今すぐお金を借りるための情報サイト

探せばある!専業主婦でもお金を借りる方法

生活費が足りない…冠婚葬祭の予定が入った…子どもの塾の講習代…毎月カツカツの生活なのに「どうしてもお金が必要」となった時にはどうしていますか?

特に専業主婦で自由に使えるお金が少なく、夫にも言い出しにくいな…という状況の時には、どうしたらいいのか困りますよね。

そんな時に知っておきたいのが、専業主婦でもお金を借りる方法です。ここでは、専業主婦が申し込めるカードローンや条件・利用までの流れ等を見ていきますよ。

知っていると安心!専業主婦でもお金を借りる方法がある

安定した収入のある人を対象としているカードローンですが、実は専業主婦でも対象となるカードローン商品があるのです。

そもそも、どうして安定した収入のある人しか申し込めないのかと言えば、安定した収入が無ければ借りたお金を返すことができないからですね。

けれど専業主婦であれば、夫の収入から返済することができるためカードローン審査に通ることができるのです。

職業 カードローン
無職 審査に通らない
専業主婦 審査に通るところもある

上記の表にあるように、専業主婦の場合はカードローンに申し込むと審査に通るところもあれば、審査に通らないところもあります。

そのため申し込む前に、申し込もうとしているカードローン商品は「専業主婦の申し込みに対応しているのか」を調べる必要がありますよ。

借入先 チェックポイント
銀行カードローン 申込条件で専業主婦の可否をチェック
消費者金融 中小消費者金融で配偶者貸付に対応しているかチェック

申し込む銀行カードローンが専業主婦に対応しているかチェック

銀行カードローンでは、申込条件に専業主婦の申込みについて触れているかがポイントになります。

  • 毎月安定した収入のある方、または専業主婦の方
  • 本人または配偶者に安定かつ継続した収入のある方

上記のように書かれている場合は、専業主婦の申込みが可能なところだと判断できますね。

【関連記事】

知っていると安心!専業主婦でも借りれるキャッシングの選び方

消費者金融が専業主婦に対応しているかチェック

消費者金融では、配偶者貸付に対応しているかがポイントになります。

大手消費者金融では配偶者貸付に対応していませんので、専業主婦が申し込むなら中小消費者金融の配偶者貸付に対応しているところとなります。

中小消費者金融であればどこでも対応しているというわけではありませんので、中小消費者金融で、かつ、配偶者貸付に対応しているところを探しますよ。

  • 配偶者の年収の1/3まで借入可能となる例外貸付に対応
  • 専業主婦の方もキャッシングを利用できます

上記のように書かれている場合は、配偶者貸付に対応していますので、専業主婦でも安心して申し込むことができますよ。

配偶者貸付とは、配偶者と併せた年収の1/3までのキャッシングが可能になる例外貸付けになります。

専業主婦の申込みも可能となりますが、配偶者の同意も必要となりますので、「夫には言い出せない…」という人は利用することができません。

また「専業主婦の方もキャッシングを利用できます」という文面は闇金にも見られます。間違えて闇金に申し込むことが無いように、中小消費者金融に申し込みをする時には登録番号をチェックしましょう。

夫に知られたくない!夫に内緒でカードローン契約するには

先ほど配偶者貸付について触れましたが、配偶者貸付を利用する時には夫の同意が必要になります。これは同意書の提出もありますので誤魔化すことはできません。

となると夫に内緒でカードローン契約をしようと思ったら、最初に紹介した銀行カードローンを利用することになります。

専業主婦が銀行でお金を借りる方法

専業主婦が銀行でお金を借りる時には、先述した通り専業主婦の申込みに対応しているかのチェックが必要になります。

そして、専業主婦の申込みに対応していることが分かると、次は勤務先に配偶者の勤務先を入力する必要があるのか、それとも専業主婦の場合は勤務先の入力は不要なのかをチェックしておきましょう。

配偶者の勤務先を入力する場合は、配偶者の勤務先へ在籍確認の電話がかかる可能性があるのです。

配偶者に内緒でカードローンを利用しようと思っているのに、配偶者の勤務先へ電話をかけられてしまうと困りますよね。そのため、配偶者の勤務先欄についても調べておくと安心ですよ。

銀行カードローンをチェック

専業主婦の申込みが可能かをチェック

配偶者の勤務先の入力が必要かをチェック

銀行カードローンなら専業主婦にも安心の金利

銀行カードローンでは、最高で年14.0%台の金利となっていますので専業主婦でも安心してお金を借りることができます。

銀行カードローン 金利
R銀行 年1.9%~14.5%
A銀行 年3.8%~13.8%
M銀行 年4.0%~14.5%

金利は融資額に対して設定されているところが多いです。金利には○%~△%と幅がありますが、高額融資の場合は低金利○%が該当となり、小額融資の場合は高金利の△%が該当となりますよ。

専業主婦の場合は、融資額が50万円までとなっているところが多いため、高い方の金利が設定されます。

表で見ると、14.5%や13.8%が該当しますね。中小消費者金融では、年20.0%や18.0%が該当しますので、低金利で選ぶ場合でも銀行カードローンがおススメとなりますよ。

実際にお金を借りるにはどうしたらいい?利用までの流れ

銀行カードローンで専業主婦がお金を借りるには、融資額が多くても50万円となりますので、必要書類は本人確認資料のみとなるところが多いです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート

上記が本人確認資料となりますね。申し込む前に用意しておくと、スムーズに借入まで進めることができますよ。

利用の流れ

夫に内緒で利用できる銀行カードローンに申し込むことを決めたら、借入れまでの流れは以下になります。

申込み(ネット・電話・郵送・来店)

審査

本人確認の電話(自宅・携帯電話)

審査結果

必要書類の提出

手続き完了

借入

申込先によって多少の違いはありますが、だいたいの銀行カードローンでは上記のような流れになります。必要書類の提出が申込み時の場合もありますので、申込み時に本人確認資料を用意しておくとスムーズですよ。

配偶者に安定した収入が必要

専業主婦が銀行カードローンを利用しようと思ったら、配偶者に安定した収入が必要になります。この時の安定した収入には、パートやアルバイトだけの収入は含まれません。

専業主婦が借り入れをするためには、配偶者の雇用形態は正社員となりますよ。

申込みは小額で!

銀行カードローンに申し込む時には、できるだけ小額で申込みましょう。

必要最低限の金額で申込むことで審査にかかる時間も短くすることができます。

最高額が50万円だからと言って50万円で申し込みをすると、入念な審査が必要になります。その点数万円の申込みであれば、計画的に申し込みをしていることが分かり、印象も良くなりますよ。

専業主婦の申込みの場合は家計から返済となるため、月々の返済も数千円単位で返済できる範囲での借入れが好印象です。

また長期間の返済になると精神的にも負担がかかりますので、小額を短期間で返済するのが理想ですよ。

閉じる
閉じる