お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

クレジットカードでお金を借りる!エポスカードでキャッシング

お金を借りるには、カードローンの他にもクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法があります。

クレジットカードのショッピング枠では、買い物はできますが現金を手にすることはできません。そこで、キャッシング枠を利用できるようにしておくとATMを使って現金を手にすることができます。

中には「お金を借りる予定はない」と思っている人もいるかもしれませんが、いつ現金が必要になるかは分からないものです。いざという時に備えて知っておくだけでも役立ちます。

ここではエポスカードのキャッシング方法を紹介していきますよ。

知っておくと便利!エポスカードでお金を借りる方法

クレジットカードと言えば、2~3枚は持っているという人もいるぐらい気軽に作成・利用できるカードです。

クレジットカードを持っているからと言って「利用しているところを見られたくない」といった感情を持つ人は、あまりいませんよね。

そこで、クレジットカードでいざという時に備えてお金を借りられるようにしておくと、急にお金が必要になった時でも慌てませんよ。

エポスカードでお金を借りる方法

クレジットカードでお金を借りようと思ったら、まずはキャッシング枠を設定する必要があります。

エポスカードも、お金を借りるためにはキャッシング枠に申し込みますよ。申し込みをすると、審査の後に「キャッシングご利用可能枠」が決まります。

キャッシングの利用枠が決まると、その範囲内で何度も借入ができるため、急な祝儀や飲み会・旅行等でも慌てず利用することができますよ。

キャッシング枠の申込み

審査

「キャッシングご利用可能枠」の決定

キャッシング枠の範囲内で借入可能

エポスカードのキャッシング枠には海外のATMでも利用することができるため、海外旅行へ行く予定がある時はキャッシング枠を設定しておくと、現地通貨を持ち歩く手間も省けます。

海外ATMで現地通貨キャッシング

海外旅行に行く時には、お金の管理が気になりますよね。いくら持ち歩けばいいのか、両替は日本でした方がいいのか現地でしたほうがいいのか、悩みますよね。

けれど、エポスカードのキャッシング枠を設定しておくと解決しますよ。

  • 空港や駅・繁華街などのATMで借入可能
  • 現地通貨をその場で必要な分だけ借入可能
  • 両替をする手間がなく便利

国内だけでなく、海外でも利用できると嬉しいですね。特に事前に日本で現地通貨を買うよりも手数料やレートが有利になっているため、お得に利用することができますよ。

利便性がいい!エポスカードの4つのキャッシング方法

エポスカードでキャッシングをしようと思ったら、4つの方法があります。

  • ATMキャッシング
  • 海外キャッシング
  • Netキャッシング
  • 電話キャッシング

ATMキャッシング

ATMキャッシングは、エポスのマークのある全国のATMで利用できます。

ATM手数料0円、リボの支払いができるATMが全国8万台以上となっていますので、気軽に借りることができますね。

  • ATM手数料0円
  • リボ払いのできるATMが全国8万台以上

海外キャッシングの場合はATM手数料がかかりますが、国内でATMキャッシングする時にはATM手数料0円でコンビニATMや銀行ATMが利用できますよ。

海外キャッシング

既に紹介した通り、海外キャッシングでは空港や駅・繁華街などにある「Visa」「PLUS」マークのあるATMで最大24時間利用することができます。

空港にはATMが設置されていることが多いため、まずは空港で現地通貨を引き出しておくと安心して現地で観光できますね。

Netキャッシング

Netキャッシングでは、パソコン・スマホから申し込むと指定の口座へ最短数十秒で振込みとなります。

Netキャッシングの申し込みは24時間できますが、最短数十秒で振り込みがあるのは平日14:29までの申込みとなりますよ。

申込み時間 振込み時間
平日0:00~8:59 当日9:00以降
平日9:00~14:29 最短数十秒
平日14:30~23:59 翌金融機関営業日の9:00以降
土日祝日0:00~23:59 翌金融機関営業日の9:00以降

振込手数料0円、1,000円単位で自分の口座に振り込まれるため、公共料金の引落し分が不足している時でも、すぐにお金を借入れすることができますね。

電話キャッシング

電話キャッシングは電話から24時間申し込むことができます。電話キャッシングでは、カードの引落口座へ振り込みとなります。

平日9:00~14:29の時間帯に電話キャッシングの申し込みをすると、最短数十秒で振込みとなりますよ。

明日引落しの携帯電話料金が口座に不足している時や口座にお金が必要な時に、振込手数料0円でお金を借りることができるため便利ですね。

電話キャッシングに申込み

最短数十秒で振込み

「ご利用内容のお知らせ」を自宅へ郵送

電話キャッシングを利用すると、法令に基づいて「ご利用内容のお知らせ」が自宅に郵送されますよ。

エポスカードでキャッシング!2つの返済方法

エポスカードでキャッシングをすると返済をしていかなければなりませんね。返済方法は2種類になっています。

  • リボ払い
  • 1回払い

リボ払い

リボ払いでは、月々の支払が定額となっていますので、繰り返しキャッシングの利用をしても月々の返済は定額で安心です。

例えば、3万円をキャッシングリボで利用した場合は、支払い回数は7回、月々の返済額は5,000円になります。

増額払いにも対応しているため、余裕のある月にインターネットやコンビニATMからまとめて支払いをすると、支払い回数や利息を減らすことができますよ。

1回払い

1回払いでは、キャッシングで利用した分と利息を一括して支払日に支払う返済方法ですね。

金利は年18.0%となっていますので、借入額×18.0%×借入日数÷365日で利息を計算することができますよ。

例えば3万円を1ヶ月後に1回払いで支払うと、利息は443円となり支払総額は30,443円となります。

支払方法 利息 支払回数 支払合計
リボ払い 1,683円 7回 31,683円
1回払い 443円 1回 30,443円

同じ3万円を借入れした場合でも、1回払いにするのかリボ払いにするのかで、月々の負担が異なったり返済総額が異なったりします。

月々の負担を軽くしたいならリボ払い、利息の負担を減らしたいなら1回払いがお得になりますね。

エポスカードのキャッシングはいくらまで?気になる利用限度額

さてエポスカードでキャッシングができるようにしておくと、急な冠婚葬祭や飲み会等の付き合いにも便利なことが分かりました。

そこでエポスカードでは、いくらまで借りられるのかチェックしておきましょう。

エポスカード キャッシング
利用可能枠 1~50万円
金利 年18.0%
借入方法 ATM、振込み
返済方法 口座引落、ATM、インターネット入金
担保・保証人 不要
利用可能枠は審査によって決まるため、誰でも50万円まで借りられるわけではありません。クレジットカードのキャッシング枠も貸金業法の適用となる為、利用可能枠には年収が関係してきます。

年収の1/3を超える借入はできないため、利用可能枠を50万円にしようと思ったら、年収は150万円以上、そして株式会社エポスカードとも信用関係を築いておく必要がありますよ。

エポスカードのキャッシングは、はじめての利用であれば30日間無利息期間もありますので、お得に借入れすることができますね。

閉じる
閉じる