お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

学生でも借りられる?学生が銀行からお金を借りる方法

サークルや飲み会・旅行など、学生であってもお金が必要になることは多々ありますよね。親元を離れて一人暮らしをしている学生であれば、生活費や授業料を負担していることもあります。

「今月はどこかからかお金を借りないとやっていけない…」「誰かお金を貸して!」なんていう状況になることもあり得ますよね。

そんな時に役立つのが学生でも借りられる金融機関を知っておくことです。学生が借りられる金融機関は学生ローンだけではありません。銀行でも借入可能なところがありますので、紹介していきますよ。

絶対に知っておくべき!学生が銀行からお金を借りる条件

学生がお金を借りようと思ったら学生ローンがありますが、銀行カードローンでもお金を借りることができます。

ただし、お金を借りるためには以下の条件を満たす必要がありますよ。

  • 20歳以上の成人であること
  • アルバイトなどで収入があること

未成年の学生やアルバイトなどで申し込む本人に収入がない場合は、銀行カードローンの利用ができないのです。

20歳以上の成人であること

民法では成人にならないと法律行為を行うことができないため、未成年の学生はローン契約を単独で結ぶことができません。

単独でローン契約を結ぶことができないということは、親権者の同意が必要になるということです。ただし親権者の同意があればローン契約を結べるというわけでもないのです。

そもそも「親権者の同意があれば未成年者でも借入可能」としている商品がありませんので、未成年者は銀行カードローンに申し込むことができないのです。

アルバイトなどで収入があること

銀行カードローンも学生ローンも申し込む本人に収入がなければ申し込むことができません。申し込む本人が働いて収入を得ていることが条件ですので、親からの仕送りは収入とはみなしません。

学生の場合はアルバイトで十分ですので、勤務先があり、毎月継続して収入があることが重要ですよ。

  • 勤務先がある
  • 毎月継続して収入がある
  • 勤続年数が長い

アルバイトでは、勤続年数が長いこともポイントになります。勤続年数が長いということは、それだけ安定して収入を得ていることになりますので、突然無職になる可能性は低いと判断されますよ。

未成年の学生はどうしたらいい?未成年がお金を借りる方法

先ほど紹介した通り、未成年の学生は銀行カードローンに申し込むことができません。それでは大学や専門学校に入ったばかりの未成年の学生はどうしたらいいのか悩みますよね。

そんな時は、学生ローンを検討してみましょう。

未成年に対応している学生ローン

学生ローンも基本的には20歳以上の安定した収入のある学生を融資対象としていますが、中には未成年の申し込みに対応している所もあります。

ただし未成年に対応している学生ローンは少なく、しかも親の同意を必要としている場合がありますのでしっかり利用条件を確認しましょう。

未成年は闇金に気をつけよう

学生は法律行為を行うことができず社会的な経験も少なく未熟な存在となっていますので、甘い言葉に騙されやすいと思われています。

例えば「審査なしで誰でも借入OK」「在籍確認なしで融資可能」といった広告に飛びつきやすいということですね。

こういった広告は闇金の広告だと判断できます。お金を借りる時には、必ず審査があります。審査なしはあり得ません。

借りやすいからと言って何も考えずに申し込みをすると、違法業者で借りてしまい、借り入れした後にトラブルになりますよ。

違法業者からは借りない

違法業者からは借りない姿勢が大切です。違法業者かどうか判断に迷ったら「貸金業者登録番号」をチェックしましょう。

金融庁のホームページには「登録貸金業者情報検索サービス」があります。この検索サービスで登録番号をチェックすると違法業者かどうか確実に分かりますよ。

学生がお金を借りられる銀行カードローンとは

それでは話しを元に戻して、学生が銀行からお金を借りる方法について見ていきましょう。

学生がお金を借りられる銀行カードローンには、利用条件やホームページ内に「パート・アルバイトでお勤めされているかたであれば、学生のかたもお申込みいただけます」といった一文があります。

反対に学生が借りられない銀行カードローンでは、利用条件に「学生の方はお申込みいただけません」といった言葉があります。どちらの言葉もない場合は、電話で問い合わせてみると解決しますよ。

