お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

知っていると安心!専業主婦でも借りれるキャッシングの選び方

専業主婦をしていると、ママ友とのランチ代や子どもの習い事の費用、ちょっとした家族旅行代、生活費が不足しそう、といったお金に関する悩みは切っても切れないですね。

「お金を借りたい」そんな風に思った経験も一度はありますよね。そこで、専業主婦でも借りれるキャッシング先を紹介していきます。

アルバイトやパート等で収入のある主婦の場合は、申し込む本人に収入があるため消費者金融・銀行カードローンのどこでも申し込みができます。

けれど専業主婦の場合は、申し込む本人に収入がないためキャッシング先をしっかり選ぶ必要がありますよ。

専業主婦がキャッシングを利用する理由とは

家計の管理をしている専業主婦なら、お金に関する悩みはつきませんよね。

  • ママ友とのランチ代
  • 子どもの習い事の費用
  • 家族旅行代
  • 生活費の不足分
  • 急な冠婚葬祭
  • 入院・治療費
  • 借金返済

上記が専業主婦にありがちなお金の悩みですね。

キャッシングを利用する時の申込み理由は、だいたいは「生活費」という方が多いです。

自分の娯楽のために利用するということは、ほとんど見られません。ママ友とのランチも子どもの付き合いがあるから…ということもあり得ますよね。

専業主婦でお金を借りようと思う時には、生活費や家族のため以外の理由となることは少ないのです。

専業主婦でも借りれるキャッシングと言えば、銀行カードローン

最初に紹介した通り、アルバイトやパート等で収入のある主婦の場合は、消費者金融や銀行カードローン等から借入先を選ぶことができます。

けれど専業主婦でも借りれるキャッシングと言えば、銀行カードローンになります。

銀行カードローンでは、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込むことができるのです。

金融機関 専業主婦の申し込み
銀行カードローン 配偶者に安定した収入があれば申込可能
消費者金融 配偶者貸付に対応しているところでは申込可能

銀行カードローンは配偶者に安定した収入があればOK

銀行カードローンは、配偶者に安定した収入があれば申込可能となっています。

もちろん専業主婦の申し込みに対応しているところに限りますよ。

配偶者に安定した収入があれば申込可能なところもありますし、配偶者の同意があれば申込可能なところもありますので、申込条件をしっかりチェックしましょう。

  • 配偶者に安定した収入があれば申し込みOK
  • 配偶者に安定した収入があり、配偶者の同意があれば申し込みOK

消費者金融は配偶者貸付に対応しているところで申込可能

専業主婦が消費者金融でお金を借りようと思ったら、配偶者貸付に対応しているところを探す必要があります。

残念ながら大手消費者金融では配偶者貸付に対応しているところはありませんので、中小消費者金融から探すことになります。

【関連記事】

即日キャッシング希望!中小消費者金融でおすすめ業者の紹介

配偶者貸付とは

配偶者貸付とは、配偶者の年収と申込者の年収をあわせた金額の1/3まで借入可能となる制度となります。

例えば配偶者の年収が300万円、申込者の年収が0円の場合は、合計の年収となる300万円の1/3までが借入可能額となりますよ。

配偶者が既に借入れをしている場合は、借入額も合算して考えます。

合計年収が300万円で借入可能額が100万円までの場合で、既に配偶者が50万円の借入をしている場合は、専業主婦の申し込める借入可能額は50万円までとなります。

配偶者の同意が必要

配偶者貸付では、配偶者の同意書の提出が求められます。そのため配偶者に内緒にしてお金を借りることはできません。

また配偶者との婚姻関係を証明する書類の提出も必要ですので、書類も多くなってしまいます。

  • 配偶者貸付に対応している中小消費者金融を探す
  • 配偶者に同意を求める
  • 婚姻関係証明書類が必要

専業主婦が消費者金融で借入をしようと思ったら、上記が必要になりますので銀行カードローンの方がスムーズに借りれますね。

カードローンのかしこい選び方!配偶者に内緒かどうかがポイント

カードローンを選ぶ時には、まずは配偶者に内緒なのか相談するのかを決めましょう。

