お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

15万円必要!今日中にお金を借りるテクニック

今日中にお金が必要になる事ってありますよね。パソコン代・車の修理費・家の修繕費・引っ越し代金等、状況にもよりますが、だいたい15万円程度が必要になります。

15万円という金額は必要最小限の借入をしていると判断するには、ピッタリな数字になります。10万円では少ないけれど20万円では多い場合には、15万円が丁度良いですね。

ここでは今日中にお金を借りるテクニックを見ていきます。おススメは即日融資になりますよ。

締め切り時間をチェック!今日中にお金を借りるテクニック

今日中にお金を借りようと思ったら、まずは申し込みの締め切り時間に注目しましょう。

今日中にお金を借りるには振込キャッシングとローンカードを使ってATMからお金を借りる方法がありますね。

  • 振込キャッシング
  • ATM

それぞれの申込方法ごとに締め切り時間をチェックしましょう。

振込キャッシング

振込キャッシングの場合は振り込む時間が必要になるため、締め切り時間は金融機関の営業時間も考えて平日14:00までとなっているところが多いです。

この平日14:00という時間は統一しているわけではありませんので、金融機関によっては「午前中の申込み」としているところもあれば、「14:30まで」としているところもあります。

けれど、多くの金融機関では14:00までとしているところが多いため、14:00までにどの手続きまで終わっていなければいけないのかもチェックしておきましょう。

  • 申し込みが完了
  • 審査が完了
  • 契約手続きが完了

手続きの過程には上記の3段階があります。

申し込みさえ完了していれば、即日融資の可能性があるのか、審査結果が可決の時点で即日融資が可能となるのか、契約手続きまで完了してあとは振り込みだけの段階になっておく必要があるのか、チェックしましょう。

安心して申し込みをするためには、13時までには申し込みをして、14時までには契約手続きが完了している状態がいいですね。

ATMで借入

振込キャッシングが時間的に間に合わない場合には、申し込み後に自動契約機で契約手続きをすると今日中に借りられる可能性があります。

パソコン・スマホから申込み

審査

審査結果の連絡

自動契約機で契約

ローンカードの発行

ATMで借入
金融機関によっても異なりますが、自動契約機の営業時間は年中無休(年末年始は除く)で8:00~22:00となっています。

申込みはネットから行っておくと、自動契約機に来店するとすぐに契約手続きを始めることができますね。

もちろん自動契約機に来店後に申し込みをする事もできますが、その場合は申込手続きの時間や審査時間も必要になるため滞在時間が長くなりますよ。

来店してすぐに借入したい場合は、事前に審査結果まで進めておくとスムーズですね。ローンカードを受取ると、併設のATMやコンビニATMから借入れすることができますよ。

指定口座ありなら更に便利!振込キャッシングの時間延長サービス

消費者金融の中には、初回に限り振込みキャッシングの時間延長サービスを行っているところがあります。

振込キャッシングの時間延長サービスでは、平日15:00以降も金融機関口座に振込み可能となっていますので、便利に利用できますね。

  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行

延長サービスの内容では、上記の口座を持っていて、はじめて借入れをする方に限って平日の18:00までの受付で、当日19:00までに振込みを実施するとなっていますよ。

申込み(ネット)

審査

契約

フリーコールへ電話(平日18:00までなら振込時間延長サービスの申込み)

指定口座へ振込(平日19:00まで)

インターネットで申し込み後に、フリーコールへ電話する必要があります。インターネットで振込手続きを行うと、時間延長サービスの対象外となりますよ。

ネット銀行なら振込実施時間が長い

楽天銀行やジャパンネット銀行等のネット銀行であれば、振込実施時間が長くなっています。

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月~日・祝日 0:10~23:50 受付完了後1分程度
ジャパンネット銀行 月~金・土・日・祝日 0:00~24:00 受付完了後10秒程度

ネット銀行に口座を持っており、これらに対応している金融機関を選ぶと平日14:00以降の契約であっても、すぐにお金を借りることができますね。

本人確認書類が必須!15万円借りるための書類

今すぐ15万円借りるために必要な書類と言えば、本人確認書類となります。

  • 運転免許証
  • パスポート

上記はどの金融機関でも本人確認書類として利用できるものですね。特に運転免許証は自動契約機等でも利用でき、スムーズに審査を進めるためにはピッタリな公的証明書類となります。

その他にも写真付きのマイナンバーカードや健康保険証等も該当します。

健康保険証には写真が付いていませんので、追加書類として公共料金の領収書、住民票、納税証明書等が必要になることがあります。

  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)
  • 住民票
  • 納税証明書

上記の書類は発行日または領収日から6ヶ月以内のものに限りますので、なるべく新しい書類が必要になりますね。

収入証明書が必要になる事も…?

15万円の借入であれば、収入証明書の提出は必要ありません。

けれど他社に借入れがあって、他社との借入額と合わせると借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要になります。具体的には、他社の借入れが既に85万円ある場合ですね。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書+賞与明細書
  • 市県民税納税通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(自営業者)

収入証明書は上記が該当します。今日中にお金を借りようと思ったら、所得証明書等の役場に行かなければ用意できない書類は用意できる人が限られますね。

他社から借入れがある方は、事前に借入残高をチェックして100万円を超えていないか確認しておきましょう。

今日中に15万円借りるなら消費者金融がおススメ

今日中に15万円借りるなら消費者金融がおススメになります。

銀行カードローンでは、審査に「警察庁のデータベースへの照会」が追加され、審査に時間がかかってしまうため、審査結果は最短でも翌営業日となってしまうのです。

金融機関 メリット デメリット
消費者金融 即日融資可能 銀行カードローンより金利が高い
銀行カードローン 低金利 審査に時間がかかる

上記の表を見ると分かるように、今日中にお金を借りようと思ったら消費者金融となりますね。

消費者金融は銀行カードローンよりも金利は高めに設定されていますが、はじめて利用する方に限って30日間無利息サービスを行っているところも多数あります。

こういったサービスを利用して、短期間で返済すると銀行の低金利よりも実質的な金利は低く抑えることができます。

そこで今日中に15万円借りようと思ったら、即日融資の締め切り時間をチェックする、必要書類を用意する、消費者金融を選ぶといったテクニックが必要になりますよ。

閉じる
閉じる