電話と聞くと構えてしまうこともありますが、銀行や正規のカードローン会社であれば親切な対応で評判のいいところが多いので、勇気を出して問い合わせてみましょう。

学生可能な銀行カードローン

学生が申し込める銀行カードローンも数が少なくなっています。学生が借りられる銀行カードローンを探そうと思ったら、まずは地方銀行のカードローン商品を見てみましょう。

地方銀行のカードローン商品をチェック

ネット銀行のカードローン商品をチェック

地方銀行はアルバイトの給料の受け取り口座になっていることもあり、同じ銀行でカードローン商品も利用できると使い勝手が良いですね。

それでも、地方銀行のカードローン商品は学生が借りられないことが多いです。そこで次にチェックしたいのがネット銀行のカードローン商品です。

ネット銀行も視野に入れて考える

ネット銀行のカードローン商品では、数少ないですが学生の申し込みに対応しているところがあります。

もちろん、満20歳以上で、パート・アルバイトで安定した収入を得ている方であれば、学生でも申込可能となっています。

地方銀行では、利用できる地域が限られていることもありますが、ネット銀行なら住んでいる地域の心配はありませんね。

本当に必要?学生がお金を借りる前に確かめておきたいポイント

ここまで学生がお金を借りる方法について紹介してきましたが、最後にお金を借りることが本当に必要なのか、借りる前に確かめておきたいポイントを見ていきましょう。

  • お金が足りなくなったら正直に親に相談
  • 本当に必要なお金なのかもう一度考えてみる
  • 借りられる金額ではなく返済できる金額で考える

お金が足りなくなったら正直に親に相談

銀行カードローンでお金を借りると、誰にも迷惑をかけずに、周りに内緒でお金を借りることができます。けれど、お金を借りると利息をつけて返済していかなければなりません。

銀行カードローンの金利は消費者金融と比べると低く、年14.0%台で借りることが可能になっています。

それでも金利年14.5%のところで10万円を借り、1年間で返済していこうと思ったら8,020円の利息を払うことになります。

本当にお金が足りず、それが学費や生活費といったどうしても必要な費用であるならば、正直に親に相談すると借入れの必要はなく協力してもらえることもありますよね。

本当に必要なお金なのかもう一度考えてみる

学費や生活費といった絶対に必要な費用で借入を考えているのであれば本当に必要なお金だと言えます。

けれど、友達と飲みに行く費用や旅行に行く費用といった交際費の場合は、お金を借りてまで参加するのは避けた方が無難です。

断りづらいということもありますが「ごめん、今月お金が足りなくて参加できない」と言える仲間と無理なく付き合うのが一番ですね。

借りられる金額ではなく返済できる金額で考える

お金を借りる時には「いくらまで借りられるのか」といった借りられる金額に注目しがちですが、借りられる金額ではなく返済できる金額に目を向けましょう。

お金を借りたら返済しなければなりません。返済は毎月行う必要があるため、無理のある返済計画では返済するのが辛くなってしまいます。

そこで借りる時から返済に注目して、無理なく返済できる金額はいくらなのかを把握しておくと、借りた後も安心して返済していくことができます。

返済計画の作り方

お金を借りる時には返済計画を作っておくと完済までの回数や返済総額が把握できます。

まずは、月々の収入から返済に回せる金額を計算しましょう。

月々の収入から返済に回せる金額を計算

「毎月返済額」の表をチェック

借入額の確認

返済額には「毎月返済額」といった表がある銀行が多いです。この表を利用すると、借入額(利用残高)がいくらだと毎月の返済額がいくらになるのかが分かります。

利用残高 毎月返済額
10万円以内 2千円
10万円超30万円以内 5千円
30万円超50万円以内 1万円
50万円超100万円以内 1万5千円

上記の表を見ると「毎月2,000円なら返済できる」という場合は、借入額は10万円以内となりますね。表の返済額は最低返済額となっていることが多いため、最低返済額で返済していくと利息は高くなります。

そのため毎月2,000円に決めたから、いつでも2,000円しか返済しないのではなく、臨時収入があった時や予想よりもシフトに入れて収入が多かった月には、多めの返済をすることがポイントですよ。

月々の返済額は余裕を持った金額を選び、臨時収入は繰り上げ返済に回すのが賢いカードローンの利用方法ですね。

消費者金融も借入可能

学生の借りられる借入先は銀行カードローンに限らず、ほとんどの消費者金融でも借入可能となっています。ただし利用条件は銀行カードローンと同じで20歳以上で安定した収入がある人となります。

銀行カードローンと比べると消費者金融は金利が高くなっていますので、できることなら銀行カードローンを第一希望とした方が返済総額を抑えることができますね。

ここまで見てきて分かった通り、学生がお金を借りようと思ったら、まずはアルバイトで安定した収入を得る事から始めましょう。

勤続年数1年以上が安定した収入の目安となりますよ。

閉じる
閉じる