内緒で借りたい場合には銀行カードローンとなりますね。

配偶者に内緒なら銀行カードローンがおススメ

銀行カードローンは、消費者金融と比べると低金利で利用することができます。

消費者金融の最高金利は年18.0%となっているところがほとんどですが、銀行カードローンの場合は年14.0%台となっているところがほとんどです。

銀行によっては年13.0%台のところもありますので、低金利で借りるには銀行カードローンを選ぶといいですね。

  • 配偶者に内緒で利用可能
  • 低金利で利用可能
  • 電話連絡は本人確認のみ

ただし先ほども紹介した通り、全ての銀行で配偶者に内緒で借入が出来る訳ではありません。

中には配偶者の勤務先へ在籍確認があるところもありますので、申込書に配偶者の勤務先等を記入する必要がある場合は、在籍確認があるのかチェックしておくと安心ですね。

銀行カードローンなら、金利が低く、返済総額を抑えることができます。既に口座のある銀行なら手続きもスムーズで、ATMの操作にも抵抗がないため利用しやすいですね。

配偶者に相談するなら借入先は広がる

配偶者に相談してお金を借りるなら消費者金融・銀行カードローンと借入先が広がります。

消費者金融の場合は、金利は高めとなってしまいますが、たいていの消費者金融は即日融資が可能になっています。

また無利息期間ありの商品も多数ありますので、上手に利用すれば利息0円でお金を借りることもできますよ。

  • 即日融資可能
  • 無利息期間ありの商品も多数ある

上記は消費者金融を選ぶメリットですね。中小消費者金融を選ぶ時には、初めて聞く名前の貸金業者もあることでしょう。

そんな時には、登録番号や金利をしっかりチェックし、正規の消費者金融であることを確かめてから申し込みましょう。

  • 登録番号をチェック
  • 金利をチェック(年20.0%以下)

それぞれの特徴を把握して、かしこくキャッシングに申し込みましょうね。

諦めない!専業主婦でも借りれるキャッシングはある

ここまで見てきて、専業主婦でも借りれるキャッシングはあることが分かりましたね。

しかも銀行カードローンや中小消費者金融から選ぶことができるため、思っていたよりも借入先が選べるのではないでしょうか。

配偶者の同意を得て利用する人も増えている

お金の相談はしにくいものですが、家族のために時間を使ってやりくりを行っていますので、配偶者に相談してみるのも一つの手段です。

実際には配偶者に相談し、同意を得て利用する人も増えてきています。しっかり働いている配偶者に負い目を感じる専業主婦の方は多いですが、困っている時こそ相談できる関係がステキですね。

配偶者に相談できると、一緒に返済計画を立てたり、家計について話し合ったりするキッカケにもなりますよ。

やっぱり相談は無理…そんな時の選び方

配偶者に相談しようと思ったけれど、やっぱり相談は無理だなぁ…という時には、何度も紹介していきましたが、銀行カードローンの申し込みとなりますね。

配偶者に内緒で借りるなら、世帯年収で申し込めたり、配偶者の勤務先の入力がなかったりするところが安心です。

もちろん、配偶者の勤務先を記入したからと言って、在籍確認の連絡が必ずあるという訳ではありませんので、勤務先を書いたらいけないとは思わないで下さいね。

しっかり注意事項を読んだり、気になる事は電話等で質問したりすると、気負わずに申し込めますよ。

少額で申し込む

銀行カードローンでは専業主婦の申し込みは、多くても50万円までとなっています。

50万円以内のキャッシングであれば、返済額も10,000円以内となっており、専業主婦でも日々のやりくりの中から返済可能な範囲でキャッシングができるのです。

利用残高 月々の返済額
10万円以内 2,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円

上記は、R銀行カードローンの返済額となりますが、利用残高が少なければ少ないほど返済額も少なくなっていますので、銀行側も貸しやすいですね。

そのため、初めてのキャッシングであれば借入希望額を低めに設定しておくと、銀行側も「返済してもらえる」と安心してお金を貸すことができますよ。

専業主婦でもキャッシングはできますので、あきらめずに自分の状況にあった借入先を選んでいきましょう!

閉じる
閉じる