今すぐお金を借りるための情報サイト

カードローンの即日審査と即日融資の違いに着目!早いのはどっち?

カードローンでお金を借りる時に知っておくべきことと言えば、融資のタイミングですね。特に急いでお金を借りたい時には、いつ融資してもらえるのかを知っておくことは大切です。

そこで気をつけなければいけない事と言えば、即日審査と即日融資の違いです。この2つの違い、明確に分かりますか?

ここではカードローンの即日審査と即日融資の違いについて紹介し、銀行カードローンと消費者金融の対応について見ていきます。

バッチリなタイミングで借入ができるように、言葉の違いをしっかり整理しておきましょう。

知らないでは済まされない!カードローンの即日審査と即日融資の違い

カードローンを利用する時には、「すぐに借りたい」と思う人も多いですよね。

さて、すぐにお金を借りようと思ったら、申し込むべきカードローンは「即日審査」と「即日融資」のどちらの表示があるところか分かりますか?

言葉の違い 内容
即日審査 申し込みした、その日のうちに審査結果を連絡
即日融資 申し込みした、その日のうちに融資

すぐにお金が借りられるのは、申し込みしたその日のうちに融資までできる「即日融資」の表示がある方となりますね。

つまり「即日審査」の言葉しかない金融機関では、即日融資はできない可能性があることを知っておきましょう。

確実にその日のうちにお金を借りたいのであれば、即日審査ではなく、即日融資のところを選ぶことが重要ですよ。

即日融資は無理!銀行カードローンは最短翌日に審査回答

銀行カードローンは、即日融資は不可となっています。2017年までは、一部の銀行で即日融資が可能となっていましたが、現在では最短翌営業日となっていますよ。

これは銀行の過剰融資が問題となり、貸し過ぎないために審査を慎重に行ったり、警察庁のデータベースを照会しなければならなくなったりしたため、即日融資は実施不可能となったのです。

  • 銀行の過剰融資が問題
  • 貸し過ぎないように審査を慎重に行う
  • 警察庁のデータベースを照会する

銀行カードローンは安心して借りることができ、低金利となっていますので、魅力の多い商品となりますが、急いでお金を借りたい人には不向きとなっています。

即日融資を希望する場合は、銀行以外のカードローンを検討する必要がありますね。

【関連記事】

銀行カードローンってどんなローン?銀行からお金を借りる方法

審査時間は最短30分!消費者金融のカードローンなら即日審査可能

消費者金融のカードローンは即日審査可能となっているところが多いです。

インターネットで申し込み

書類の提出

審査

審査完了

インターネットで申し込むと、書類の提出もメールやアップロード専用アプリで行うことができますので、スムーズに手続きが進みますね。

もちろんメールやアップロード専用アプリの方法は避けたいという人では、FAX等の方法でも提出できますので即日審査は可能ですよ。

審査時間は最短30分となっていますので、すぐに審査結果を知ることができます。

審査回答=融資ではない

審査結果を知ることができると、契約手続き・借入へと進んでいきますね。

審査結果

契約手続き

借入

つまり審査結果が分かっただけでは、そのまま当日中に借入れできるかは分からないのです。特にインターネットからの申し込みでは、即日審査で終わってしまう可能性が高くなりますよ。

インターネットで申し込み

審査回答

インターネットで契約手続き

振込融資

インターネットで申し込みをすると、上記の流れになってしまうことが多いです。上記の流れでは振込融資となりますので、銀行営業時間内に振込み手続きまでを終わらせる必要が出てくるのです。

そうすると、何時に申し込みをして手続きを完了させるかがポイントとなりますね。目安は午前中の申込み、14時までに契約手続きを終わらせることが重要となりますよ。

例えば、15時を過ぎてからインターネットで申し込みをした場合は、「即日審査」で審査結果は出ますが、「即日融資」にはならないのです。

すぐに借りたいなら!消費者金融は即日融資にも対応

即日融資を希望するなら、申し込む時間帯がポイントとなることが分かりましたね。審査時間や手続き等に必要になる時間によって「即日融資」には対応できないところもあるのです。

けれど「即日融資」と表示があるところなら、即日融資の可能性はあるのです。そこで重要になる事と言えば、契約方法になります。

  • インターネット
  • 自動契約機
  • 郵送

契約方法には、上記の3通りがあります。

インターネットで契約の場合は、先ほど紹介した通り時間帯によっては即日融資が可能となります。平日14時頃までの手続き完了を目指しましょう。

自動契約機で契約

自動契約機で契約する場合は、自動契約機の営業時間内に契約を完了させることができると、その場でカード発行となり、ATMからその日のうちにお金を借りることができるのです。

申し込み(インターネット/自動契約機)

審査回答(最短30分)

契約手続き(自動契約機)

その場でカード発行

ATMから借入

自動契約機の営業時間は、各消費者金融によって異なりますが、平日の15:00以降でも即日融資の可能性がありますので助かりますよね。

自動契約機 営業時間
消費者金融A 8:00~22:00(土日祝日も対応)
消費者金融P 9:00~22:00(土日祝日も対応)
消費者金融I 8:00~22:00(土日祝日も対応)

上記のように自動契約機は22時まで営業しているところが多いため、仕事帰りに手続きをしたり、土日に手続きをしたり、自分の都合に合わせることができますよ。

郵送で契約

お察しの通り、郵送の契約では即日融資はできません。郵送日数が必要になるからですね。

申し込み(インターネット/郵送)

審査回答(最短30分)

契約手続き(郵送)

自宅へローンカードの郵送

ATMから借入

自動契約機のない消費者金融の場合は、振込みで融資を受けるか、ローンカードの到着を待ってからATMから借入れをすることになります。

繰り返しになりますが、振込融資で即日融資を希望するなら、銀行営業時間内の手続き完了がポイントになりますよ。

即日審査と即日融資

即日審査と即日融資の違い、明確に分かりましたか?即日審査とは、「申し込みしたその日のうちに審査結果が分かる」のであり、融資までがその日のうちに受けられるとは限らないことですね。

即日融資とは、「融資までが申し込みしたその日のうちにできる」こととなりますね。

急いでいる人が選ぶなら「即日融資」に対応している消費者金融となります。

申し込む時間帯にもよりますが自動契約機のある消費者金融なら、より即日融資を受けられる可能性が高まります。

一番マズいのが、慌てて申し込むことですね。即日審査なのか、即日融資なのか、言葉の違いにも注目して申込先を決めると安心ですよ。

閉じる
閉じる