賢く借入隊

お金を借りる時のチェックポイントを紹介!借りるなら
絶対見つかる!自分にピッタリなお金を借りる方法

お金を借りる時には、自分にピッタリな方法で借りることが大切です。自分にピッタリな方法と言えば、借入先、金利、使い勝手の良さ等の利便性がポイントになります。

借入先には消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードがありますね。

その他にチェックしておきたいことに金利や即日融資に対応している、主婦でも借りられる等の条件となります。

ここでは初めて借り入れしたい人が、自分にピッタリな借入先を見つける事を目的にしていきますよ。

初めての人が借りやすい!消費者金融でお金を借りる

消費者金融でお金を借りるなら、まずは大手消費者金融をチェックしましょう。大手消費者金融であれば、知名度が高く、初めての方でも安心して申し込むことができます。

困った時にはフリーダイヤルへ電話すると、経験豊かなオペレーターに対応してもらえますので、「こんなことを相談してもいいのかな?」といった悩みも解決することができます。

このサイトでは大手消費者金融、中小消費者金融の特徴について知ることができますよ。

中小消費者金融も申し込める

初めてお金を借りようと思っている人でも、中小消費者金融に申し込むことができます。ただし中小消費者金融に申し込む時には、正規の消費者金融なのか確認しましょう。

中小消費者金融は知名度が低いため、闇金との見分け方が難しくなっています。闇金は違法業者ですので、借りてしまうとトラブルになる事も多く、避けたい借入先だと言えますよ。

そのため初めてお金を借りるのであれば、安心して申し込める大手消費者金融がおススメになるのです。

大手消費者金融の方が借入方法が多い

お金を借りる時でも、大手消費者金融では振込とATMの両方に対応しています。一方中小消費者金融では振込または来店となるため、営業時間外となってしまった時にはすぐに借りると言うことができません。

利便性で考えても大手消費者金融の方が便利だと言えますね。

ただし過去に延滞等でブラック情報がある、どんなところなのか来店してからお金を借りたいと言った理由がある時には、中小消費者金融もピッタリな借入先となりますよ。

申し込みにくい?銀行からお金を借りる方法

「銀行」と聞くと、「審査が難しそう…」「お堅いイメージ」といったところから申し込みにくいと思っている人もいるかもしれません。

けれど実際には、消費者金融と同じように「申し込み→審査→契約→借入れ」と言った流れになりますので、難しく考える必要はありませんよ。

既に預金や住宅ローン等で取引がある場合は、信頼関係も築けていることから、金利の優遇がある銀行もあるのです。

サイトの中の様々な銀行カードローンの商品内容から、お得にお金を借りる方法を見ていきましょう。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンを選ぶメリットと言えば、以下がありますね。

  • 住宅ローンの利用で金利の優遇あり
  • キャッシュカードがそのままローンカードになる
  • 自動貸越機能で残高不足の心配なし

キャッシュカードがそのままローンカードとなるためカードが増える事も無く、引落日に残高が不足していても自動で不足分を融資してもらえるので、銀行カードローンならお金を借りる以外のメリットがありますよ。

銀行カードローンのデメリット

もちろん銀行カードローンにもデメリットもあります。

  • 審査に時間がかかる
  • 口座の開設が必要なところがある

銀行カードローンでは、審査に時間がかかるため即日融資はできません。すぐにお金を借りたい時には困りますね。

全ての銀行ではありませんが、口座の開設が必要になるところがあります。

既に口座がある銀行の場合はスムーズに手続きが進みますが、新たに口座を開設するとなると来店が必要になることもありますよ。

銀行カードローンは、すぐにお金が必要な場合には適しませんが、借入までに余裕がある場合は消費者金融より低金利で自動貸越もできる銀行カードローンは便利ですね。

すぐにお金が必要!クレジットカードでお金を借りる

すぐにお金が必要な時には、クレジットカードのキャッシング枠が助かります。

あらかじめキャッシング枠が設定してあると、クレジットカードを持ってATMに行くとお金を借りることができるため、いざという時に心強いです。

クレジットカードはお金を借りる以外にもショッピング枠で買い物ができたり、ポイントが貯まったりしますので、お金を借りる以外にも充実した特典を受取ることができますよ。

  • キャッシング枠でお金を借りる
  • 海外キャッシングで海外でも利用可能
  • ショッピング枠で買い物ができる
  • ポイントが貯まる
  • カードの提示で提携施設が優待価格になる
  • 流通系カードなら指定日に提携店舗が優待価格になる

クレジットカードでお金を借りるとメリットはたくさんありますね。もちろんクレジットカードによって特典が違いますので、受けたい特典がある時にはその特典があるところに申し込みましょう。

