お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

審査の甘い消費者金融は無い!自分に合った方法で即日キャッシング

「即日キャッシングしたい!」そんなことを考えていると「審査の甘い消費者金融」を探してしまいがちですよね。

特に「審査なし」「誰でもすぐに借入可能」といった甘い言葉が書いてあると、ついつい申し込みたくなるものです。

けれど、審査の甘い消費者金融はありません。借りやすさに注目しすぎると思わぬ落とし穴にハマってしまいますよ。

ここでは審査の甘い消費者金融がない理由や、即日キャッシングを実現させるための審査対策を紹介していきます。後悔しないキャッシングをしましょうね。

審査の甘い消費者金融は無い!甘い言葉に気をつけよう

誰もが消費者金融に申し込みをすると審査に通るわけではありません。ある消費者金融の平均審査通過率は45.3%となっていますので、だいたい2人に1人が審査に通るのです。

「2人に1人と聞くと、自分は審査に通るのかな…?」と不安になりますよね。

そんな時に「審査なし」「誰でもすぐに借入可能」といった貸金業者を見かけると、申し込みをしてしまうのも納得です。

けれど繰り返しになりますが、審査の甘い消費者金融はありません。

こういった甘い言葉を謳っている貸金業者は、闇金である可能性が高いのです。

審査なしの闇金に気をつけよう

「審査なし」は闇金になります。貸金業者は貸金業法に基づいて経営します。

その貸金業法では、年収の1/3を超える金額を借りてはいけない、指定信用情報機関を利用して借り手の借入残高を把握することが決められているのです。

  • 借り手の収入のチェック
  • 指定信用情報機関の照会

上記の審査を行う必要がありますので、正規の消費者金融では「審査なし」ということはあり得ませんよ。つまり「審査なし」と表示しているところは、違法業者である闇金だと言えますね。

闇金で借入れはしない

闇金は貸金業法に基づく登録を受けずに、違法にお金を貸しているため、金利も違法だったり、取り立ても過剰だったりします。

  • 金利が高い
  • 取り立ても過剰

貸金業法では、取り立てについても制限を行っています。

早朝深夜といった時間帯には取り立てを行わないことや精神帝に追い込む取り立ては禁止となっているのです。

しかし違法業者では、そもそも法律は関係ないため過剰な取り立てを行います。そのため闇金からは借入れはしないことが大切ですよ。

ブラックが気になる!それならブラック対応の中小消費者金融へ

そもそも審査の甘いところを探している人の中には、過去にキャッシングの延滞があったり、クレジットカードの滞納があったり、不安になる要素を持っていることがあります。

  • キャッシングの延滞
  • クレジットカードの滞納

過去に延滞や滞納といったブラック情報があると、即日キャッシングどころかキャッシング審査に通ることが難しくなります。

けれど、ブラック対応の中小消費者金融へ申し込みをすると即日キャッシングでお金を借りられる可能性が出てきます。

ブラック対応の中小消費者金融

中小消費者金融の中には、過去に延滞・滞納といったブラック情報があっても、現在延滞中や過去の借入れを放置していなければ申込可能としているところがあります。

そしてブラック対応の中小消費者金融の中にも、14時までに手続きが完了したり、来店契約の場合だったりすると即日融資が可能なところもあります。

そのためブラックが気になって審査の甘い消費者金融に申し込もうと思っているなら、ブラック対応の中小消費者金融に申し込むと良いのです。

ただし、中小消費者金融は大手消費者金融ほど知名度が高くありませんので、正規の消費者金融なのか闇金なのかの見分けが難しくなっています。

中小消費者金融と闇金の見分け方

中小消費者金融と闇金を見分けるためには、「登録番号」を確認しましょう。

登録番号は明記することが決められていますので、登録番号の表示がないところは闇金だと判断できますよ。

登録番号は「○○○知事(△)第××××号」と表示してあります。ホームページや広告にも表記することが決められていますので、チェックしておきましょう。

  • 登録番号
  • 金利

金利

正規の消費者金融では金利も上限範囲が決められています。利息制限法に基づいていますよ。

元本 上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

上記が利息制限法で決められている上限金利ですね。金利が上記の上限金利を超えていれば闇金だと判断できますよ。

自分にあった金融機関で即日キャッシングを狙う

ブラック情報が気になる人はブラック対応の中小消費者金融、初めての申し込みで審査が不安な人は大手消費者金融、それぞれ自分にあった金融機関に申し込むと即日キャッシングの可能性が高くなります。

タイプ 申し込む金融機関
ブラック情報が気になる ブラック対応の中小消費者金融
初めての申し込みで不安 大手消費者金融

「初めての申し込みで審査が不安…」と言う場合は、知名度の高い大手消費者金融に申し込みましょう。

初めての申し込みであれば、下手に中小消費者金融を狙ったり、「審査なし」といった甘い言葉を表示しているところに申し込んだりするよりは、多くの人が申し込みをしている大手消費者金融が安心です。

大手消費者金融であれば、申込件数も多く、スタッフも経験豊富となっていますので、不安や疑問を相談すると的確なアドバイスをもらうこともできますよ。

複数社の申し込みはNG

審査に不安がある時に、やってしまいがちなのが複数社への申し込みです。

同時に複数社に申し込みをすると、どこかで借りることができるだろうと思ってしまいますよね。特に即日キャッシング希望で急いでいる時には、確実にお金を借りるためにやってしまいます。

けれど複数社に申し込みをすると、貸金業者は信用情報機関で情報を共有しているためお金に困っている人だと判断されてしまいます。

複数社に申し込み

貸金業者は審査の過程で信用情報機関を照会

複数社に申し込みをしていることが判明

借り手がお金に困っていると判断

お金に困っていると判断されてしまうと、返済能力があるのか不安になってしまうため審査に通ることが難しくなってしまいます。

つまり短期間に複数社に申し込むことはやめましょう。事前にしっかり比較し、多くても2社に絞ってから申し込みをしましょう。

即日キャッシングに向けて!審査に通りやすくなる対策

即日キャッシングを狙うなら、必要最小限の借入希望額で申し込みましょう。

借入金額が高ければ、収入証明書の提出が必要になったり、提出書類が増えると審査も増えたりしますので審査に時間がかかってしまいます。

総量規制をチェック

既に紹介した通り、貸金業法には年収の1/3を超える借入れはできないとする総量規制がありますので、申込時に総量規制を超えた借入希望額にしていないかチェックしましょう。

年収 借入可能額
100万円 30万円
150万円 50万円
300万円 100万円

借入額が50万円を超えたり、他社の借入れと含めて100万円を超えたりする場合は、収入証明書の提出が必要となります。

そのため初めての申し込みで即日キャッシングを狙うのであれば、年収に関わらず50万円以下の申し込みがおススメになります。

特に年収が150万円の人は借入できる最高金額が50万円となりますので、50万円よりも低い金額で申し込むことが大切ですよ。

正直な情報で申し込む

年収の1/3までしか借りられないと知ると、年収を実際の金額よりも多く申告する人が出てきます。

しかし年収を誤魔化すと、収入証明書の提出でバレます。収入証明書の提出が無い場合でも、職種や雇用形態に対して消費者金融が予想している年収とかけ離れた年収で申し込みがしてあると、すぐにバレてしまいます。

そこで申し込む時には年収や他社借入額等を誤魔化さずに、正直な情報で申し込むことがポイントですよ。

消費者金融で即日キャッシングを狙うなら、自分にピッタリな金融機関を探して、必要最小限の借入希望額で、正直な情報で申し込むことが秘訣になります。

閉じる
閉じる