お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

お金を借りる時の利子はいくら?SMBCモビットの金利から調べる

お金を借りると、返済する時には借りたお金の返済に加えて利子を払います。利子はお金を借りた時に支払うレンタル料のようなものですね。

DVDを借りた時に支払うレンタル料がお店によって異なるように、お金を借りた時に支払うレンタル料(利子)も借入先によって異なります。

ここではSMBCモビットを例に挙げ、他の消費者金融との金利の違いを比べていきますよ。また利子は返済方法によっても変わってきます。

支払う利子についてしっかり理解し、少しでもお得にお金を借りましょう。

SMBCモビットと他の消費者金融の金利を比較!

まずはSMBCモビットと他の消費者金融の金利を比べてみましょう。

消費者金融 金利 利用限度額
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 800万円まで
消費者金融A 年3.0%~18.0% 800万円まで
消費者金融I 年3.0%~18.0% 800万円まで
消費者金融P 年4.5%~17.8% 500万円まで

上記は全て大手消費者金融の金利となりますが、SMBCモビットの金利とほぼ同じになりますね。

一番下の消費者金融Pでは、利用限度額が500万円までとなっていますので、金利も年4.5%~と他の3社と比べると高めの設定となっていますよ。

最初にレンタル料(利子)は借入先によって異なると言いましたが、上記のように同じところもあります。けれど審査基準は異なりますので、どの金利に注目するべきなのかを見ていきましょう。

もう迷わない!カードローンの金利は上限金利に注目

カードローンの金利を見ると、ほとんどの所は幅があって分かりにくいですよね。先ほどの表を見ても年3.0%~18.0%と表示があり、どの金利が適用になるのか分からないですよね。

そんな時には上限金利に注目しましょう。

最初の借入れでは、利用限度額も低く上限金利が適用となることが多いのです。

上限金利に注目する理由

最初の借入れでは、消費者金融と信用関係が築けていないため利用限度額は低くなります。返してもらえるのか分からない相手に、高額を貸しつけるのはキケンですよね。

そのため先ほど紹介した通り、最初の借入れでは利用限度額は低くなるのです。信用関係が築けると、増額審査に申し込み利用限度額を引き上げることができますよ。

利用限度額を引き上げることができると、それに伴って金利は引き下げることができるのです。

利用限度額が100万円未満の時には、上限金利が適用となりますので、最初の借入れでは上限金利に注目する必要がありますよ。

最初の借入れでは信用関係が築けていない

利用限度額が低く設定(100万円未満)

金利は高く設定(上限金利)

金利を高く設定することで、万一返済してもらえない状況になってしまっても、できるだけ消費者金融が損をしないようにしているのです。

利用限度額が100万円以上となると、利息制限法で上限金利は年15.0%となっていますので、消費者金融も年15.0%を超える利息の請求はできませんよ。

SMBCモビットの上限金利

SMBCモビットも上限金利は年18.0%と設定してありますが、利用限度額が100万円以上となった時には、上限金利は年15.0%に必ずなります。

けれど何度も言いますが、最初の借入れでは100万円以上の利用限度額となることは稀ですので、SMBCモビットの上限金利となる年18.0%が適用されるケースがほとんどですよ。

具体的に知りたい!SMBCモビットでお金を借りた時の支払総額

それではSMBCモビットでお金を借りた時には、いったいいくら利子を支払うことになるのか具体的に見ていきましょう。

借入額 月々の返済額 返済回数 支払う利子
10万円 5,000円 24ヶ月 19,772円
10万円 10,000円 11ヶ月 9,158円
10万円 15,000円 8ヶ月 6,153円

同じ10万円を借りても、月々の返済額が増えれば増えるほど、支払う利子は減ってきています。

そのため、月々いくら返済できるかがポイントになりますね。

利子は日割計算

カードローンの利子は日割計算となってます。ホームページに書いてある年3.0%~18.0%といった金利は、年率となります。年率とは1年間に支払う利子ですね。

そこから1年間である365日で割って、1日当たりの利子を計算することができるのです。式で表すと「借入額×年率(1年間に支払う利子)÷365日×借入日数」でおおよその利子の計算ができますよ。