サイトの中では、銀行系、流通系など様々なクレジットカードの特徴や借入方法を紹介していますよ。

キャッシング枠をつけるだけで借入可能

クレジットカードを持っているという人は多いですよね。けれど、そのクレジットカードに「キャッシング枠が付いているかどうかは分からない」という方も多いです。

そのため、まずはお手持ちのクレジットカードの利用枠を確認してみましょう。キャッシング枠が0円でなければ、今すぐキャッシングをすることができます。

クレジットカード会社のステッカーが貼ってあるATMやコンビニATMで借入することができますよ。

即日融資でお金を借りる!気をつけたいこと

ここまでは借入先について見てきました、ここからは用途に注目して借入先を探していきます。即日融資でお金を借りる時には、対応している金融機関を選ぶ必要がありますよ。

即日融資に対応している金融機関

即日融資に対応している金融機関と言えば、消費者金融かクレジットカードのキャッシング枠となります。

  • 消費者金融
  • クレジットカードのキャッシング枠

銀行カードローンのところでも紹介しましたが、銀行カードローンは即日融資に対応していません。そのため、今すぐお金を借りたい人が銀行カードローンに申し込むことは避けましょう。

消費者金融で即日融資

消費者金融で即日融資を狙うなら、大手消費者金融、中小消費者金融のどちらも対応しています。即日融資のポイントは申し込む時間帯になります。

  • 申し込む時間帯
  • 融資方法

申し込む時間帯は午前中がいいですが、自動契約機や店舗に来店することが可能なら午後からの申し込みでも即日融資の可能性があります。

大手消費者金融の中には、指定する銀行口座があれば午後からの申し込みでも振込融資が可能となっているところもありますので、気になる方は即日融資の記事も見てみましょう。

また申し込み後に電話連絡で審査を優先してくれる消費者金融もありますよ。

クレジットカードで即日融資

クレジットカードで即日融資を狙うなら、まずはキャッシング枠のチェックですね。キャッシング枠が0円の場合はキャッシング枠の増枠に申し込みましょう。

新たにクレジットカードを作る場合は、振込融資に対応しているクレジットカードや即日発行のクレジットカードを探す必要がありますよ。

金利がポイント!お金を借りる時の利子について

お金を借りる時には、利子も気になりますよね。利子は金利から計算することができます。

「利子=借入額×金利÷365日×借入日数」となりますので、支払う利子を減らそうと思ったら金利と借入日数を減らします。

  • 金利
  • 借入日数

金利を減らす

金利を減らすと言えば、低金利な借入先を見つける事ですね。低金利な借入先と言えば銀行カードローンとなりますね。

銀行カードローンなら消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠よりも低金利となっていますので、支払う利子も抑えることができますよ。

借入日数を減らす

借入日数を減らすためには、月々の返済額を多くするか、随時返済を行う方法があります。

  • 月々の返済額を多くする
  • 随時返済を行う

月々の返済額を増やすのは難しいという時には、ボーナス等のまとまったお金が入った時だけ臨時に返済を行う随時返済がおススメですね。

少しでも支払う利子を減らしてお得にお金を借りるなら、金利や返済額がポイントとなりますよ。サイトでも詳しく紹介していますので、もっとお得に借りたいなら利子についての知識も増やしていきましょう。

私でも借りられる?主婦がお金を借りる方法

最後に主婦がお金を借りられるのか気になっている人もいますよね。主婦は家計を任されている事も多く、生活費が足りない、急な医療費に対応できないといった時にお金が借りられると助かります。

けれど、主婦の場合はパート等で収入が少なくて申し込めるのか、専業主婦で収入がないから申し込めないかも…といった不安もあるものです。

そこで、サイトでは主婦がお金を借りる方法についても紹介していきます。

主婦がお金を借りる方法

主婦がお金を借りるには、銀行カードローン、消費者金融、クレジットカードのいずれにも申し込むことができます。

ただしパート等で収入がある主婦と専業主婦で収入がない主婦とで申込先が異なります。

そのため、自分の状況にあった借入先を選ぶことが非常に大切になります。

主婦 借入先
パート主婦 銀行カードローン、消費者金融、クレジットカード
専業主婦 銀行カードローン、配偶者貸付対応の消費者金融・クレジットカード

専業主婦の場合は、専業主婦に対応している銀行カードローンか配偶者貸付に対応している貸金業者を選ぶ必要がありますよ。

ピッタリな借入先の探し方

ここでは、消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠についてお金を借りる方法をそれぞれ紹介していきます。

また即日融資に対応している借入先の見分け方、利子の計算方法、支払う利子を減らす方法、主婦がお金を借りる方法についても詳しく見ていきますので、自分の状況にあった借入先を見つけることができますよ。

最新記事

主婦がお金を借りようと思ったら、女性向けの商品を選...

カードローンの利用は男性が約7割、女性が約3割と言...

レイクALSAは、はじめての申し込みなら30日間無...

サークルや飲み会・旅行など、学生であってもお金が必...

閉じる