お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

主婦がカードローンで50万円借りる方法。収入の有無で借入先も違う

「子どもの教育費で50万円必要」「家族旅行で50万円くらい用意したい」こんな時に頼りになるのがカードローンですね。

だけど、「主婦でも50万円借りられるの?」なんて思う事もありますよね。そこで、主婦の利用限度額について見ていきます。

結婚すると女性は「主婦」として、家庭生活のきりもりを行っている人が多いですが、その中でも正社員として働いている主婦、収入のない専業主婦、パートとして働くパート主婦など立場はそれぞれ違います。

ここでは、それぞれのケースに応じて紹介していきますよ。

カードローンで50万円借りられる?正社員で働く主婦の場合

そもそもカードローンで50万円借りようと思ったら、年収は150万円以上が必要になります。

これは貸金業法の総量規制に「年収の1/3を超える借入れはできない」としているからですね。50万円借りようと思ったら、年収は3倍の150万円以上が必要なのです。

貸金業法は消費者金融が守る法律となりますが、最近では銀行カードローンも貸金業法に準じて、貸し過ぎないことを意識していますので、年収の1/3が借入額の目安だと思っておくと借り過ぎを防げますよ。

年収 借入可能額
150万円 50万円
200万円 60万円
300万円 90万円

借入可能額は上記のようになりますよ。正社員の場合は年収150万円以上の可能性が高いですよね。月々15万円の給料でボーナスなしの場合でも、年収は180万円となります。

この時に計算する年収とは、税金や社会保険料を含めた収入の総額を指します。手取り年収ではありませんので、手取りでは月々12万円しかないよ…という方でも総支給額で考えて下さいね。

そのため正社員の主婦の場合は、自分の年収だけで50万円の借入を行うことができる可能性は十分ありますよ。

ただし勤続年数が短かったり、他社から既に借入れがあったりする場合は、いきなり50万円の利用限度額は難しいこともあります。あくまでも借入額は申し込む本人の状況次第となりますよ。

カードローンって利用できるの?収入のない専業主婦の場合

収入のない専業主婦の場合は、そもそもカードローンの利用ができるのか不安に思いますよね。答えは、利用できる所もあれば、利用できない所もあります。

借入先 専業主婦の利用の可否
銀行カードローン 可の商品もあれば、不可の商品もある
大手消費者金融 不可
中小消費者金融 配偶者貸付に対応しているところだけ可

銀行カードローンで借りる

専業主婦が銀行カードローンでお金を借りようと思ったら、利用限度額は商品次第となります。

カードローン 利用限度額
A銀行 専業主婦で配偶者に収入がある方は限度額50万円まで
R銀行 専業主婦の方については、利用限度額は50万円
J銀行 専業主婦(女性のみ可)の方で配偶者に安定した収入があれば利用可

上記A銀行やR銀行のように、専業主婦の利用限度額を定めている所もあれば、J銀行のように定めていない所もあります。

けれど収入のない専業主婦の申し込みでも、50万円の借入はできることが分かりましたね。

銀行によっては配偶者の同意を必要とするところもあり、勤務先欄には配偶者の勤務先を入力し、在籍確認は配偶者の勤務先となる場合もありますよ。

配偶者に内緒で利用したいのであれば、配偶者の勤務先を入力しなくてもいいところを探したり、専業主婦の申し込みは本人確認の連絡のみのところを探したりする必要がありますね。

中小消費者金融で借りる

専業主婦は大手消費者金融では借りられませんので、消費者金融で借りようと思ったら配偶者貸付に対応している中小消費者金融を選びましょう。

  • 配偶者の同意が必要
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類が必要

配偶者貸付では上記の書類の提出が必要です。そのため配偶者に内緒で借入することはできません。

けれど配偶者貸付では、配偶者の年収と合算して、二人分の借入れが二人分の年収の1/3まで借入れを行うことができるため、配偶者の年収次第では50万円を超える借入れも可能となりますよ。

反対に配偶者の借入れが既に年収の1/3に達している場合は、新たに専業主婦が借り入れをすることはできません。

いくらまで借りられる?パートで働く主婦の場合

配偶者の扶養内で働いている主婦も多いです。雇用形態はアルバイトやパートとなるケースが多いですね。

そんなパート主婦の場合は、申し込む本人に収入がありますので、正社員と同じように銀行カードローン、消費者金融いずれにも申し込むことができます。

ただし借入できる金額は年収の1/3となりますので、扶養内で働くつもりだから103万円以内に抑えている方も多いですよね。年収が103万円以内であれば、借入可能額は30万円までとなりますよ。

パート主婦は30万円まで?

借入額は年収に対して決まりますので、扶養内で働くパート主婦の場合は多くても30万円までとなる可能性が高いです。

年収 借入可能額
103万円 30万円
60万円 20万円
30万円 10万円

そこまで本格的に働くつもりはないから、月々5~6万円程度の収入で働いている場合は、年収は60万円~72万円となりますので、借入可能額は20万円までとなります。

そして、まだ子どもに手がかかるから更に抑えて月々3~4万円程度の収入で働いている場合は、年収は30万円~48万円となりますので、借入可能額は10万円までとなります。

もちろん、これらの借入可能額は最大金額となりますので、勤続年数や勤務状況等によっては更に借入可能額が下がることもありますよ。

【関連記事】

いくらまで借りられる?パート主婦がお金を借りるポイント

主婦がカードローンで50万円借りる方法

ここまで見てきて、主婦が50万円借りようと思ったら、主婦の状況によって借入先が変わってくることが分かりましたね。

正社員として働いている主婦であるなら、銀行カードローン・消費者金融のいずれでも50万円の借入希望額で申し込むことができます。

けれど収入のない専業主婦の場合は、配偶者に内緒かどうかで借入先が変わってきます。そしてパート主婦の場合は、パート収入だけでは50万円の借入は難しいことが分かりました。

50万円の借入 銀行 大手消費者金融 中小消費者金融
正社員で働く主婦
専業主婦 不可 可(配偶者の同意)
パート主婦 不可(年収が不足) 不可(年収が不足) 不可(年収が不足)

パート主婦の場合は、扶養範囲内で働いておらず年収が150万円以上の場合は、正社員で働く主婦と同じように銀行カードローン・大手消費者金融・中小消費者金融のいずれでも50万円の借入可能となりますよ。

主婦の場合でも、自分にピッタリな条件のところに申し込みをすると、50万円の借入をすることは可能です。

自分の状況にあったローンを見つけて、検討していきましょう。

閉じる
閉じる