お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

インターネットが便利!消費者金融のお金の借り方を紹介

消費者金融でお金を借りるメリットと言えば、スピード融資に対応しているところですね。銀行カードローンでは即日融資に対応していないため、急いでお金を借りたい時には消費者金融が頼みの綱となります。

消費者金融の申込方法には、インターネット・電話・FAX・郵送・来店といった様々な方法がありますが、インターネットで申し込むとメリットがたくさんあります。

ここでは、インターネットから消費者金融に申し込んだ場合の借入れまでの流れとメリットを見ていきますよ。

インターネットが便利!スマホ・パソコンから申し込もう

消費者金融からお金を借りようと思ったら、申込方法はたくさんありますが、中でもインターネットでの申し込みが便利です。

インターネットで申し込むにはスマホやパソコンを利用しますので、普段からスマホをよく利用しているという人は、操作が難しいといった事はなく申し込みが完了しますよ。

申し込みはホームページから可能

借入先を決めたら、ホームページにある「お申し込み」をクリックしましょう。「お客さま情報」「自宅情報」「勤務先情報」を入力することになります。

申込内容 項目
お客様情報 氏名・旧姓・生年月日・性別・独身/既婚・メールアドレス
自宅情報 住所・電話番号・住居種類・入居年月・家賃/住宅ローン・家族人数
勤務先情報 企業名・住所・電話番号・雇用形態・会社規模・給料日・入社年月・年収

パート・アルバイトの方も、申し込む本人が働いているパート・アルバイト先を入力しましょう。派遣社員の方は、派遣元の会社を入力しますよ。

スマホ・パソコンから申し込むメリット

スマホ・パソコンから申し込むメリットと言えば、24時間365日申し込みに対応している点です。

審査に対応している時間帯は限られていますが、早朝・深夜でも取りあえず申し込みをしておけば、翌営業日の午前中には審査回答を得る事ができますので安心ですよ。

思い立った時に申し込めるため、申し込み忘れる心配もありませんね。

  • 24時間365日申し込める
  • 申し込み忘れる心配がない

消費者金融に申し込み済!次は書類提出をして審査待ち

希望の消費者金融にインターネットから申し込みをすると、次は書類の提出を行います。

消費者金融によって審査の前に書類を提出するところと審査の後に提出するところがありますので、そこは各消費者金融の指示に従いましょう。

書類の提出方法

インターネットから申し込みをすると、書類の提出もスマホで本人確認書類を撮影してアップロードで完了となるところが多いです。

スマホのカメラ機能を起動

本人確認書類を撮影

画像をアップロード

画像のアップロードが分からない場合は、画像をメール添付することもできますので提出方法はたくさんありますよ。

  • 画像をアップロード
  • 画像をメール添付
  • 本人確認書類をコピーしてFAX

スマホのカメラ機能を利用して本人確認書類を撮影することはできるけど、その後のアップロードやメール添付は操作が難しい…という場合は、FAXで送信することもできますので大丈夫です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

本人確認書類には上記が該当しますよ。他にも借入希望額が50万円を超えたり、他社の借入れとあわせて100万円を超えたりする場合は、源泉徴収票などの収入証明書の提出を求められます。

提出する書類が増えても、インターネットなら手間がかからずサクッと提出することができますね。

審査結果はメール

インターネットから申し込みをすると、メールで審査結果が送られてくるところが多いです。

書類の提出が審査結果後のところでは、審査回答のメールに書類の提出先のURLが載っていたり、契約手続きの案内が載っていたりしますよ。

メールで審査回答があると読み返すこともできますので、落ち着いて確実に手続きを進めることができますね。

お金を借りる時の必須審査項目!在籍確認について

在籍確認を行うタイミングは、各消費者金融によって異なります。基本的には最終審査とも言われていますので、書類提出の前後に行っていますよ。

在籍確認とは、申し込みフォームで入力してある勤務先の電話番号へ消費者金融のスタッフが直接連絡する審査になります。

OKな在籍確認の例

スタッフが「○○(スタッフの個人名)と申しますが、△△(申込者)さんをお願いします」と勤務先へ電話をかけます。

この時に電話を受けた勤務先の方が「△△ですね。少々お待ちください」と、申込者が働いていることが分かる返答であれば、審査は終了となります。

  • △△ですね。少々お待ちください
  • △△ですね。本日はお休みとなっています
  • △△ですね。只今、席を外しております

上記の返答であれば、申込者が在籍していることが分かりますので審査は無事に終了ですね。申込者本人が電話に出る必要はありませんので、外出中や休みの時でも問題はありませんよ。

