お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら

利子はいくら違う?アイフルでお金を借りる時の金利から考える

アイフルの金利は年3.0%~18.0%で利用限度額の上限は800万円までとなっています。少し前までは金利年4.5%~18.0%で利用限度額の上限は500万円でした。

これを見て「アイフルの金利は年4.5%から年3.0%低くなったんだな」と思う人もいますが、実際には利用限度額が上がることによって金利が下がったのです。

そのため利用限度額800万円なら金利は年3.0%ですが、利用限度額が500万円の場合は変わらず金利は年4.5%ということもあります。

ここでは実際には利子はいくら違うのか、身近な金額である5万円と10万円で見ていきましょう。アイフルの金利を下げる方法も紹介していきますよ。

これってどうなの?アイフルの金利年3.0%~18.0%は低い?

お金を借りる時には、金利は非常に重要なものになります。

同じ金額を借りるにも、金利が低ければ返済総額が少なくなり、金利が高ければ返済総額が高くなります。

つまり返済総額を減らしたいなら低金利を選ぶことが大切なのです。

アイフルの場合は金利は年3.0%~18.0%となっています。

とはいっても、実際には借入金額50万円までは年18.0%、借入金額100万円~300万円は年15.0%、借入金額300万円超は年12.0%が目安となっていますので、一番低い金利である年3.0%が該当する人は少数となりますよ。

借入金額 目安となる金利
50万円まで 年18.0%
100万円~300万円 年15.0%
300万円超 年12.0%

上記の表を見ると分かるように、小額融資を希望するのであればアイフルの金利は最高金利である年18.0%となるのです。

けれど利息制限法では、10万円未満の借入れであれば年20.0%が上限金利となっていますので、アイフルで借りると年2.0%お得になりますよ。

借入額 利息制限法の上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

中小消費者金融では、利息制限法の上限金利で利子の計算をしているところもあり、借入額10万円未満では金利年20.0%としているところもありますよ。

【関連記事】

即日キャッシング希望!中小消費者金融でおすすめ業者の紹介

利子はいくら?アイフルで5万円借りる場合

実際に利子はいくらになるのか、返済シミュレーションを利用して考えていきましょう。

アイフルで5万円借入すると、金利は年18.0%となり、返済回数は14回、月々の返済額は4,000円ずつになりますよ。

借入額 金利 返済回数 月々の返済額 利子 返済総額
50,000円 年18.0% 14回 4,000円 5,782円 55,782円

先ほどの目安となる金利でも紹介した通り、5万円の借入では金利は年18.0%となります。

利子は日割計算となっていますので、月々の返済額を多くしたり、随時返済等で返済期間を短縮すると、支払う利子は減りますよ。

例えば返済期間を半分に短縮して、7回で完済しようと思ったら月々の返済額は以下になります。

借入額 金利 返済回数 月々の返済額 利子 返済総額
50,000円 年18.0% 7回 8,000円 2,909円 52,909円

返済期間を半分に短縮することで、支払う利息も約半分となっていますね。

利子はどうなる?アイフルで10万円借りる場合

それでは、借入額が倍の10万円になった場合は利子はどうなるのか見てみましょう。

借入額 金利 返済回数 月々の返済額 利子 返済総額
100,000円 年18.0% 32回 4,000円 26,263円 126,263円

月々の返済額は変わらず4,000円で借入額が2倍の10万円の場合は、返済回数も約2倍となり、利子は約4.5倍の26,263円となっていますね。

返済回数を短縮して14回にすると、月々の返済額は2倍の8,000円、利子は11,566円となり、半分以下の利子となります。

借入額 金利 返済回数 月々の返済額 利子 返済総額
100,000円 年18.0% 14回 8,000円 11,566円 111,566円

繰り返しにもなりますが、利子を少なくしようと思ったら、返済回数を減らしたり、月々の返済額を増やしたりするのがポイントですね。

  • 返済回数を減らす
  • 月々の返済額を増やす

利子を減らす方法!増額で利用限度額を上げて金利を下げる

利子を減らす方法には、返済回数を減らしたり、月々の返済額を増やしたりする方法の他にも金利を下げる方法があります。

それが増額で利用限度額を上げて金利を下げる方法ですね。

利用限度額を上げると金利が下がる

例えば、利用限度額を50万円から100万円へ上げることができると、金利は年18.0%から年15.0%へ下げることができます。これは、既に紹介した利息制限法の上限金利を見ても分かります。

利息制限法によると100万円以上の借入額の上限金利は年15.0%となっているため、法律を順守するアイフルでも借入額が100万円になると金利は年15.0%となるのです。

ただし、利用限度額が10万円から50万円へアップした場合は、金利は同じ年18.0%のままとなりますので、利用限度額が上がったからと言って必ず金利が下がるというわけではありませんよ。

利用限度額を上げるには年収も関係してくる

利用限度額を上げようと思ったら、年収も関係してきます。アイフルでは年収の1/3を超える借入れはできません。

そのため利用限度額を100万円にしようと思ったら、年収は300万円必要になります。利用限度額を300万円にしようと思ったら、年収は900万円必要となります。

利用限度額 必要な年収
100万円 300万円
300万円 900万円
800万円 2,400万円

上記を見ると分かるように、利用限度額を上げて金利を下げるという方法は、一部の人にしか該当しません。

つまり、手っ取り早く支払う利子を減らそうと思ったら、最初に紹介した月々の返済額を増やしたり、随時返済を積極的に利用して返済期間を短くしたりする方法が賢明となりますよ。

閉じる
閉じる