お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

主婦がお金を借りる方法。事前に知っておけば賢く借りれる!

主婦がお金を借りる時には、パート等の収入があるのか、配偶者の同意があるのか等を事前にチェックしておくとスムーズに借入れができます。

このページでは、パート主婦の借入先、専業主婦の借入先の違いを見ていきますよ。

女性が借りやすいレディースローンの紹介もしていきますので、主婦が借りられるところはどこなのか、しっかり見極めていきましょう。

主婦が安心してお金を借りるために知っておきたい情報を紹介していきます。

主婦がお金を借りる方法!パート主婦の借入先

主婦と言えば、収入のあるパート主婦と収入のない専業主婦の方がいますね。

  • パート主婦
  • 専業主婦
もちろん正規社員で働いている主婦の方もいる事でしょう。けれど正規社員として働いている主婦の場合は、借入先に迷うことはありませんね。

正規社員であれば、いずれの借入先にも堂々と申し込むことができます。借入先の申込条件は大体以下のようになっています。

  • 20歳以上の方
  • 安定継続した収入がある方
  • 返済能力のある方

正規社員であれば、安定継続した収入があり、将来的にも継続した収入が見込めるため、何の問題も無く申し込むことができますね。

パート主婦の借入先

このページでは、パート主婦の借入先について紹介していきます。

パート主婦の場合は収入面や安定性は正規社員よりは劣りますが、パート主婦でも申し込む本人が働いてい収入を得ているため、いずれの借入先にも申し込むことができます。

ただし銀行カードローンでは年収制限があるところがありますので、そういった商品には申し込めません。

けれど銀行カードローンや消費者金融でも、利用条件が「安定継続した収入がある方」となっている場合は、パート収入でも十分に審査に通る可能性はありますよ。

パート・アルバイトもOK

各金融機関のホームページを見ると「パート・アルバイトもOK」と書いてあるところがあります。

利用条件にも「パート・アルバイトの方も可」と明記してあるところもありますので、「パート収入で審査が不安…」という方は、こういった商品を選ぶと安心して申し込めますよ。

詳しくはパート主婦のページを参考にしてみて下さいね。

主婦がお金を借りる方法!専業主婦の借入先

正規社員で働いている主婦やパートで働いている主婦は、大体の借入先に申し込めます。けれど専業主婦の場合は、申込先をしっかり検討する必要があります。

主婦 借入先
収入のある主婦(正規社員・パート) 大体の借入先に申込み可能
収入のない主婦(専業主婦) 申込先が限られている

専業主婦が申し込む場合は、事前に配偶者の同意が得られるのか、相談はできるのかといったことも考えておきましょう。

配偶者の同意あり

配偶者に相談し、同意を得られる場合は、借入先が広がります。

  • 専業主婦に対応している銀行カードローン
  • 配偶者貸付けに対応している中小消費者金融

詳しくは、それぞれのページで紹介していますので、配偶者の同意を得られる方は参考にしてみて下さいね。

配偶者の同意なし

配偶者に相談できない、または相談したけど反対されたという場合は、借入先が限られてしまいます。

まず配偶者に相談できない場合や反対された場合は、配偶者に内緒でお金を借りる必要が出てきます。

配偶者に内緒で借りるのであれば、銀行カードローンに限られてしまいます。銀行カードローンの中でも、配偶者の勤務先に在籍確認の電話を行わないところとなりますよ。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンなら専業主婦も安心して申し込みができます。

申込書に入力する内容は以下になります。

  • 申込者名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 居住年数
  • 家賃または住宅ローン
  • 家族構成
  • 世帯年収

配偶者の勤務先名・勤務先住所・勤務先電話番号を入力する必要がありませんので、配偶者の勤務先に電話をかけられる心配もありませんね。詳しくは各ページにて紹介していますよ。

主婦がお金を借りる方法!レディースローンについて

主婦がお金を借りる方法には、レディースローンもあります。レディースローンは銀行カードローン・消費者金融の両方に取り扱いがありますよ。

ただし、レディースローンだからと言って専業主婦でも絶対に借りられるという商品ではありません。

  • 申し込む本人に収入がある
  • 配偶者に安定した収入のある専業主婦
  • 専業主婦の申し込みは不可

レディースローンには上記の3通りがあります。

申し込む本人に収入がある場合は、通常の銀行カードローン・消費者金融にも申し込みができ、銀行カードローンのレディースローン・消費者金融のレディースローンのいずれにも申し込むことができますよ。

配偶者に安定した収入のある専業主婦の場合は、配偶者に対応している銀行カードローンや銀行カードローンのレディースローンに申し込むことができます。

また配偶者の同意を得る事で、配偶者貸付に対応している中小消費者金融に申し込むことができますよ。もちろん配偶者貸付に対応している消費者金融のレディースローンにも申し込めます。

専業主婦の申し込みは不可

レディースローンであっても、専業主婦の申し込みは不可となっているところがあります。

レディースローンの特徴は、女性スタッフで申し込みやすいといった点ですね。女性であれば誰でも申し込める訳ではありませんので、利用条件をしっかり見てから申し込むことが大切ですよ。

事前に知っておけば安心!主婦が賢くお金を借りるために

主婦がお金を借りるには、銀行カードローン・消費者金融等さまざまな借入先から選ぶことができます。

借入先主婦 対象
銀行カードローン 正規社員・パート主婦、専業主婦(配偶者に安定した収入が必要)
消費者金融 正規社員・パート主婦、専業主婦(配偶者の同意が必要)

利用対象は上記のようになっていますので、自分の状況にあう借入先に申し込みましょう。

主婦の申し込みには制限がある

主婦が申し込む場合は、利用限度額に制限がある場合があります。特に銀行カードローンでは以下のようにハッキリと利用できる金額が書いてありますよ。

申込者 利用できる金額
アルバイト・パート 50万円以下
専業主婦 30万円以下

消費者金融の場合は、配偶者と合算した年収の1/3までとなりますので、配偶者の年収次第で借入れできる金額が決まります。

借入先を選ぶ時には、いくら必要なのかも考えてから申込先を考えるといいですね。

賢く借りるために

主婦が賢く借りるためには、事前に知っておきたいことがあります。ここで紹介したことだけではなく、主婦が安心して借りるために気をつけておきたいこともあります。

ぜひ、それぞれのページを見て知識を増やしてから借入先を検討すると、自分にピッタリな借入れができますよ。

おすすめ記事

カードローンの利用は男性が約7割、女性が約3割と言...

家計の助けになるようにパートをしている主婦も多いで...

主婦がお金を借りようと思ったら、女性向けの商品を選...

キャッシングは正社員として働いている女性だけではな...

お金が足りない時には、親や友達からお金を借りるより...

「専業主婦って申し込む本人に収入がないから、お金を...

専業主婦をしていると、ママ友とのランチ代や子どもの...

「明日のクレジットカードの引落しにあと1万円足りな...

閉じる
閉じる