今すぐお金を借りるための情報サイト

学生が即日でお金を借りるための最低限の条件と上手な借入先選び

お金が必要になるのは社会人だけではありません。学生だってサークル活動・飲み会・旅行・学費・資格取得等お金が必要になることってあります。

学生だからできること、学生の内にしかできないことってありますよね。こういったチャンスを「お金がないから…」で諦めるのはもったいないです。

そこで、知っておきたいのがお金を借りる方法になります。ここでは、学生でも即日で安心してお金を借りる方法を見ていきますよ。

意外に多い!?学生でも借入OKの金融機関

お金を借りるところって「学生なら学生ローンでしょ?」なんて思っていませんか?そんなことはありません。

学生でもアルバイト等で安定した収入があれば大手消費者金融に申し込むことができますし、一部の銀行カードローンに申し込むこともできるのです。

もちろん学生ローンにも申し込めますので、学生でも借入OKな金融機関は意外に多いですよ。

金融機関 融資額 金利 利便性
一部の銀行カードローン 800万円 年1.9%~14.5%
大手消費者金融 800万円 年3.0%~18.0%
学生ローン 50万円 年10.0%~20.0%

上記は一例ですので、必ずしも銀行で借りたから金利は年1.9%~14.5%となるわけではなく、それぞれの金融機関ごとに詳しい設定があります。

表で見ると学生ローンの金利が高いように見えるかもしれませんが、融資額が50万円と少額ですので、同じ融資額で比べると銀行カードローンも消費者金融もそれぞれ最高金利の年14.5%、年18.0%が適用となります。

【関連記事】

お金を借りる前に知っておきたい!学生ローンの金利について

利便性に違いあり

注目したいのは利便性ですね。大手消費者金融では、全国各地で提携するATMインターネットで借入・返済ができ、利用しやすくなっています。

銀行カードローンでも同じようにATMやインターネットから借入・返済ができるところもありますが、カードでの借入・返済だけのところもありますよ。

けれど、学生ローンの場合は来店での借入・返済にしか対応していないところが多いため、利用できる地域が限られていたり、来店する手間がかかったりします。

借入先を選ぶ時には、返済しやすいところを選ぶのがポイントですよ。

即日でお金を借りるために知っておきたいこと

借入先は複数から選べることが分かったところで、即日でお金を借りるにはどうしたら良いのか見ていきましょう。

お金を借りられる条件

お金を借りようと思ったら、各金融機関の条件を満たす必要があります。

  • 年齢満20歳以上(一部18歳以上もあり)
  • 継続安定した収入があること(アルバイト収入OK)

どの金融機関にも書かれている条件が上記になりますね。

年齢満20歳以上

お金を借りる条件には年齢が20歳以上となっているところが多いです。これは民法に「未成年は契約行為が認められていない」とあるからですね。

未成年と単独で金銭の借入等の契約を交わしても、法定代理人が後から取り消すことができるのです。

契約者 契約の取消
20歳未満と単独で契約 法定代理人が取消可能
20歳以上と単独で契約 取消不可

そのため未成年と単独で契約してお金を貸した後に、保護者が契約の取消を行ってしまうと、契約は無効となり金融機関は貸し損になってしまうのです。

そこで、お金の借入れは20歳以上としているところが多いのです。

けれど中には18歳以上でもできるところが数社ありますので、「18歳だけど、どうしてもお金を借りたい…」という場合は、申込条件をよく読んで18歳でOKな所を探しましょう。

継続安定した収入があること

学生がお金を借りるには、アルバイト等の仕事をして、申込む本人に継続安定した収入があることが重要です。

借りられる金額は、その年収の3分の1までとなりますよ。例えば時給1,000円で1日3時間、週3日程度でアルバイトをしている場合は、月に36,000円~39,000円程度稼いでいますね。

月収約4万円であれば、年収は約48万円となります。この年収の3分の1が借入の上限金額となりますので、年収48万円の場合は16万円までお金を借りることができますよ。

年収の3分の1を超える金額を希望した場合は、審査に通ることができませんので欲を出さないように気を付けましょう。

用意しておきたい!学生即日でお金を借りるのに必要なもの

学生が即日でお金を借りようと思ったら、本人確認書類が必要になります。本人確認書類と言えば、運転免許証が良いのですが、学生の場合は取得していない人も多いですよね。

もちろん、バイクの運転免許証があるなら本人確認書類として使えますよ。他には健康保険証やパスポートが該当します。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

本人確認書類を用意する時には、住所にも気を付けましょう。

本人確認書類の住所

お金を借りようと思っている学生の中には、親元を離れて一人暮らしをしている方もいますよね。そういった場合は、本人確認書類の住所が現住所になっているのか確認する必要があります。

本人確認書類と現住所が異なる場合は本人確認書類の住所変更をしたいところですが、即日でお金を借りたい時に住所変更の手続きをしていたのでは間に合いません。

住所が変更になった時点で届出を行っていれば良いのですが、忘れていた場合でも現住所を確認できる書類の追加提出でOKとなりますよ。

  • 住民票
  • 公共料金の請求書・領収書

上記が追加書類となりますよ。つまり健康保険証+公共料金の領収書の組み合わせが最も簡単ですね。

お金を借りる時には収入証明書類も重要な書類となりますが、学生の場合は借入額が50万円を超えることはないため、収入証明書類の提出は不要となりますよ。

収入証明書類の提出条件は、借入額が50万円を超える場合または借入総額が他社と合わせて100万円を超える場合になります。

ただし学生ローンの場合は、アルバイト明細や振込記載通帳が必要になることもありますよ。

学生ローンなら学生証も必要

学生ローンを借入先に選んだ場合は、学生証の提出も必要になります。中には学生証の提出は必須ではありませんが、学生証の提出があると金利が低くなるというところもあります。

お得に借入れするためには、学生証も用意しておくと安心ですね。

  • 学生証
  • 健康保険証
  • アルバイト明細書

学生が即日でお金を借りるポイント

ここまで見てきて、学生が即日でお金を借りるポイントと言えば、満20歳以上でアルバイト等で継続安定した収入があること、そして即日融資に対応している学生OKの借入先を探す必要があります。

即日融資で選ぶのであれば、学生対応の銀行カードローンは不向きとなります。そのため、残るは大手消費者金融や学生ローンとなりますね。

金融機関 即日融資
銀行カードローン 不可
大手消費者金融
学生ローン

最初に紹介した通り、大手消費者金融は知名度も高く利便性も良く安心してお金を借りることができます。けれど、どの大手消費者金融も満20歳以上となりますので、18歳の方は申し込めませんよ。

学生ローンの場合は、満18歳以上で申込可能となっているところもあります。ただし学生ローンの場合は、申込条件に対象地区が書いてありますので、自分の住む地域が対象になっているのか確認する必要がありますよ。

即日融資のポイントは申込む時間と借入方法

即日融資を利用しようと思ったら、申込み時間と借入方法がポイントになります。

  • 振込融資
  • 来店

振込融資でお金を借りる予定なら、平日14時までの申し込みがポイントになります。

来店でお金を借りる予定なら、営業時間内に申し込む必要がありますね。ただし、営業時間の終了間際では融資業務は終わっていることもありますので、なるべく早めに来店しましょう。

大手消費者金融の自動契約機へ来店する場合は、その場でカード発行後にATMで借入可能となりますので、自動契約機の営業時間内に来店となりますよ。

学生でもアルバイト等で安定した収入があれば、即日でお金を借りることができますので、お金が必要な時には必要書類を用意して申し込みをしましょう。

閉じる
閉じる