今すぐお金を借りるための情報サイト

今あるクレカを便利に使う!クレジットカードでお金を借りる方法

急な出費に備えて、カードローンの申し込みを考えている人もいますよね。

カードローンの利用ができると、いざという時でもATMからお金を借りることができるため、急なお誘いや冠婚葬祭にも慌てずに済みます。

ところでクレジットカードでもお金を借りることができることは知っていますか?新たにカードローンの契約をしてしまうと、カードが増えてしまったり、返済日が増えてしまったり管理が大変ですよね。

そこで、今あるクレジットカードでお金を借りることができるようにしておくと、カードが増えず、返済日も増えず、負担を少なくすることができますよ。

クレジットカードでお金を借りる方法について

クレジットカードと言えば、買物時に利用する人が多いですね。

レジでカードを渡して支払回数を指定すると支払いが終わったり、ネットでカード番号を入力するとショッピングの決済が終わったり、便利に使うことができます。

そんなクレジットカードでお金を借りることができると、安心して利用することができますね。

クレジットカードでお金を借りるならキャッシング枠

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2つの利用枠があります。

クレジットカード 内容
ショッピング枠 買い物で利用できる限度額
キャッシング枠 お金を借りることができる限度額

お金を借りるならキャッシング枠を付ける必要がありますよ。

まずはお手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があるのか確認してみましょう。

何か手続きが必要?キャッシング枠の確認方法

今持っているクレジットカードにキャッシング枠があるのか、分からない時にはインターネットや電話で確認できます。

キャッシング枠 確認方法
インターネット 会員サイトにログインし「利用可能額照会」を確認
電話 カード番号と暗証番号を押してガイダンスに従って操作

利用可能枠は、カード送付台紙や利用明細書にも記載されていますので、書類を大切に保管している場合は確認しやすいですね。

クレジットカードを発行する時に、申込欄にキャッシング枠を設定するかどうかを選択する項目があります。そこで、キャッシング枠に金額を記入すると、キャッシングの審査を受け、利用可能になります。

クレジットカードの申込書に記入

キャッシング枠の設定の選択

キャッシング枠に希望額を記入

ショッピングの審査とキャッシングの審査

審査に可決

ショッピングとキャッシングの利用可能

上記の流れが一般的になりますが、クレジットカード作成時にキャッシング枠の設定をしなかった、あるいは0円にしていた場合でも、後からキャッシングを設定することができますよ。

クレジットカード作成後にキャッシング枠に申し込む!

クレジットカード作成後にキャッシング枠に申し込む場合は、0円からの増枠となります。

増枠の申し込みは、会員サイトから簡単に行うことができますよ。

会員サイトにログイン

カード利用可能枠増額・キャッシングサービスの追加のお申込

利用可能枠の選択

変更内容の確認

完了

既に設定されているショッピング枠の内、キャッシング枠をいくらに設定するのかを申込みますよ。

例えば、現在のショッピング枠が100万円であれば、その内キャッシング枠をいくらに設定するのかということになり、キャッシング枠の最高額はショッピング枠の範囲内である100万円までとなります。

ショッピング枠の中にキャッシング枠が設けられるため、ショッピングの利用をすると、キャッシングの利用分は減りますよ。

キャッシング申込時に気をつけたいこと

キャッシングに申し込みたいと思ったら、以下のことに気をつけましょう。

  • 申込者に収入がなければ申込み不可
  • 現在キャッシング契約がない場合は、本人確認書類の提出が必要
  • 希望額が50万円を超える場合は所得証明書類が必要

申込者に収入が無い場合は、申し込みができません。けれどパートやアルバイトでも申し込めますよ。

クレジットカード会社によっては、専業主婦の場合は配偶者に安定継続した収入があれば申込可能としているところもありますので、専業主婦の場合はクレジットカード会社に問い合わせてみましょう。

【関連記事】

即日でお金を借りるのは無理!無職の人がするべきことを紹介

本人確認書類が必要

現在キャッシング契約が無い場合は、本人確認書類の提出が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証等

所得証明書類が必要

申込先での借入額が50万円を超える場合や他社との借入残高の合計が100万円を超える場合には、所得証明書類が必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 給与の支払明細書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 納税通知書
  • 課税証明書
  • 年金通知書

上記の書類の内、1点の書類の提出が必要になりますので、用意しやすい書類を選びましょう。

会社員であれば源泉徴収票や給与の支払明細書、自営業であれば青色申告決算書や確定申告書が用意しやすいですね。

申込結果は、おおむね1週間程度必要となることもありますので、早めに申し込みをしておくと安心です。

クレジットカードのキャッシングを利用した時のメリット

どうしてもお金が必要になった時に、思い浮かべやすいのは消費者金融等のカードローンだと思いますが、思ったよりも審査に時間がかかったり、必要なタイミングでお金を借りられなかったりすることもあります。

その点、クレジットカードのキャッシングを事前に利用できるようにしておくと、いつでも好きなタイミングでお金を借りることができます。

そして最初に紹介した通りカードが増えたり返済日が増えたりすることがありませんので、これまで通りのタイミングで返済することができるのです。

  • いつでも好きなタイミングで借入可能
  • ローンカードが増えない
  • 返済日が増えない

返済日はクレジットカードのショッピングの支払日と同じになります。ショッピングの支払いと同じ口座から引き落とされるので、やりくりもしやすいですね。

借入も簡単!

クレジットカードにキャッシング枠はあるけれど、どうやって借りたらいいのか分からない…という方もいますよね。

クレジットカードのキャッシングは提携ATMから行うことができます。銀行・ゆうちょ銀行・コンビニ等に設置してあるATMを使ってお金を借りることができますので、全国各地のATMが利用可能となっていますよ。

  • 提携銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • コンビニATM

地方銀行等で利用できるか迷った時には、クレジットカード会社のステッカーを確認したり、クレジットカード会社に問い合わせたりすると安心ですね。

もちろんホームページでも確認できますので、問い合わせるのは気が引けるという方は、ホームページが便利です。

クレジットカードでお金を借りる

クレジットカード1枚にキャッシング枠を付けるだけで、買い物にも急な出費にも対応できるようになります。

今あるクレジットカードをより便利に使おうと思ったら、事前にキャッシング枠を使えるようにしておくと、いざという時でも慌てずお金を借りることができますよ。

閉じる
閉じる