありますよ。「借りたお金の残高×金利÷365日×借りた日数」で、毎月支払う利子が決まるのです。

利子は金融機関の儲け

最初に紹介した通り、利子は金融機関の利益=儲けとなります。そのため利子なしとなると、儲けがなくなってしまうため基本的には行いません。

けれど一定期間利子なしにすることによって、顧客の獲得につながる場合は「一定期間に限って利子なし」とすることがあります。

儲けばかりを気にして新規顧客の獲得を減らすよりは、最初の儲けをなくして新規顧客を増やす策略ですね。長い目で見ると、新規顧客が増えた方が経営が安定し、金融機関のメリットとなるのです。

けれどずっと利子なしにすることはできませんので、一定期間に限って利子なしとしていますね。

一定期間無利子 メリット
お金を借りる側 利子なしでお金を借りることができる
お金を貸す側 新規顧客の獲得につながる

期間限定!カードローンの利子なしの条件

先程紹介した通りカードローンでは、一定期間に限って利子なしとしていますが、その他の条件を見ていきましょう。

  • はじめて契約した人に限る
  • 返済期日「35日ごと」で契約
  • メールアドレスの登録
  • Web明細を利用
  • Web契約に限る

上記のように金融機関によって、それぞれ条件が設定されていますので、申し込む前にチェックして利子なしで借りることができるのか確かめると安心ですね。

特に「はじめて契約した人に限る」という金融機関は多数ありますので、利子なしで借りようと思ったら、今までに利用したことがない所を選びましょう。

利子なしでお金を借りるには、借入先が利子なしに対応していて、利子なしの条件に該当する必要があります。

そして利子なしの期間に借入金を全額返済する必要がありますので、返済まで計画的に行うことがポイントになりますね。

利子なし期間があるかチェック

利子なしの条件に該当するかチェック

申込み

利子なしの期間に全額返済

利子なしで借入成功!

上記の流れとなりますので、利子なしでお金を借りようと思ったら利子なしの期間中に全額返済できる見通しが必要ですよ。

利子なしの期間は1週間のところもあれば30日間のところ、5万円まで180日間のところもありますので、借入金額や返済できる見通しを考えて借入先を決めましょう。

  • 利子なしの期間は1週間
  • 利子なしの期間は14日間
  • 利子なしの期間は30日間
  • 利子なしの期間は5万円まで180日間

ちなみに5万円まで180日間利子なしの場合は、5万円を超える借入金には通常の利子が必要になりますよ。

【おすすめの記事】

消費者金融の無利息期間を比較!自分にピッタリな商品を探そう

意外に難しい…利子なしでお金を借りるその他の方法

ここまでカードローンで利子なしの借入方法を紹介していきましたが、実は他にもお金を借りる方法がありますね。

  • 公的な貸付
  • 親類や友人から借りる

公的な貸付には利子なしもある

公的な貸付には生活福祉資金貸付制度や母子父子寡婦福祉資金貸付金等があります。

カードローンは安定した収入がなければ申し込むことができない商品となっていますが、公的な貸付の場合は住民税が非課税程度であることが貸付条件となっていますよ。

お金の借入先 利用条件
カードローン 安定した収入がある方
公的な貸付 住民税が非課税程度の方

生活福祉資金貸付制度の場合は、必要な資金を他から借り受けできない方が生活ができるようになるまでの救済策となっているのです。

そのため、利子なし、返済期間も最長20年と優遇されていますよ。ただし、審査には最低でも1ヶ月ほどかかってしまうため余裕を持った申し込みが必要になります。

親類や友人から借りる

親類や友人から借りる方法には、抵抗がある方も多いですよね。親に心配かけたくない、友達関係を壊したくないといった理由からですね。

確かに友人とはお金の貸し借りをしない方が無難です。お金が絡むと友情にヒビが入ってしまうからです。

親類はどうでしょう?親類の場合は、それぞれの状況にもよりますが、「心配をかけたくない」「頼れない」「言い出せない」と、借りない理由も様々です。

けれど利子なしで借りる可能性が高いのは、親などの家族からの借入れが一番安心ですね。

もちろん「そんなことはできない」というケースでは、カードローンが一番スムーズな借入方法となります。

これで納得!利子を払ってもカードローンが一番安心

ここまで見てきて、利子なしでお金を借りるにはカードローンの利子なし期間を利用する、公的な貸付を利用する、親類や友人から借りると言った3つの方法があることが分かりましたね。

けれど、公的な貸付を利用するには住民税の非課税程度でなければ申し込むことができませんし、親類や友人からお金を借りるとその後の付き合いに影響します。

これらのことを考えると、カードローンでお金を借りるのが一番手っ取り早い方法となりますね。

カードローンの利子はどのくらい?

カードローンでお金を借りるには利子なし期間で全額返済しなければ、利子なしでお金を借りることはできません。

けれど利子なし期間を過ぎても、なるべく早くお金を返済していくとATMの時間外手数料よりも安く抑える事もできるのです。

借入金額3万円 利子(手数料)
ATMの時間外 108円~216円
消費者金融 148円(金利年18%)

ATMは自社ATMを利用するのか提携ATMを利用するのかで時間外手数料も変わってきます。提携ATMを利用した場合は時間外手数料は216円となります。

一方、3万円を金利年18%のところで10日後に返済した場合の支払利子は148円となりますので、時間外手数料よりも安くなっていますね。

ポイントは少額を借りて、早めに返済することです。

1週間の無利息サービスがあるところでは、実質支払う利子は3日分となりますので、利子は44円となります。

利子44円で、親類や友人に負い目を持たずにお金を借りることができたり、1ヶ月も審査のかかる公的貸付を利用しなくて済んだりするのであれば、カードローンの借入れで気持ちがラクになりますね。

閉じる
閉じる