お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

消費者金融の金利はどれくらい?一般的な上限金利でシミュレーション

消費者金融の金利は、だいたい年3.0%~18.0%となっています。中小消費者金融となると、上限金利を年20.0%に設定している所もありますね。

消費者金融の金利は、法律に基づいて上限が決められているため、勝手に年29.2%にするといったことは出来ないのです。

そこで、法律で決められている上限金利となる年18.0%を設定しているところが多いのですね。

ここでは、法律で定められている金利、大手消費者金融の金利について、年18.0%の金利では毎月どのくらいの利息を払うのか等を見ていきます。

法律で定められている上限金利は年15%~20%

消費者金融の金利は「利息制限法」と「出資法」といった、2つの法律によって上限金利が決められています。

法律 上限金利
利息制限法 貸付額に応じて年15%~20%
出資法 年20%
以前は利息制限法と出資法の上限金利に差があり、この差が「グレーゾーン金利」となっていましたが、現在では出資法の上限金利が年20%に引き下げられ、グレーゾーン金利は無くなりました。

利息制限法の金利は、貸付額によって上限金利が変わりますが、利息制限法の上限金利を超える金利での貸付は民事上無効となり、行政処分の対象となっていますよ。

貸付額 上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

例えば30万円の貸付をする時に、金利年20.0%とした場合は、年18.0%を超えた部分が無効となり、行政処分の対象となります。もし、出資法で定められている年20%を超えた場合は、刑事罰の対象となりますよ。

正規の消費者金融では、この利息制限法に基づいた上限金利を適用していますので、金利はだいたいどこも同じになってしまうのです。

大手消費者金融3社の上限金利と下限金利の一覧と適用される金利

それでは、大手消費者金融3社の上限金利と下限金利を見てみましょう。

大手消費者金融 金利
消費者金融A 年3.0%~18.0%
消費者金融I 年3.0%~18.0%
消費者金融P 年4.5%~17.8%

先ほど紹介した通り、利息制限法では貸付額に応じて三段階に上限金利が決められています。けれど、下限金利に対しては特に制限がないため、各社自由に設定してあります。

初めての借入れであれば、100万円以上の高額融資は期待できませんので、適用される金利は上限金利となる年18.0%もしくは年17.8%となりますよ。

中小消費者金融の上限金利と下限金利

ちなみに、中小消費者金融の上限金利と下限金利は以下になります。

中小消費者金融 金利
消費者金融F 年7.3%~20.0%
消費者金融C 年4.8%~18.0%
消費者金融R 年8.0%~20.0%

中小消費者金融では10万円未満の借入れとなることもあるため、上限金利が年20.0%となっているところもあります。

もちろん大手消費者金融と同じように、借入額が10万円以上になった時には上限金利は年18.0%になりますよ。

年18.0%の金利では毎月どのくらい利息を払う?

消費者金融でお金を借りると、だいたいのところで上限金利の年18.0%が適用されることが分かりましたね。

次に、この金利が適用された場合にどのくらいの利息を払うことになるのかを紹介していきましょう。

利息の計算方法

利息の計算方法としては、借入額×金利÷365日で1日分の利息が計算できます。

つまり借入額が10万円、金利が年18.0%であれば、10万円×18.0%÷365日=49.3円が1日に払う利息となります。

そうすると、1ヶ月に支払う利息は49.3円×30日=1479円が1ヶ月に払う利息となりますね。初回に約1,500円の利息を支払うと考えましょう。

返済額に占める利息

10万円借りて毎月4000円ずつ返済していくと、支払う利息が1,500円、元金の返済が2,500円となります。翌月の利息は借入残高に応じて計算しますので、残金97,500円×18.0%÷365日×30日で計算しますよ。

毎月の返済額は4,000円と変わらないため返済し続けていくと、月々に支払う利息が毎月減っていき、元金の返済に充てる金額は増えていきます。

返済額 利息充当 元金充当 残元金
4,000円 1,500円 2,500円 97,500円
4,000円 1,462円 2,538円 94,962円
4,000円 1,424円 2,576円 92,386円

表からも分かるように、初回に支払う利息が一番高く、その後は回を増すごとにどんどん減っていますね。

いくら借りたら利息の負担が重くなる?

毎月の最低返済額は各業者によって異なりますが、参考までにある消費者金融で金利年18.0%で契約した場合の利息と最低返済額は以下になります。

借入額 月々の利息 最低返済額
10万円 1,500円 4,000円
30万円 4,500円 11,000円
40万円 6,000円 11,000円
50万円 7,500円 13,000円

借入額が40万円の時は、月々の利息が6,000円となりますので、元金の返済額5,000円よりも支払う利息が高くなってしまいます。これではなかなか元金が減らなくて、利息の負担が重くなってしまいますね。

返済計画を立てる時には、一歩踏み込んで返済額の内訳まで見てみると、いくら利息を払っているのかも自覚できますよ。

これで納得!消費者金融の金利について

最後に消費者金融の金利についてまとめておきましょう。

  • 利息制限法によって上限金利が決められている
  • 初回契約は、だいたい上限金利が適用される
  • 消費者金融の上限金利はだいたい年18.0%が適用
  • 年18.0%の金利で10万円借りた場合の初回利息は約1,500円
  • 支払利息が元金返済額より高くなると、返済が苦しくなる

消費者金融を利用するメリットと言えば、スピード審査や使い勝手の良さが挙げられます。

高額融資を希望する場合は、低金利の銀行カードローンが向いていますが、少額を短期間借入する予定であれば、消費者金融の方が向いているケースもあります。

お金を借りる時には、金利はどうしても付き合わなければならないものです。しっかり金利を把握して、自分にとって都合の良いところで借入しましょう。

閉じる
閉じる