例えば10万円を30日借りた場合は、10万円×18%(0.18)÷365日×30日=1479が支払う利子となります。うるう年の場合は、年366日で計算しますよ。

利子は日割計算となっているため、早めに返済していくと借入日数が減り、支払う利子も減るということですね。

繰上返済を利用!支払う利子を減らす方法

繰り返しになりますが利子が日割計算ということは、借入日数を減らすと、支払う利子も減らすことができます。そこで利用したいのが繰上返済になります。

SMBCモビットの返済方法

SMBCモビットの返済方法は3種類あります。

  • ATM返済
  • 振込返済
  • 口座振替

ATM返済では、全国の銀行やコンビニなどの提携ATMを利用することができます。三井住友銀行ではATM利用手数料が無料となっていますので、気軽に利用することができますよ。

振込返済では、現在利用している金融機関の口座から、SMBCモビット指定の預金口座へ振込することで返済します。

口座振替では、三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座のある方は、預金口座から自動引落しで返済することができます。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行に預金口座のある人は、口座振替を利用すると毎月の返済日を気にする必要がないのでラクですね。

SMBCモビットは繰上返済にも対応

SMBCモビットでは、繰上返済にも対応しています。返済日以外でも、借り手の都合に合わせて借入れした当日からでも繰上返済することができます。

例えば10万円借りて、1週間後のボーナスで全額返済することができるという場合は、サクッと全額返済した方が支払う利子を抑えることができますよ。

先ほどの利子を計算する式に当てはめると「10万円×18%(0.18)÷365×7日=345」となりますので、支払う利子は345円で済みます。

これを翌月の返済日(例えば30日後)まで待って返済すると「10万円×18%(0.18)÷365×30日=1479」となりますので、4倍以上の利子を支払うことになりますよ。

借入日数 支払う利子
7日 345円
30日 1479円

利子をいくら支払うかは、返済期間を短くすることで変えていくことができるのです。

そのため「なるべく利子を払いたくないな…」と思ったら、お金が必要な日に必要な金額だけを借りて、ボーナスや臨時収入等で返済の見通しが立った時にすぐに返済することがポイントになります。

借入れ前に返済計画を立てることで、返済の見通しを立てることができますね。

借入れ前には返済計画を立てる

お金を借りる時には、返済計画を立てておくと、いつ返済が終わるのか、いくら利子を支払うことになるのか、事前に把握することができます。

何か月にも渡って返済していく予定であるなら、利子の計算は複雑になりますので返済シミュレーションを利用しましょう。

返済シミュレーションでは、利用希望額、毎月の返済額、金利を入力するだけで、返済回数が分かり支払う利息も分かります。

  • 利用希望額
  • 毎月の返済額
  • 金利

SMBCモビットの返済シミュレーションでは、上記を入力すると返済月数と最終回の返済額が分かりますので、毎月の返済額×(返済月数-1)+最終回の返済額から借入額を引いた金額が支払う利子となりますね。

例えば、10万円を借入れし毎月5,000円ずつ返済していく予定で返済シミュレーションを利用すると、返済月数24ヶ月、最終回の返済額4,772円と結果が表示されます。

ここから、毎月の返済額5,000円×23ヶ月+4,772円=119,772円が支払総額だと分かります。借入額は10万円なので支払う利息は19,772円だと分かりますね。

SMBCモビット 返済シミュレーション 返済シミュレーション
利用希望額 100,000円 100,000円
毎月の返済額 5,000円 100,000円
金利 年18.0% 年18.0%
返済月数 24ヶ月 7日間
最終回の返済額 4,772円
支払総額 119,772円 100,345円
支払利子 19,772円 345円

同じ10万円を同じ金利で借入しても、返済期間が7日では345円の利子、2年(24回払い)に分けて返済すると19,772円の利子となりますので、返済方法でも支払う利子は違ってくるのです。

少しでも利子の負担を軽くしようと思ったら、金利の他にも返済期間にも気をつけてお金を借りると良いですね。

閉じる
閉じる