「在籍確認の電話に出たら周りにバレそうだから、できれば席を外しておきたい…」という考えでも構わないのです。

NGな在籍確認の例

反対にNGとなる在籍確認の返答は以下になります。

  • あいにく個人的な電話はおつなぎすることができません
  • △△ですか。休暇中となっています
  • △△ですね。そういった者はおりません

上記の返答であれば、申込者が本当に在籍しているのか分からないため、審査に通ることが難しくなるのです。

特に2番目の「△△ですか。休暇中となっています」という返答では、休暇中の期間が重要となります。

休暇中の期間が、3日程度で安定した収入があると判断できる短期間の休みであれば問題ないのですが、1ヶ月以上の長期休暇で安定した収入が見込めない休みであれば問題となりますよ。

嘘の電話番号は通じない

在籍確認がありますので、勤務先の名称の嘘や電話番号の嘘は避けましょう。

勤務先は安定継続した収入があるのか判断するためには、非常に重要な要素となります。そのため嘘をついたり、ごまかしたりすると、信用関係を築くことができないため、審査に通る事はできませんよ。

審査が全て完了!消費者金融の契約~カード発行・借り方まで

申し込みフォームに入力・送信を行い、必要書類の提出、在籍確認といった審査を全て完了すると、消費者金融の契約を行います。契約はインターネットか無人契約機で行うことができますよ。

  • インターネット
  • 無人契約機

インターネットで契約

インターネットで契約する場合で、急いでお金を借りたいなら振込み時間に気をつけましょう。

即日振込みが可能な時間を過ぎている場合は、インターネットの契約にこだわらず、無人契約機を利用した方がスピーディになります。

借入れは急がないという場合は、インターネットで契約すると来店する必要もなく、スマホ一つで申し込みから契約まで完了させることができるため便利ですよ。

無人契約機で契約

無人契約機で契約する場合は、その場でカードの受け取りまで可能となります。カードを受け取ると、併設されているATMからお金を借りることができますよ。

無人契約機の場合は営業時間が各店舗で決められています。事前に調べてから来店すると、無駄足を運ばなくて済みますね。

消費者金融のお金の借り方

契約が完了すると、お金を借ります。インターネット契約の場合は振込キャッシングとなりますので、申し込む時間と振込の実施時間をチェックしておきましょう。

  • 申し込む時間
  • 振込の実施時間

ATMでの借り方

ATMでお金を借りる時には、専用カードが必要になります。そのため専用カードを郵送で送ってもらうことにした場合は、カードが届くのに日数が必要になりますよ。

その場でカードを受け取ろうと思ったら、繰り返しになりますが無人契約機でのカード発行が便利です。

ATMは提携しているものであれば利用可能となっていますので、預貯金を引き出す感覚でお金を借りることができますよ。

ATMを利用する時には、手数料にも注目しましょう。自社ATMは手数料無料だけど、提携ATMでは手数料が必要になるところが多いですね。

インターネット利用で借入もスピーディ

インターネットで申し込みから審査・契約まで行うと、最短30分で審査回答となり、借入可能となりますので、最短1時間以内に借入れを行うことも夢ではありません。

もちろん申込時間や審査時間、契約完了時間、借入の申込時間によって、申し込んだ当日に借入できないこともありますが、タイミングが合えば最短1時間以内の借入れとなります。

ここまで見てきて、インターネットで申し込みをすると24時間いつでも申込可能、書類提出でも手間がかからない、最短1時間以内で借入可能といったメリットがありますので便利に利用できますよ。

閉じる
閉じる