お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

消費者金融で50万円借りたい!利息はいくらになる?

50万円借りようと思ったら、消費者金融でお金を借りると気楽です。

親や友人からお金を借りると、後々の関係に影響を及ぼしますが、消費者金融であればキッチリお金さえ返すことができると、その後の関係に影響は及ぼしません。

むしろキッチリお金を返したことで優良顧客として信用を築くことができます。そのため50万円の借入には、消費者金融を選ぶと便利ですよ。

けれど、消費者金融での借入れで気になるのは利息ですよね。ここでは、その利息について一体いくら支払うことになるのか、利息を抑える方法はないのか見ていきますよ。

どこも同じ?消費者金融で50万円借りる時の利息について

消費者金融で50万円借りようと思ったら、利息はたいてい年18.0%となります。

消費者金融 金利
大手消費者金融A 年3.0%~18.0%
大手消費者金融P 年4.5%~17.8%
中小消費者金融F 年7.3%~20.0%
中小消費者金融C 年4.8%~18.0%

中小消費者金融では上限金利が年20.0%のところもありますが、利息制限法で10万円以上の上限金利は年18.0%と決まっていますので、50万円の借入であれば金利は年18.0%となりますよ。

そのため、上限金利が年17.8%の消費者金融Pを除けば、利息は年18.0%となるのです。

「どこも利息が同じなら、どこで借りても同じでしょ?」と思いがちですが、実は返済額は各消費者金融によって変わってきますよ。

消費者金融によって返済額は違う!気になる返済額の比較

消費者金融の利息は同じでも、返済額は違うと聞いて「何で?」と思う人もいますよね。

消費者金融 月々の返済額 返済総額(36回払い)
大手消費者金融A 18,076円 650,721円
大手消費者金融P 18,026円 648,918円
中小消費者金融F 18,076円 650,736円
中小消費者金融C 18,015円 648,487円

上記はいずれも各消費者金融の返済シミュレーションを利用しています。

意外にも中小消費者金融Cが月々の返済額も少なく、返済総額が一番少なくなっていますね。金利が一番低い大手消費者金融Pよりも返済総額が低くなることには驚きですね。

この返済額の違いはどこから来るのかと言えば、返済方式の違いからです。

消費者金融 返済方式
大手消費者金融A 定率リボルビング方式
大手消費者金融P 残高スライド元利定額返済方式
中小消費者金融F 元金自由返済方式または元利均等返済方式
中小消費者金融C 借入残高スライドリボルビング方式

上記のように様々な返済方式がありますので、お金を借りる前には返済シミュレーションを行って、月々いくらの返済になるのか、返済総額はいくらになるのか、あらかじめ把握してから申し込むと安心です。

返済期間によっても支払う利息は変わってくる!返済期間の比較

返済期間によっても支払う利息は変わってきます。

例えば、大手消費者金融Aで返済期間を36回から46回へ変更すると返済総額は以下になります。

大手消費者金融A 月々の返済額 返済総額
36回で返済 18,076円 650,721円
46回で返済 15,125円 695,756円
同じ消費者金融で借入をしても、返済期間が10回長くなると、返済総額は45,000円も増えてしまいます。その代り月々の返済額は3,000円低くなっていますね。

これは、利息の計算が日割計算だからです。利息は借入した日数分だけ支払うことになっていますので、早く返済すればするほど支払う利息を安く抑えることができるのです。

まとめ!消費者金融で50万円借入した時の利息

ここまで見てきて、消費者金融で50万円借入した場合の利息は、金利・返済方式・借入日数によって異なることが分かりましたね。

  • 金利
  • 返済方式
  • 借入日数

金利は低い方が利息の負担が軽い

一般的には、金利は低い方が利息の負担は軽くなります。

銀行カードローンの年14%台の金利と消費者金融の年18.0%では、銀行カードローンの方が利息の負担は軽く済むのです。

けれど年18.0%と年17.8%と言った0.2%の違いであれば、利息の計算の仕方(返済方式)や借入日数によっては、利息の負担は変わらないことも分かりましたね。

借入日数

借入日数は短い方が利息の負担は軽くなります。

年18.0%の金利で50万円を借入れして、ボーナス等で翌月1回で返済した場合の利息は7,500円となります。

返済回数 月々の返済額 利息 返済総額
1回 507,500円 7,500円 507,500円
12回 45,839円 50,074円 550,074円
24回 24,962円 99,079円 599,079円
36回 18,076円 150,721円 650,721円

借入日数が長くなればなるほど、利息は増えていますね。

余裕がある月には随時返済を利用して、なるべく早めに返済することが利息の負担を軽くするポイントになりますよ。

返済シミュレーションを上手に活用

繰り返しにもなりますが、50万円借入したいけど利息はいくらになるのか気になる時には、返済シミュレーションを利用しましょう。

各金融機関のホームページにありますので、借入希望額、金利、返済回数等を入力すると、月々の返済額、支払利息、返済総額等の返済計画表を見ることができますよ。

もちろん返済シミュレーションは目安ですので、借入後に全く同じ返済計画表になるわけではありませんが、借入前に目安として月々の返済額や返済総額等を知っておくと、借入後の精神的な負担も緩和されますね。

お金を借りる前には、完済までを視野に入れて返済計画を立てておくと、借入した後も安心して利用することができますよ。

閉じる
閉じる