お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

来店なし、口座なしで申込可能!福岡銀行のお金の借り方

福岡銀行には、使いみち自由なカードローン、他社のローンの借り換えにおまとめローン、住まいのための住宅ローン、車やバイクの購入にマイカーローン、教育に関する教育ローン等、様々なローンがあります。

ここでは、たくさんあるローンの中でも使いみち自由で繰り返し利用できるカードローンでのお金の借り方について紹介していきます。

来店なし、口座なしでも申込可能となっていますので、福岡銀行を利用したことがない人にもピッタリな商品となっていますよ。

知っておきたい基礎知識!お金の借入について

お金を借りる時には、どういった目的でお金を借りたいのかがポイントになります。

例えば、家を買うため、車を買うためなど、目的がハッキリしている場合は、住宅ローンやマイカーローン等の目的ローンを利用すると低金利で目的にあった借入れができます。

一方いざという時に備えて、自由に使えるお金を用意しておきたい、繰り返し何度も利用できるようにしておきたいときには、利用目的が自由なカードローンを利用すると便利に使えます。

利用目的 該当する商品
家の購入、車の購入等 住宅ローン、マイカーローン等の目的ローン
いざという時に備えておきたい等 カードローン

ローン商品は、お金を借りて、後日返済するものとなっていますので、返済計画を立てて収入に合った借入れを行うことが大切ですよ。

ここでは、引き続き福岡銀行カードローンのお金の借り方について詳しく見ていきましょう。

借入方法は2種類!福岡銀行カードローンのお金の借り方

福岡銀行カードローンのお金の借り方はATMとなります。

  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • 親和銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • E-net
  • ローソン
  • BankTime

借入れの場合は、上記の8種類のATM以外にも全国の銀行やコンビニATMで借入可能となっています。

上記のATMで言えば、ゆうちょ銀行、セブン銀行、E-net、ローソン、BankTimeは全国各地にATMがありますので、仕事で県外に行く時でも安心して出かけることができますね。

ATMでの借入方法

ATMでの操作方法は、預金を引き出す感覚で行うことができますよ。

ATM画面から「カードローン」を選択

ローンカードを挿入

「お引き出し」を選択

福岡銀行ATMの場合は、上記の3ステップでお金を借りることができます。コンビニATMの場合は上記よりも簡単になり、以下の操作となりますよ。

ローンカードを挿入

「お引き出し」を選択

コンビニATMでは、上記の2ステップとなりますので、取りあえずATMにローンカードを挿入すると取引が始まりますので扱いやすいですね。

ATMを利用する場合は、時間帯等によって所定の手数料が必要な場合もあります。ローン契約をする時に、利用しそうなATMの手数料をチェックしておくと安心ですね。

口座引落型なら振込みも可能!もう一つの借入方法

福岡銀行に口座があり、キャッシュカードを作成済み、そしてWEB完結で申し込みなら、申込後約1週間~10日程度で振込可能となっています。

  • 福岡銀行のキャッシュカードあり
  • WEB完結で申込

WEB完結なら来店することなく、申込みから契約手続きまで完了しますので、忙しい方でもちょっとした隙間時間等で手続きができますよ。

インターネットで申し込み

必要書類の提出方法の案内が届く(原則ショートメール)

必要書類をアップロード

契約内容の確認(電話)

融資

契約内容の確認の電話は原則1週間程度で連絡となりますので、確認の電話が終わると、翌営業日に指定金額の振込みとなります。

郵送で手続きをした場合は、原則書類到着の翌営業日に振込みとなりますよ。

審査の状況によっては、3週間程度かかる場合もありますので、「いますぐにお金が必要!」という状況には向いていませんね。

また直接入金型で郵送契約の場合は、振込みによる融資には対応していません。ATMからの借入のみとなりますよ。

来店なし、口座なしで申込みできるから心強い!福岡銀行カードローン

最後に福岡銀行カードローンについて詳しく見ておきましょう。

先ほど出てきた通り、福岡銀行カードローンでは、口座引落型と直接入金型の2種類の返済方法があります。

  • 口座引落型
  • 直接入金型

口座引落型とは

口座引落型は、返済方法が普通預金口座からの自動引落しとなります。毎月返済日に約定返済額を、返済用預金口座から自動引落しとなりますので、返済し忘れる事がありませんね。

もちろんATMから随時返済することはできますので、余裕がある時には多めに返済することもできますよ。

直接入金型とは

直接入金型は、返済する時には毎月14日までにカードローン口座へ直接入金することになります。借入の場合は全国の銀行・コンビニATMが利用できますが、返済の場合は以下の8種類のATMに限られます。

  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • 親和銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • E-net
  • ローソン
  • BankTime

福岡銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソンATM、E-netATMでの返済は手数料無料となっていますので、直接入金型を選んだ場合は積極的に利用しましょう。

返済の場合はBankTimeATMは福岡県内設置のATMに限られますので、他県に行った時はその他のセブン銀行・E-net・ローソン等のコンビニATMが便利ですね。

直接入金型でも随意返済に対応しています。約定返済額以上の金額を入金すると随時返済となりますので、余裕のある月に約定返済額+αを入金すると一度の返済で随時返済も完了しますよ。

例えば「約定返済額は4千円だけど、毎月5千円ずつ返済していこう」と決めておくと、毎月1千円ずつ随時返済となりますね。

本当にお金がない月だけ約定返済分の4千円の返済にすると、無理なく多めの返済ができ、返済期間の短縮ができますよ。返済期間の短縮は返済総額を少なくすることに繋がります。

福岡銀行カードローンの商品内容

それでは、福岡銀行カードローンの商品はどういったものなのか整理しておきましょう。

福岡銀行カードローン 商品内容
利用限度額 10万円~1,000万円
金利 年3.0%~14.5%
利用条件 20歳以上69歳以下で収入がある方
借入方法 ATM、振込
返済方法 ATM、自動引落
担保・保証人 不要

利用限度額が1,000万円となっていますので、高額が必要な人にも最適な商品となっていますね。

利用条件を見ると、収入がある方となっています。

収入にはアルバイト・パート・年金受給者の方も含みますので、年金生活の方も安心して申し込めますよ。

ただし、住まいや勤務先が九州・山口の方、または福岡銀行の普通預金口座を持っている方となりますので、口座なしで申し込もうと思ったら、九州や山口県の方となりますね。

その他の方法にインターネット専用口座を開設すると、福岡銀行の普通預金口座を持つことができるため、九州や山口県以外の方でも口座引落型での申し込みが可能となりますよ。

多様なケースに対応

福岡銀行カードローンは、WEB完結を利用すると来店不要で申し込むことができ、直接入金型を選ぶと口座なしでも申込可能となっています。

また九州や山口県以外の方が利用しようと思ったら、インターネット専用口座を開設することで、口座引落型で申込可能となります。

借入方法も全国の銀行・コンビニATMに対応しているため、遠方の人でも問題なく利用することができます。

様々な人に対応できる環境となっていますので、利便性抜群な商品だと言えますね。

閉じる
閉じる