お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

消費者金融vs銀行カードローン!100万円借りる時の利息について

お金を借りようと思ったら、消費者金融や銀行カードローンなど借入先はたくさんあります。

たくさんある借入先の中から1ヶ所を選ばなければならないのですが、できれば返済する時の負担を少なくしたいと思いますよね。

そんな時は、金利に注目しましょう。今回は100万円借りたい時の消費者金融と銀行カードローンの金利について見ていきます。

利息を少なくする方法も紹介していきますので、少しでも負担を軽くしたい方にピッタリな情報ですよ。

消費者金融で100万円借りる!金利は何%になる?

消費者金融の金利を見ると、年3.0%~18.0%といった感じに上限金利は年18.0%となっているところが多いです。

消費者金融 金利
大手消費者金融A 年3.0%~18.0%
大手消費者金融I 年3.0%~18.0%
中小消費者金融F 年7.3%~20.0%
中小消費者金融A 年15.00%~19.94%

中小消費者金融になると、年20.0%が上限金利となっているところもありますね。

けれど、借入額が100万円の場合は上限金利は年15.0%となります。

これには利息制限法が関係してきますよ。

利息制限法とは

利息制限法では消費者金融等の貸金業者が守らなければならない、上限金利が決められています。

借入額 上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

上記が消費者金融が守らなければならない上限金利となりますので、100万円を借りる時にはどの消費者金融を選んでも年15.0%を超える金利で利息を計算されることはありませんよ。

もちろん10万円以上の借入れをする時には、中小消費者金融であっても年18.0%を超える金利となることもないのです。

こういった決まりを知っていると安心して消費者金融の利用をすることができますね。反対に利息制限法のルールを守らない貸金業者は違法業者となりますので、借入をしてはいけませんよ。

消費者金融で100万円借りる時の金利は最高で年15.0%となりますよ。

銀行カードローンで100万円借りる!金利は何%になる?

銀行カードローンの金利を見ると、各金融機関によってバラつきがあります。

銀行カードローン 金利 100万円借りる時の金利
銀行カードローンM 年1.8%~14.6% 年13.6%~年14.6%
銀行カードローンR 年1.9%~14.5% 年9.6%~14.5%
銀行カードローンA 年3.8%~13.8% 年8.8%~13.8%
銀行カードローンN 年13.00%~14.95% 年14.00%

上記のように表示があり、借入額によって金利は決められます。

100万円借りる時の金利は、だいたい年14.0%前後となりますね。

金利は年○%~△%と幅がありますが、これは借入額によって適用される金利が異なったり、これまでの取引状況によって金利が異なったりするからです。

金利を比較する時には、最低金利ではなく最高金利をチェックしておくと、後から「金利が高かった」という心配もなく安心して利息の計算をすることができますよ。

どのくらい違う?金利から支払う利息を調べる

消費者金融と銀行カードローンの金利の相場を調べたところで、支払う利息を見ていきましょう。

消費者金融の支払う利息

単純に計算すると消費者金融の金利は年15.0%となりますので、支払う利息は100万円×15%(0.15)=15万円となります。金利は年率で表示されていますので、1年間に支払う利息が15万円となります。

実際には日割計算で計算していきますので、「借入額×金利÷365日×借入日数」で支払う利息を計算しますよ。

例えば借入額100万円を金利年15.0%で借りて月々26,000円ずつ返済すると、53回で完済し、支払う利息は371,648円となります。

銀行カードローンの支払う利息

銀行カードローンの金利は年14.0%が相場でしたので、支払う利息は100万円×14%(0.14)=14万円となります。

けれど銀行カードローンも利息は日割計算となりますので、実際に支払う利息は単純には計算できません。

例えば借入額100万円を金利年14.0%で借りて月々26,000円ずつ返済すると、52回で完済し、支払う利息は334,860円となります。

金利1%の違い

消費者金融と銀行カードローンの金利の違いは、たったの1%となっています。けれど、その1%の違いで支払う利息は36,788円の差となります。

返済額も同じ26,000円となっていますが、返済期間は1回少なく済みます。1%の違いでも支払う利息はずいぶん異なりますよ。

借入先 銀行カードローン 消費者金融
返済回数 52回 53回
月々の返済額 26,000円 26,000円
支払う利息 334,860円 371,648円

知っておきたい!利息を少なくする3つの方法

少しでも返済の負担を軽くしようと思ったら、利息を少なくしたいですよね。最後に利息の負担を少なくする3つの方法を見ていきましょう。

  • 金利の低いところに申し込む
  • 借入期間を短くする
  • 無利息カードローンを利用する

金利の低いところに申し込む

先ほど消費者金融と銀行カードローンの金利を比べたように、少しでも金利の低いところに申し込むと、支払う利息は少なく済みます。

銀行カードローンでは、適用する金利にバラつきがありましたので、少しでも金利の低いところを探して申し込むと利息の負担を軽くすることができますよ。

借入期間を短くする

利息は日割計算で計算しますので、借入期間を短くすると支払う利息も少なくなります。

先ほどは月々26,000円の返済で52回で完済する方法を紹介しましたが、返済額を少しあげて月々30,000円で返済していくと43回で完済となります。支払う利息は273,752円となりますので、61,108円少なく済みますよ。

月々の返済額 26,000円 30,000円
返済回数 52回 43回
支払う利息 334,860円 273,752円

月々4,000円支払う金額を増やすだけで、支払う利息は約6万円違いますので、支払う利息を少なくするためにできるだけ多めに返済していきたいですね。

月々の返済額を増やすのは厳しいという場合は、随時返済を利用しましょう。

毎月の返済額は抑えめに設定しておき、家計に余裕のある時にその都度多めに返済していくのです。随時返済を上手に利用していくと、利息の負担を少なくすることができますよ。

無利息カードローンを利用する

消費者金融や銀行カードローンでは無利息期間のある商品があります。この無利息期間を利用すると利息を支払わなくてもいい期間がありますので、支払う利息は少なくなります。

無利息期間中にどれだけ返済できるかで無利息期間後の利息が決まりますので、無利息期間中になるべく多くの返済をすることがポイントですよ。

100万円借りる時の利息について

100万円借りる時の利息は、借入先や返済方法等によって異なることが分かりましたね。

借入後の返済の負担を少しでも軽くしたいのであれば、低金利のところを選ぶ、借入期間を短くする、無利息カードローンを利用する等を検討してみましょう。

閉じる
閉じる