今すぐお金を借りるための情報サイト

専業主婦でもキャッシングできるクレジットカードの選び方

「専業主婦って申し込む本人に収入がないから、お金を借りるのって難しいよね?」そんな風に思っている主婦の方も多いですよね。

実際には、借入先を選べば専業主婦でもキャッシングはできるのです。では、どんなところを選べば専業主婦でもキャッシングができるのか気になりますよね。

お金を借りるにはカードローンという方法がありますが、ここではクレジットカードのキャッシングで専業主婦が気軽にお金を借りる方法を見ていきましょう。

意外に知らない!クレジットカードは専業主婦でも作れる

クレジットカードは専業主婦でも作ることができます。たいていのクレジットカードの入会条件は「18歳以上の電話連絡可能な方」となっています。

高校生以上の方が対象となりますが、未成年の場合は親権者の同意が必要となっていますよ。

主婦の方に関しては特記事項はなく、申込書にも「専業主婦」の欄があることから申し込みはできることが分かりますよ。

【関連記事】

未成年がお金を借りる方法。クリアしておきたい必須条件

クレジットカードは専業主婦も利用しやすい

クレジットカードは主婦をターゲットとしている商品も多く、買い物代金が割引になったり、ポイントがたまりやすくなっていたりします。

  • 買い物代金の割引
  • ポイントが貯まる
  • 旅行・レジャーの優待

クレジットカードには上記のお得メリットもありますので、専業主婦も利用しやすいですね。

専業主婦も条件次第でキャッシングの利用が可能

クレジットカードを作る時には、ショッピング目的で作る人が多いですね。特に主婦がクレジットカードを作る時には、流通系カードが身近な商品となります。

目的がショッピングなのでキャッシング枠は0円としていることが多いです。キャッシングはクレジットカード作成時に申告しなければ、0円となりますよ。

ショッピングとキャッシングでは審査内容が異なる為、ショッピングの審査には通ってもキャッシング枠は0円となる事もあります。

ショッピング目的でクレジットカードだけを作ろうと思ったら、キャッシング枠は0円でも問題ないですね。

キャッシング枠を作る!

当然ですがキャッシング枠0円となっている場合は、キャッシングの利用はできません。

そのため、いざと言う時に備えてキャッシング枠を利用できるようにしておこうと思ったら、クレジットカード作成後でもキャッシング枠に申し込むことができます。

ネットから「キャッシング枠の増枠」を行うのが簡単ですね。

会員専用画面からログイン

利用状況確認

利用可能枠増額申し込み

ネット以外には電話から増枠に申し込むこともできます。

電話の場合はカード番号が必要になりますので、クレジットカードを手元に用意してから申し込みましょう。

ショッピング枠では割賦販売法に基づいて審査を行いますが、キャッシング枠では貸金業法に基づいて審査を行います。

審査基準が異なる為、キャッシング枠の増額を希望する時には貸金業法に基づいた審査が再度行われますよ。

専業主婦のキャッシング枠では配偶者貸付契約を利用

カードローンやキャッシング等の貸金業者からお金を借りる時には、貸金業法が適用されます。クレジットカードのキャッシング枠もこの法律に基づいて審査を行います。

貸金業法では「本人の年収の1/3を超える借入れはできない」という総量規制があるため、本人に収入のない専業主婦はお金を借りることができないことになります。

そこでポイントとなるのが、総量規制の例外ですね。総量規制の例外には以下の6点が挙げられますよ。

  • 借りる側に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 「つなぎ資金」に係る貸付け

専業主婦の場合は、上記4番目の「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」であれば、キャッシングの利用が可能となるのです。

配偶者貸付けの条件

専業主婦でも配偶者貸付を利用すると、クレジットカードのキャッシングが受けられることが分かりましたが、配偶者貸付けには以下の条件があります。

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類

上記の2点を提出する必要があります。配偶者との婚姻関係を示す書類には住民票、戸籍抄本が該当します。

また、借入希望額が50万円を超える場合や他社の借入れとあわせて100万円を超える場合には、配偶者の年収を証明する書類の提出が必要になりますよ。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書類
  • 支払調書
  • 納税通知書
  • 青色申告決算書
  • 確定申告書
  • 収支内訳書
  • 年金証書
  • 年金通知書
  • 給与の支払明細書

上記が該当しますが、要件を満たしていれば書面の名称は関係ありません。各貸金業者によって書類は決められていますので、詳しくはクレジットカード会社に問い合わせましょう。

配偶者貸付では配偶者の借入額も合算しますので、配偶者が既に年収の3分の1まで借入れをしている場合は、専業主婦の借入はできません。

全てのクレジットカードで専業主婦がキャッシングできる訳ではない

ここまで見てきて、専業主婦はクレジットカードがあるとキャッシングも利用できることが分かりました。

けれど全てのクレジットカード会社が配偶者貸付契約を利用している訳ではありませんので、どのクレジットカードでも専業主婦がキャッシングできる訳ではありません。

専業主婦のキャッシングができないところ

専業主婦のキャッシングができないところでは、「本人に収入のない方や年収が不明な方は、キャッシングの利用ができなくなる場合があります」と記載があります。

クレジットカード 専業主婦の対応
クレジットカードL 本人に収入のない方の新たな利用はできなくなる
クレジットカードS 本人に収入がない方はキャッシング利用枠の設定ができない

専業主婦のキャッシングができない所では、上記の対応となっていますよ。

またキャッシングの利用残高が10万円超の場合は、少なくとも3ヶ月ごとに1度、「指定信用情報機関」で他社の利用状況を確認することになっていますので、ごまかすことはできませんよ。

専業主婦のキャッシングができるところ

専業主婦のキャッシングができるところでは、配偶者貸付けの説明があります。まずは、先ほど紹介した書類の提出についてですね。

  • 配偶者貸付け申込書
  • 配偶者の収入証明書
  • 婚姻関係証明書

上記の書類を揃えて、郵送で提出となります。

配偶者貸付では、配偶者が保証人となるわけではありませんので配偶者に支払義務は生じません。申込者である専業主婦の方が支払義務を負いますので、配偶者に迷惑はかかりませんよ。

配偶者貸付を利用すると、申込者と配偶者の利用可能枠は同一管理となりますので、総合与信枠を超えて利用することはできません。

専業主婦もキャッシングで快適生活

専業主婦もキャッシング枠の設定ができるクレジットカードを選ぶと、いざという時に備えたり、急な出費にも慌てずに済んだりします。

ショッピングでよく利用するクレジットカードがキャッシングにも対応していると、クレジットカード1枚で様々な状況に対応できますので心強いですね。

まずは今持っているクレジットカードのキャッシング枠について、調べてみることから始めてみましょう!

閉じる
閉じる